辛口かつ女性らしさが香るスタイリングに、読者からの圧倒的な支持を得ているスタイリスト押田比呂美さん。その押田さんに、自身のファッションポリシー2017年冬のトレンドや着こなしについて語っていただく動画インタビュー、最終回である第3回目のテーマは「大人のドレスアップ」。やりすぎず、こなれた表情を演出するドレスアップや、押田さん自身も得意な「ブラック」に身を包んだ着こなしなど、いいものを知っている大人だからこそ楽しめる、洗練パーティースタイルは見逃せません!

大げさにならない、今っぽいドレスアップとは?

まずは押田さんが考える「今旬のドレスアップ」をスペシャル動画でご覧ください。押田さんの解説とともに、大人の余裕が漂うドレスアップスタイルをご参考に!

黒のドレスアップは「軽やかな艶感」が欠かせない

ビジュージャケット¥208,000・ドレス¥128,000(シャッツィ・チェン)、ピアス¥520,000(TASAKI〈エム/ジー〉)、クラッチバッグ¥93,000・靴¥93,000(セルジオ ロッシ)

「黒を今っぽく着るには、オールブラックよりはどこか抜け感をつくって仕上げること。この場合、上にビーズやスパンコールなど光沢のあるジャケットをアクセントにして、軽やかさをアピールします。さらにポイントとしては、あえてヒール靴でなくフラットシューズでラフに装うと今冬らしく新鮮です」

ペールトーンのやわらかさで上品なエレガンスに

シルクトップス¥145,000・プリーツパンツ¥156,000・スカーフ¥79,000・チョーカー¥60,000・ネックレス¥145,000・ブレスレット¥94,000・バッグ¥415,000・靴¥157,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)

「こちらは黒のスタイルよりも力が抜けていて、普段着でもいけるかな、というくらいのラフな着こなしです。ただ上下とも光沢のあるものを合わせて、さらにスパンコールのあしらわれたストールで優雅さをアピールします。ソフトなペールトーンで統一していることも、装いにエレガントさを加味していると思います」

ドラマティックな小物使いも、華美になりすぎないことが鉄則

ジャケット¥78,000・パンツ¥43,000(チェルキ〈トモウミ  オノ〉)、ネックレス[120cm]¥1000,000・[100cm]¥840,000・[40cm]¥557,000(TASAKI)、バッグ【縦15×横20×マチ8cm】¥500,000(モワナ メゾン GINZA SIX)

「タキシードジャケットもパーティースタイルに欠かせないアイテム。ケープ状に腕が出る軽快なデザインのこちらは、ロングパールの重ねづけや赤のミニバッグで、マニッシュ×フェミニンなミックスコーディネートに。このミックス感でこなれたおしゃれムードがいっそう高まります」

靴/ブラック【ヒール7.5cm】¥95,000・ブルー【ヒール0.5cm】¥100,000(セルジオ ロッシ)

「今冬はヒール靴でも高すぎず、わりとカジュアル感があるものが今っぽいんです。そしてドレスアップのときでも、思い切ってフラットシューズで抜け感を演出してみて。ただし、プレート使いやグリッターなどキラキラ感を放つ、絵になるデザインはマストです」

12月から新年へとドレスアップすることが増える時期。今冬なら引き算の感覚を忘れずに、ゴージャスになりすぎないことがルールのようです。ぜひご自分のおしゃれに反映させて、切れのいいエレガンスな着こなしに仕上げてみてください。

※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

【関連記事:押田比呂美さん動画インタビュー vol.1 誰からも愛される「おしゃれの秘密」】

【関連記事:押田比呂美さん動画インタビュー vol.2 ファーのトレンド着こなし】

押田比呂美さん
スタイリスト
(おしだ ひろみ)雑誌や広告で幅広く活躍。雑誌『Precious』では毎号、華やかさと知性を備えた大人の女性美を引き立てるスタイリングを提案。著書に『大人の女の「エレガンス」磨き』(小学館)ほか多数あり。 好きなもの:シングルモルト、推理小説、レオパード柄、サントリー「山崎」&「響」、会津若松、黒柴、熱海、高村 薫、小雪(女優)、ブルガリのジュエリー、古着、3月末、マスカルポーネチーズ、キューバの音楽、フィレンツェ、11月、黒と白、娘との時間、鈍行電車、古本屋の匂い、ヴィンテージ家具、イカ刺し、ポール・ニューマン
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
水田 学(NOSTY)
MOVIE :
玉井義隆(CHUM)、山口祐時(MEETING)
STYLIST :
押田比呂美
HAIR MAKE :
油屋喜明(zoom one)
MODEL :
生方ななえ
EDIT&WRITING :
佐野有紀