【目次】

【黒】大人カジュアルを引き締める

もともとハンサムな印象を持ち合わせているカーキは、シックな黒を組み合わせることで凛とした表情が楽しめます。落ち着いた色同士の組み合わせをマンネリさせないために、レイヤードや異素材の組み合わせでメリハリを作るのが成功させる秘訣。

秋冬コーデ

カーキのグラデーションに黒を添えて


 

定番アウターのトレンチコートは、辛口カーキに切り替えることでスタイリッシュなムードを後押し。インのジャケットやバッグもカーキを選びつつ、色味を変えてグラデーションにすることで奥行きが生まれます。そんなカーキを引き立てるよう、下半身は黒をセレクト。

ニットの重ね技とレザー素材で立体コーデに

 

カーキニットと黒パンツのシンプルな組み合わせは、ニットをレイヤードしたり、ボトムスにレザー素材を選ぶことでセンスが光る装いに変わります。バックスリングのパンプスで抜け感を加えることや、ボルドーのルージュで季節感を深めたりと、ちょっとしたテクも垢抜ける鍵。

春夏コーデ

「ダークカーキ」×「黒」のハンサム配色はツヤで女性らしく

 

親しみ慣れた黒のデニムパンツは、微光沢感のあるフレアスリーブのブラウスを合わせることで女性らしく導けます。カーキと黒の端正な配色なら、シンプルワンツーでも上品な印象に。

ワイドシルエットと黒で「華奢」に見せて

 

身体が泳ぐサイズのカーキオールインワンに黒のサンダルを合わせれば、華奢な部分が強調できるスタイルアップコーデに。アクセサリー感覚で添えたマイクロミニバッグで、定番配色に遊び心を加えています。

【白】清潔感のある装いへ

落ち着いた印象のカーキは、白とコーディネートするとおのずとメリハリのある装いへ。洗練されたカーキの側面を引き出しつつ、清潔感を添えてくれるのでオフィススタイルとしてもおすすめです。

秋冬コーデ

深みのあるカーキを白で明るく整える

 

視覚的に軽さのある「白は上半身」、暗めのカーキは重力に逆らわずに下半身にもってくれば自然な印象に。アシンメトリー裾のカーキプリーツスカートに、真っ白なジャケットを合わせてメリハリのあるスタイルへ。スカートにニュアンスがある分、ジャケットは張りのあるものを選ぶとより立体的に仕上がります。

フェミニントップスにスパイスを効かせて

 

ルーズな白のハイネックニットに、カーキのサテンスカートを合わせてスパイシーに。肌に溶け込むベージュサンダルやパールのピアスを添えれば、レディなムードが演出されます。

春夏コーデ

白ボトムスで春夏らしく軽快に

 

シンプルパンツ合わせが様になる、カーキ&黒のバイカラートップス。下半身に明るい色を持ってくると、季節感のある軽快なムードが叶います。チェーンネックレスの3連付けで今っぽく刷新。

シンプルコーデはセンスの光るアイテム選びを

 

潔いミニマルなワンツースタイルは、ワンショルダートップスや光沢のあるパンツでひねりを加えると無難になりません。モスグリーンの華奢サンダルで色を揃えると好バランス。

【ネイビー】上品・知性を瞬時にまとえる

ノーブルな印象のネイビーを掛け合わせれば、ハンサムなカーキに気品を与えることができます。馴染みの良い色同士なので、一体感のあるスタイルへ整うのも嬉しいポイント。

秋冬コーデ

「肌見せ面積」を整え、ヌケ感を加えると好バランスに

 

全体をダークカラーでまとめたシックな装いは、ショート丈のジャケットを迎えてバランスアップ。足首やデコルテなど、肌見せをすることで程よい抜け感が加わります。

ストライプがあればコーディネートが立体的に

 

カーキのジャケットにネイビーパンツを合わせたマスキュリンな装いは、ベージュのベルトやストライプを加えることでコーデがのっぺりしません。バッグのカラーもベルトとリンクさせ、統一感を意識。

春夏コーデ

爽やかなライトカーキをネイビーでエレガントに

 

春夏に映えるライトカーキのワンピースに、生真面目なネイビージャケットをプラスするだけできちんと感のあるスタイルに。デコルテをすっきり見せる分、手首や足首は覆うと肌見せバランスがちょうどよく整います。

