<後編>初対面の男性から、手持ちの服を全否定される

責任ある立場で働き、毎日が充実しているけれど、ふと自分を振り返ってみると、立場にあった服装をしているだろうか? 今の体型に合った装いができているだろうか? 「洋服選びがいつしか止まっている」のではないか? などと感じた瞬間はありませんか?

華がありつつも華美すぎず、ベーシックで品のよい着こなしを望む40代の働く女性たち。そんな彼女たちが普段口にだしにくい悩みを、多くの女性誌で活躍するスタイリスト・入江未悠さん監修のもと、ひとつずつ解決していくコミック連載です。初回は食品メーカーでリーダーとして働く女性・後藤陽子さん(42歳)が、おしゃれのアップデートに踏み出すまでを、前・中・後編の3回にわたってお送りします。今回は後編です。

前回までのあらすじ

前回までのあらすじ。これが今のNGシャツ!

大事な会食で着てきた服を「気合い入りすぎ」「残念」と部下たちに評価されていることを知り、ショックを受けてしまう陽子。でも、いざファッションを見直そうにも「手持ちの服と今どきの服のテイストが違いすぎる...」と悩みます。そんなある日、カフェで出会った4-50代のおしゃれな男性に「服を選んでほしい」と思わず頼んでみたところ、白シャツに挑戦することを勧められます。「手持ちの白シャツ全部NG!」とダメ出しされた陽子さんは…

白シャツを見直すポイントとは?

<1/6>
<2/6>
<3/6>
<4/6>
<5/6>
<6/6>

見事に、おしゃれのアップデートの第一歩を踏み出せた陽子さん。何歳になっても「おしゃれは楽しい!」ということに気づけるって、いいですね。

監修者・スタイリスト入江未悠の白シャツAdvice

本連載でスタイリングを監修してくれているのは、スタイリスト入江未悠さん。ファッション誌『Oggi』『STORY』などで活躍している入江さんに、アラフォーキャリア女性が自信を持って輝けるファッションについてアドバイスをいただきました。

PROFILE
入江未悠(いりえ みゆ)さん
スタイリスト、整理収納アドバイザー。大人の甘さを引き出すきれいめコーディネートに定評があり、現在は「STORY」「Oggi」など数々のファッション誌で活躍している。2013年より、アクセサリーブランド「Myu by phoebe」のデザイナーも務めている。著書に単行本「TOKYO LADY STYLE」がある。
リンク先

アラフォーキャリア女性におすすめのブランドは…

○マディソンブルー  大人の女性の体型を美しく見せてくれる、こだわりのシルエット。 
○ドゥーズィエムクラス  抜き襟シャツからノーカラーシャツまで、旬のデザインシャツがそろいます。
○ティッカ  ビッグシルエットがおしゃれ。 シャツワンピもおすすめです。

素材は、きちんと感とリラックス感を意識して

「きちんと感と、今っぽいリラックス感を兼ね備えた『タイプライター生地』がおすすめ。  パリッとしたハリがあり、薄手で軽い着心地だから 夏でも涼しく快適に着られます」

「おしゃれの強化書 」vol.1(白シャツ編)バックナンバー

【前編】部下からファッションを酷評された私。これ、勝負服なのに....
【中編】初対面の男性から、手持ちの服を全否定される

COMIC :
桃田紗世
SUPERVISER :
入江未悠
EDIT :
吉村瑠以(Cheese!)