強い色と組み合わせて切れ味よく見せる「コントラスト・カーキ」と、全体をニュートラルな色調でなじませる「グレージュ・カーキ」。カーキをリッチに着こなす極意は、このふたつの最旬配色術にあります。

【関連記事:今すぐ実践できる「コントラスト・カーキ」8選】

ふたつめの「グレージュ・カーキ」配色のベースとなるカーキは、グレイッシュなトーンを含んでいるもの、または黄みや赤みの茶系ニュアンスのあるものを選びます。次に、それぞれのカーキの色調にそろえるように、グレーやベージュをなじませていくのがこの配色術の考え方です。「グレージュ・カーキ」で、初秋らしいムードに変えましょう。

■1:オリーブ・カーキ×ゴールドベージュの絶妙配色

ニット¥50,000(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、パンツ¥64,000(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、バッグ¥69,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル¥945,000(ケイテン)、靴¥73,000(セルジオ ロッシ)

カーキ色の優美なフレアパンツに、繊細なラメがきらめくゴールドベージュのニットを合わせたスタイル。「色合わせ」の妙が目を引くスタイリングは、ウエストインで脚長効果を強調。アイレット(鳩目)付きバッグやパテントパンプスは黒で統一し、全体をコンパクトに引き締めます。

■2:カーキ×ベージュとイエローゴールド

ワンピース¥92,000(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ベルト¥22,000(Theory luxe〈Maison Boinet〉)、ストール¥150,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ¥115,000(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス¥177,000・ネックレス¥1,910,000・ブレスレット¥850,000・リング各¥163,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴¥89,000(セルジオ ロッシ)

夏の名残の日焼け肌を品よく見せるグレイッシュなカーキのワンピース。ベージュ色のベルトのスエード、パンプスのポニースキン、ゴールドの艶の多彩な質感を合わせることで、カーキに奥行きを与えます。

■3:カーキ×ベージュ系トーンを重ねる最新グラデーション

ブラウス¥49,000(VINCE 表参道店)、ストール¥38,000(オルドス ファッションジャパン)、パンツ¥59,000(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、バッグ¥39,000(アマン〈ペリーコ〉)、ネックレス¥3,330,000・ブレスレット[中央]¥750,000・[ひじ側]¥1,500,000(ケイテン)、ブレスレット[手首側]¥340,000(アルテミス・ジョイエリ)、靴¥80,000(JIMMY CHOO)

ベージュのニュアンスを含んだカーキを軸に全体を柔和な配色でまとめることで、まろやかな色調の装いに。クリーミーグラデーションにクールなカーキが加わることで、初秋らしい装いにグレードアップします。

■4:ベージュ・カーキ×ミリタリーカーキの晩夏スタイル

ニット¥21,000(VINCE 表参道店)、スカート¥21,000(アストラット 青山店〈アストラット〉)、バッグ¥33,000(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、ネックレス[2本つなげて使用]各¥805,000・チェーンブレスレット¥310,000・バングル[太]¥1,560,000・[細]¥920,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴¥94,500(リエート〈サントーニ〉)

ベージュ・カーキの薄手のサーマルニットに、カーキスカートを合わせたワントーンなじませ配色スタイルで、ほんのり秋気分をプラス。プラムカラーの小物を添えて、リッチ・カーキのコクをアップします。

■5:トーンの濃度をそろえたカーキ×グレー

プルオーバー¥120,000(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、スカート¥26,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ¥361,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス¥14,000・バングル各¥14,000(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、靴¥51,000(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)

マロン・カーキのVネックニットに、ジャージー素材のミディアムグレーのタイトスカートを合わせました。大人の女性らしい余裕と落ち着きが漂う、エフォートレスなエレガントスタイルの完成です。

■6:ベージュ・カーキを使ったオールカーキの装い

ジャケット¥37,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ブラウス¥38,000(Philo〈MOUJIC〉)、パンツ¥68,000(ブラミンク)、バッグ¥46,000(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴¥49,000(アマン〈ペリーコ〉)

わずかに光沢を浮かべたブラウニッシュ・カーキのジャケットと、ベージュ・カーキのセミワイドパンツ。グラデーションの色合わせの妙が、趣味のよさを漂わせます。やわらかなアイボリー色のブラウスで、抜け感をつくるのもポイントです。

■7:カーキ×ライトグレーのソフトな色調の配色テク

トップス¥56,000(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、カーディガン¥135,000(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ¥64,000(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ¥249,000(JIMMY CHOO)、ネックレス[長]¥650,000・[短]¥450,000(アルテミス・ジョイエリ)、靴¥141,000(J.M. WESTON 青山店)

ライトグレーのドレープカットソーに、グレイッシュカーキのロングカーディガンとパンツをコーディネート。丁寧に色を重ねたカーキスタイリングが、大人の気品を漂わせます。

■8:ドライなサンド・カーキ×キャメル・ベージュ

ニット¥27,000(Theory luxe)、スカート¥73,000(アオイ〈マルゴン〉)、ベルト¥28,000[参考価格](アマン〈アンボワーズ〉)、サングラス¥43,000(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ¥175,000(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、靴¥70,000(JIMMY CHOO)

サンド・カーキのプリーテッドニットには、Aラインシルエットのキャメル・ベージュのスカートを合わせ、女性らしさをアップ。クロコ調ベルトやブロンズバッグ、スエードパンプスの多様な質感でメリハリを加えます。

以上、「ベージュ、グレー、カーキ」を使ったなじませ配色のスタイリング実例8選でした。奥行きのある絶妙なカラーハーモニーで、オンスタイルもウイークエンドも女っぷりよく決まることが、おわかりいただけたかと思います。ぜひこの晩夏の着こなしの参考にしてみてくださいね。詳しくは、発売中のPrecious9月号に掲載されています。

Precious9月号「リッチ・カーキで色合わせのいい女に!」
¥850(税込) 2017年8月7日発売
【内容紹介】新しい季節の始まりにまず欲しいバッグを、大特集でお届けします。おなじみのハイブランドの中から、これぞという主役級バッグを厳選、バッグを主役にした着こなしや活用術など、さまざまな角度から「秋のバッグ」を掘り下げます。ほかにも、洗練度の高いカーキの着こなしや最新ブラウスの着こなしなど、最新の秋ファッションと暑さを意識した晩夏の着こなしの両方に対応できる充実の内容に。この9月号で、夏から秋への移り変わりをおしゃれに乗り切りましょう!
雑誌「Precious」を購入する

※掲載した商品の価格は、すべて税抜きです。

PHOTO :
熊澤 透(人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
大西真理子
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
RINA
EDIT&WRITING :
下村葉月、世古京子(Precious)