モダンデザインで定番ワンツーをアップデート

 

定番のTシャツ×デニムパンツの組み合わせも、モダンなカモフラージュ柄のカーキTシャツを選ぶことでマンネリしません。小脇に抱えたクラッチバッグとヒールサンダルで、スタイリッシュに昇華。

【グレー】スタイリッシュなオーラを放つ

グレーとカーキはいずれもハンサムなカラーなので、組み合わせることでスタイリッシュなオーラを纏うことができます。コーディネートをきりっと保ってくれる配色で、大人らしい装いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

秋冬コーデ

華奢小物でほんのり女性らしく

 

ミリタリーパンツにグレージャケットを合わせたメンズライクな装いは、ストラップが華奢なサンダルや細ベルト、ミニバッグを加えることで女らしさが共存した絶妙バランスが叶います。パールとゴールドのアクセサリー使いも見逃せません。

静かな色合わせは小物でエッジをオン

 

可愛らしいシルエットのポンチョも、カーキとグレーの配色なら都会的に仕上がります。落ち着いた色合わせなので、黒のグリッターシューズをポイントにプラス。

春夏コーデ

カジュアルフーディーをシティコーデにクラスアップ

 

スポーティなフーディーも、モードなカーキタイトスカートを合わせることでこんなにスタイリッシュ。ハードルが高い印象のレザースカートですが、カジュアルアイテム合わせなら気負わず取り入れることができ、相互作用を生んでいます。

カーキとグレーで意志あるエレガントスタイルへ

 

ボウタイブラウスとタイトスカートを合わせたエレガントなスタイルは、グレーとカーキを選ぶことで意志を感じさせる装いへ。足元は、気品を引き出すベージュのバーサンダルが好相性。

【ベージュ】アースカラー同士で一体感を

ベージュとカーキは同じ仲間であるアースカラーなので、まとまりの良いコーディネートを楽しめます。ナチュラルな色なので、好印象な落ち着いた雰囲気に。

秋冬コーデ

アウターの重ね着でマンネリを解消

 

コーデの印象を左右する秋冬のアウターは、カーキのチェスターコートにベージュのキルティングダウンを忍ばせてマンネリを解消しています。インのニットもベージュで統一すれば、一体感のあるアースカラーコーデが完成です。

「適度なゆとり」シルエットで生まれるこなれ感

 

定番カラーやアイテムを使ったオーソドックスなスタイルも、ジャストすぎないシルエットの見直しで今っぽく更新。モダンな形のバッグも、今のムードに貢献しています。

春夏コーデ

カラーアイテムを散りばめて華やかに

 

カーキとベージュというナチュラルな色合わせだからこそ、ピンクとブルーの差し色も主張が強くなりすぎません。手首や足首を見せる抜け感テクで、美バランスに導いて。

ベージュ小物でカーキの強さを和らげて

 

ミリタリー感の強いカーキのシャツワンピースは、ベージュのベルトでウエストを強調すれば女性らしいメリハリラインが出現。同カラーのポインテッドトゥパンプスで、すらり脚長美人に。

【エクリュ】しなやかさを引き立てる

淡いベージュのエクリュを合わせれば、ストイックなカーキにしなやかさが生まれます。白にも近い色で、コーディネートの明度がパッと上がり肌色まで美しく演出してくれる点も見逃せません。

秋冬コーデ

大判ストールが垢抜けコーデの即戦力に

 

パリッとした白シャツとドライなカーキパンツの組み合わせに、エクリュの大判ストールを羽織って単調さを回避。シャープな白も和らぎ、親しみやすくまとまるのも高ポイントです。

ロング×ロングで今どきなバランスへ

 

カーキのオールインワンに、スーパーロングコートを羽織って今っぽいコーデバランスへ。優しいエクリュなら、主張が強すぎずすっきりとまとまります。

春夏コーデ

モードアイテムに親しみやすさを添えて

 

カーキのレザーショートジャケットのようなモードアイテムは、エクリュのパンツを合わせて気負わないカジュアル感をプラス。足元は同色のスニーカーで外しながら、春夏らしい軽やかさをオン。

