気取らないシンプルなコーディネートを愛するAnn Hidalgo(アン・イダルゴ)パリ市長。パリジェンヌらしい自身のスタイルが確立された着こなしが、世界のキャリア女性から支持されています。

今回は、これから季節出番の多いコートスタイルに注目します。ベーシックなコートスタイルを洗練させて見せるコツは? そのヒントを5つのポイントから紐解いていきます。

■1:ブラックコーデに柔らかさをプラスする「ニュアンスカラー」

パリ・イダルゴ市長のベーシックコートスタイル
耳元には大ぶりなピアスを選んで、上半身に視線を集めています。

定番のブラックコートは、ついオールブラックスタイルでまとめがちなアイテムのひとつ。ただ、女性らしい柔らかさも求められるビジネスシーンでは、どこかに柔らかさを加えるテクニックも必須。そんなときにお手本にしたいのが、イダルゴさんのようなストール使い。表情に柔らかさをもたらすニュアンスカラーを選ぶことで、女性らしい優しげなムードを纏うことができます。

オールブラックスタイルに1点投入することで変化させることができるので、ぜひ日常に取り入れてみてください。

■2:定番を払拭する「ブラック×ブラウン」というモダン配色

パリ・イダルゴ市長のベーシックコートスタイル
コート以外はオールブラックで統一した、イダルゴさんらしいパリジェンヌスタイル。

ブラックという定番カラーをおしゃれにアップデートするテクニックとしては、「ブラック×ブラウン」というモダン配色も外せません。イダルゴさんのようにいつものブラックコーデにコート1点飲み茶系を選ぶだけでも、こなれた感じのスタイルへとアップデートすることができます。

色数を抑えてアイテムを配することで、スタイルをブラッシュアップすることができるので、ワードローブの中から組み合わせを考えてみてください。

■3:オールブラックをフェミニンに刷新する「ホワイトカラー」

パリ・イダルゴ市長のベーシックコートスタイル
女性らしいムードを纏わせるホワイトコート。

定番のリトルブラックドレスを女性らしく着こなすには、プラスするカラーが重要に。イダルゴさんのようにオールブラックのスタイルにピュアなホワイトコートを羽織ることで、一気に華やかさが増します。顔色が明るくなるだけでなく、コーディネート全体がフェミニンなムードに。

イダルゴさんお得意のエイジレスなスタイルへと導くテクニックのひとつでもありますので、色を巧みに操るコツにぜひ注目してみてください。

■4:1色よりも表情に豊かさをもたらす「バイカラー」

パリ・イダルゴ市長のベーシックコートスタイル
襟元には鮮やかなプリントスカーフをプラス。顔周りが華やかに明るいムードにスイッチします。

1色よりも表情の変化を楽しめるのがバイカラーの魅力。イダルゴさんは「ブラック×ネイビー」のガウン風コートをピックアップ。ベースがブラックで襟や共布ベルトがネイビーのバイカラーははいコントラストではありませんが、コーディネート全体に立体感が出て、洗練された印象に。

パンツにもネイビーをリンクさせるなど、トータルコーディネートのバランスも注目したいポイントです。

■5:モノトーン配色でモードを加速させる「ブラックレザー」

パリ・イダルゴ市長のベーシックコートスタイル
クラッチバッグを合わせてさらにモダンなムードへ。

定番色の印象を変えるには、素材選びを変えるというテクニックも! ハードになりがちなブラックレザーのコートは、インナーに鮮烈な白のシャツを合わせてモードに演出するのがイダルゴさん流。バッグもドレッシーなクラッチを選んでムードチェンジしています。

雰囲気を変える素材選びのテクニックとしてマークしておきましょう。


今回はパリ・イダルゴ市長のコートスタイルに注目しました。パリジェンヌらしい定番を払拭する手軽なテクニックをぜひ認知状に取り入れて、今年のコートスタイルをブラッシュアップしてください!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
Getty Images
WRITING :
阿部有希
EDIT :
石原あや乃