オフィスでも着こなせるカジュアルパンツをニットやジャケット、靴などと合わせたコーデでもご紹介。夏におすすめのオフィスカジュアルパンツをピックアップしました。

【目次】

オフィスカジュアルパンツの2018年夏のトレンド


【1】ピアッツァ センピオーネのオレンジパンツ×白シャツ

【1】オレンジオフィスカジュアルパンツ×白シャツ
シャツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

鮮やかな配色もつかず離れずのシルエットでオフィスでも着こなせるこなれた印象に。シャツの裾スリットからちらりと見えるカジュアルなオレンジパンツが、自然に縦ラインを強調してくれます。

【2】エスカーダの白パンツ×白トップス×ベージュジレ

【2】白オフィスカジュアルパンツ×白トップス×ベージュジレ
ジレ(オルドス ファッション ジャパン)、トップス(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ピアス・チェーンブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、パールブレスレット(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

トップス+パンツだけではカジュアルすぎる夏のオフィススタイルに、モードなきちんと感のあるジレを投入。バッグのシルバーチェーンが放つシャープな輝きが、涼やかな着映えを演出してくれます。

【3】ヴェネツィア-ナのミントブルーパンツ×ストライプノースリーブブラウス

【3】ミントブルーオフィスカジュアルパンツ×ストライプノースリーブブラウス
ブラウス(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、バングル(チェルキ〈ヴェネツィア-ナ〉)(アマン〈アンボワーズ〉)、バッグ(セルジオ ロッシ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

正統派の気品が香るストライプ×旬の華やぎディテールが調和したブラウスとミントカラーの足首見せパンツを合わせて。オフィスモードからエレガントな席にまで対応する「すっきり見せ」なカジュアルスタイルの完成です。

【4】ボリオリのネイビーパンツ×ネイビーシャツ

【4】ネイビーオフィスカジュアルパンツ×ネイビーシャツ
シャツ(ADORE〈MARIA SANTANGELO〉)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ピアス・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(トッズ・ジャパン)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

大ぶりなゴールドで小粋なリッチ感を。オフィスにもOKなラフに開けた襟元、ロールアップした袖口、足首見せのカジュアルなパンツでヘルシーな色香を意識しましょう。

【5】グッチの黒パンツ×白ブラウス

【5】黒オフィスカジュアルパンツ×白ブラウス
パンツ・ブラウス・バッグ・サングラス・靴(グッチ ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

夏の日差しにクールに映える、カジュアルすぎないトップスとパンツの王道のモノトーン配色は、プレーンに着るよりも、素材感を重ねて、主張のある華やかさを演出するのが、断然気分です。GGパターンのマクラメレースがキャッチーなブラウスで、視線を上に誘導するのも、「すっきり映え」のテクニック。小物には、グレーパイソンの部分使いが効いたバンブーハンドルバッグをトッピングして、オフィス映えするモードなラグジュアリー感をプラスしましょう。

【6】アランレッドのネイビーパンツ×白シャツ

【6】アランレッドの黒パンツ×白シャツ
シャツ(ブラミンク)、パンツ(ワンドコーポレーション〈アランレッド〉)、ネックレス(ドゥロワー 丸の内店〈アリゲルディー〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

袖周りにボリュームを出したコットンリネンの白トップスに、落ち感のある流麗なネイビーボトムを合わせて。体の動きに合わせてドラマティックに流れる華やかなシルエットは、着なれているはずのシンプル配色に迫力と新鮮味を与えてくれます。小物は落ち着きのあるキャメルに統一し、気品を感じさせるカジュアルで辛口フェミニンな着こなしを。オフィスコーデとしても楽しめる着こなしです。

カジュアルなパンツ×ジャケット


【1】エンポリオ アルマーニの白パンツ×白トップス×白ジャケット

【1】白カジュアルパンツ×白トップス×白ジャケット
ジャケット・トップス・パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

爽やかな季節を感じる一枚仕立ての白ジャケットは、ごくシンプルなテーラードデザイン。そこに肌に近いヌーディーなベージュゴールドのパンツを合わせただけで、大人の余裕が漂うリッチなオフィスカジュアルスタイルに。パンツよりワントーン深みのあるベージュのバッグと靴を加えれば、コーディネートが引き締まり、ニュアンスある奥行きが生まれます。

