屋外は寒く、屋内は暑かったりと、コート選びに悩まされる日々ですが、なんとなく毎日同じコートを選んでいたりしませんか? ここでは、どんなときでも自分磨きに余念がないオシャレな海外セレブたちが得意とする、「配色」や「素材選び」、「ポイントの置き方」などで、簡単に着映えることのできるスタイルアップテクニックを紐解きます。マンネリしがちなコートスタイルをブラッシュアップしたいときの「ヒント」はオシャレプロから学びましょう。

2017年冬のトレンドコート15選

■海外セレブが「丸かぶり」したネイビーのグレンチェックコート

海外セレブがかぶったグレンチェックのコート

コートを新調するなら、秋冬トレンド筆頭の「チェックプリント」を選ぶのが正解。感度の高い海外マダムたちが早くも「かぶった」のは、ネイビーの「グレンチェック」でした。左のマダムのように、どこかに明るいトーンの小物を取り入れたり、右のマダムのようにデニムで外したり、完璧すぎない「抜け感」あるこなれたスタイリングを目指して。

【関連記事:海外セレブが「丸かぶり」したコートは?ネイビーのグレンチェックがヒット】

■タイムレスなネイビーコートの着こなし4選

タイムレスな「ネイビーのコート」の着こなし

知的かつ品格を宿してくれる「ネイビー」は、海外のオシャレなマダムたちの定番色のひとつでもあります。ビジネスシーンでも「きちんと感」あるエレガントな着こなしを完成させるなら「ファー」素材を投入、トレンディに軽やかさをまとうなら「淡色カラーのグラデーション」を意識、仕事帰りにパーティーに出かける日には「部分ファー」でドレスアップ、脚長効果を狙うならワントーンに「ホワイト」を効果的に差す、など、海外セレブのアレンジ力を習得して、ハイセンスにスタイルアップしましょう。

【関連記事:大人の女性が素敵に見える!仕事で使えるネイビーコートの着こなし4選】

■モードに昇華するダウンジャケットのコーディネート3選

一線を画したダウンの着こなし

「結局、ダウンコートがいちばん使える」は、正解だった!? 一般的には機能性重視のアイテムとして見られがちなアイテムですが、今年はモードな人たちこそ、ダウンコートを選んでいるんです。もともとボリュームが出やすい素材をさらにオーバーサイズで着たり、極彩色で遊んだり、ウエストマークしてメリハリあるボディを演出したり……。「ダウン=機能性重視」という、常識を覆すようなプレイフルな着こなしは、見ているだけでも楽しめるはずです。

【関連記事:ダウンがモードに昇華!?オシャレの達人が認めたダウンコート3選】

■「幸運」が舞い込む、赤色コートスタイル3選

ハッピーを引き寄せるレッドカラーコーデ

寒い冬を暖かく過ごすためのコート選び、今年は海外セレブに習って「赤色」に挑戦してみるのが良さそう。ジョバンナ・バッタリアはオールブラックに大柄スカーフをラフに巻いて、個性的なスパイスを効かせています。カンデラ・ノヴェンブレは「×パープル」の女性らしい配色でパーティー仕様にアップデート。キャロライナ・イッサは、丸みを帯びたパターンデザインにトレンドのチェックスカートを合わせて、大人のグッドガールスタイルを完成させています。ハッピーが舞い込む、運気の上がるコートの選び方は、オシャレプロの着こなしを参考にしてください!

【関連記事:ラッキーカラーは赤?海外セレブに学ぶ、運気の上がるコートの選び方】

■ブラウン×ブラックの美人配色スタイル3選

海外セレブが好む洗練された大人配色

オシャレな海外セレブを見ていると、ブラック×ブラウンの潔いバランス配色に目を奪われます。コートの袖口や首まわりに黒を残す、計算された絶妙な色バランスは、洗練された大人女性ならではの着映えテクニックといえます。配色だけでなく、レザーやパテントなど辛口な素材選びや、リッチ&カジュアルの絶妙バランスなど、海外セレブ流のこなれポイントを習得して、洗練美人へと導かれて。

【関連記事:オシャレな海外セレブはコートで始めてる。ブラウン×ブラックの美人配色】

海外セレブたちが、いつでも美しい理由は、「配色」、「素材選び」、そして「ちょっとした遊び心」にありました。ワンポイントでいつものスタイリングをブラッシュアップできる「コツ」を習得して、今年こそは、どんなときでも「素敵」に着映えることのできるコートスタイルを確立させましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