カジュアルオールインワンで今どきなテイストミックスに

 

きちんと感のあるカーキのジャケットは、ロープベルト付きの爽やかなオールインワンでカジュアルダウン。異なるテイストも、馴染みの良いナチュラルカラー同士ならうまくまとまります。

【関連記事】

成功を約束する、ベージュに合う色【定番~応用コーデ】

【ブラウン】センスが光る着こなしに

カーキと同じく深みのあるダークカラーだからこそ、ちょっぴりハードル高く感じるアイテムも気負わずトライできるブラウン。モードに傾きすぎず、センスの光る着こなしを叶えるのにぴったりの色合わせです。

秋冬コーデ

暗色×ロングコートでクラシカルに

 

カーキとブラウンのような明度を落とした配色なら、おのずと大人っぽく導けます。ウエストがきゅっとしたロングコートで、エレガンスを表現。黒のレザー小物でツヤを足せば、ダークカラーに奥行きが生まれます。

無骨なカーキに温度をプラス

 

メンズっぽいハンサムカーキのオールインワンは、ブラウンのファーアウターを合わせて温度を感じる装いに。ボリューミィなアウターも、ブラウンなら大人らしく、そして親しみやすく着こなせます。

春夏コーデ

スパイシーな柄を品よく着こなして

 

レオパード柄のブラウンキャミソールは、カーキパンツで色を馴染ませることでシックに整います。ロングチェーンのゴールドネックレスや、ゴールドの金具付き小物をリズミカルに配置すればエレガントに。

サテンワンピースで優雅な印象へ

 

緑が美しい夏の街並みに馴染む、オリーブカーキのサテンワンピース。バックルのシグネチャーがポイントのブラウンベルトを添えて、気品を感じる大人のシンプルスタイルをコンプリート。

【カラー】色の面積を調整すれば、派手色も◎

ご紹介したカーキに似合う定番カラーの他にも、カラーアイテムを組み合わせることで着回し幅がグッと広がります。さらに、コーディネートの鮮度が上がるのもポイントに。思い思いの色合わせで、カーキコーディネートをもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。

少量の「オレンジ」でカーキをフレッシュに

 

カーキのレザーアウターと黒フレアパンツの大人らしい着こなしは、明るいカラーを投入することでたちまちメリハリが高まります。ボーダーがほっこりしないよう、チャンキーチェーンのネックレスでモード感をひとさじ。

「ワインレッド」投入でカーキの秋らしさを引き出す

 

カーキのタートルネックトップスに黒のタイトスカートを合わせたレディな着こなしは、オープントゥのワインレッドブーツを合わせてモードな秋コーデへとブラッシュアップ。レザーとレザーを組み合わせる上級テクも、深みのある秋カラーのおかげでシックにきまります。

色味の違う「グリーン」合わせでプレイフルに

 

カーキのアウターを軸に、蛍光グリーンのニットとダークグリーンのカチューシャを組み合わせてグラデーションスタイルに。ポップになりがちな蛍光色は、効かせカラーとして少量覗かせるのがちょうど良いバランスです。

ポジティブな「黄色」で夏らしい活力をプラス

 

女っぷり高く仕上がるカーキのサテンセットアップは、夏らしく生き生きとしたイエローのバッグを加えてポジティブな表情へ。ヴィヴィッドカラーも、小物なら気負わずトライできますね。

「真っ赤な差し色」で定番配色をブラッシュアップ

 

黒ブラウスとカーキのワイドパンツを合わせたシックな組み合わせは、白ベルトやキャッチーな赤のバッグを加えることで陽気な春気分を演出できます。シルエットが全体的にワイドなので、ヘアスタイルはコンパクトにまとめると好バランスです。

渋いカーキを「ビタミンオレンジ」で夏顔に

 

夏らしいオレンジのトップスを合わせれば、渋いカーキの季節感がシフト。ハイウエストのパンツでオレンジの面積を少なめにすれば、大人らしさを損いません。

「淡いブルー」でクリーンな着こなしを

 

ハードなカーキレザーパンツも、淡いパウダーブルーのトップスを組み合わせることで強さが和らぎます。軽快に仕上げるべく、シューズは白が好バランス。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2020.9.12 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。