【2】ボリオリの白パンツ×黄色トップス×黄色ジャケット

【2】白カジュアルパンツ×黄色トップス×黄色ジャケット
ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ギャレッタのバングル・カングラのストール(チェルキ)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ミモザイエローのレザーブルゾンに、白のワイドパンツというマニッシュなスタイルも、スエードのキャメル靴を合わせた「新・トリコロール配色」で、オフィスにぴったりな女らしい印象に。3色をつなぐバニラ色のストールは、コーディネートにカジュアルな印象を与えるキーアイテムです。

【3】カレント エリオットのベージュパンツ×白Tシャツ×黒ジャケット

【3】ベージュカジュアルパンツ×白Tシャツ×黒ジャケット
ハイアリンのジャケット・オルウェルのTシャツ(ストラスブルゴ)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ウノアエレのネックレスチャーム・チェーン・ワンエーアールバイウノアエレのブレスレット(ウノアエレ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バッグ『Bucket』(ドゥロワー青山店〈パコ ラバンヌ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カジュアルな短め丈のカーキパンツに、ピンストライプのジャケットを肩からはおり、オフィスでも休日でもOKなハンサムカジュアルを実現しましょう。

【4】トモウミ オノの白パンツ×白ブラウス×ベージュジャケット

【4】白カジュアルパンツ×白ブラウス×ベージュジャケット
ジャケット(三喜商事〈イレブンティ〉)、ブラウス(アオイ〈ポール カ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ネックレス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、バッグ『PADDED BAG』(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)  撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

白のブラウスと白のパンツというカジュアルスタイルに、こっくりとしたグレージュのバッグと落ち着いたベージュカラーのテーラードジャケットでつくるオフィススタイル。夏は白の分量を多めにして爽やかに過ごしましょう。

カジュアルなパンツ×ニットコーデ


【1】ペセリコの白パンツ×白ニット×ネイビーストール

【1】白カジュアルパンツ×白ニット×ネイビーストール
トップス(三喜商事〈アリュード〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ストール(アイネックス〈アソース メレ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

オフィスにも◎なネイビー×ホワイトカジュアルの装い。カジュアルな白パンツと自然に調和しながらクールに華やぐシルバーのフラット靴で、ひと技効いたネイビー×ホワイト配色が完成します。

【2】ナンバー エムの黒ワイドパンツ×白ニット

【2】黒カジュアルワイドパンツ×白ニット
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、パンツ(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、アルテミス・ジョイエリのチェーン・マッティオリのトップ(アルテミス・ジョイエリ)、GEORGES LARONDELLEのバングル・MODERN WEAVINGのバッグ(GALERIE VIE 丸の内店)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

優雅に揺れるワイドパンツで、最愛・モノトーンを鮮度アップ。夏のこの時期なら、オフィスでも着られるカジュアルコーデです。

【3】キートンのキャメルワイドパンツ×白ニット

【3】キャメルワイドパンツ×白ニット
カーディガン(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ブラミンク)、パンツ(キートン)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

夏カジュアルスタイルの王道、白のコットンニット×キャメルのワイドパンツ…ミラノマダムが好む定番スタイルだけれど、やや物足りない印象。そこで、発色のいいイエローポシェットを投入。調和のとれた3色のバランスが新鮮な夏のオフィスコーデが完成します。

カジュアルなパンツ×靴コーデ


【1】ヤコブ コーエンのデニムパンツ×黄色シャツ×スニーカー

【1】デニムカジュアルパンツ×黄色シャツ×スニーカー
ブルゾン(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、パンツ(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、トップス(エリオポール銀座〈バレナ〉)、ネックレス(インデアン・クラフト)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈プーマ〉)、バッグ(グローブ・トロッター 銀座)、靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

休日仕様のアクティブなデニムカジュアルにもどこか大人っぽい表情がうかがえるのは、アウターに清潔感のある白ブルゾンを選んでいるから。これなら平日、オフィスに着て行ってもOK。足元に白をリンクさせることで、ビビッドなイエローが際立ち、スポーティーなスニーカースタイルにこなれ感が生まれます。

【2】ベルウィッチの緑パンツ×白シャツ×ローファー

【2】緑カジュアルパンツ×白シャツ×ローファー
シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(アマン〈ベルウィッチ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、リング・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、サングラス(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ヴァジック〉)、靴(バリー 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

袖に切り替えがなく、着心地のよいスリーブシャツは、今季のイチオシ。鮮やかなグリーンのパンツは、センタープレスのきいたストレートラインを選び、Yシルエットを完成させましょう。ちらりとのぞく足首が、カジュアルさと軽やかさのあるオフィススタイルを演出する決め手になります。