【目次】

【黒】大人カジュアルを引き締める


上品に見せてくれる、黒とベージュの組み合わせ。肌馴染みがよいベージュは、その柔らかさに輪郭を与えてくれる黒を合わせることで、メリハリスタイルへ。一方、ベージュは黒の強さを和らげてくれるので、相互作用を生みます。

秋冬コーデ

オーバーサイズのジャケットでこなれ感を演出

 

肌に溶け込むような色合いのベージュワンピースは、黒のジャケットを合わせてメリハリをプラス。オーバーサイズを選ぶことで、クラシカルになりすぎず今っぽいムードがまとえます。小物もレザーの黒で統一しつつ、ゴールドのネックレスを添えてシンプルなツーカラーコーデに華やぎをオン。

ベージュのロングアウターで黒にまろやかさを添えて

 

トップス、ボトムス、シューズを全て黒で統一した装いは、ベージュのロングコートを合わせることで柔らかさが加わり、モードに傾きすぎません。身体のラインに沿う黒アイテムと、すとんと落ちるアウターなら、縦長効果でスタイルアップに繋がります。

春夏コーデ

シンプル上下はセンスあるサンダルで洒落感を引き上げ

 

程よいゆとりで華奢見えが期待できる黒のロゴTシャツに、ベージュのパンツを合わせて抜け感を演出。シンプルな組み合わせなので、Tシャツとカラーリンクさせたレースアップサンダルで立体感を高めています。

シャツ&スカートなら間違いなくエレガントにきまる

 

下半身に明るい色を持ってくることで軽快な印象を叶えたシャツ×スカートの組み合わせは、黒とベージュで上品さを醸して。シャツはサテン素材を選ぶことで、エレガントなムードが助長されます。

【白】ぱっと透明感のある装いに


肌色にマッチするベージュアイテムに、白を組み合わせることで透明感を引き出すことができます。クリアホワイトなのかオフホワイトなのかで印象が変わってくるので、導きたい印象に合わせて白のトーンを選んでみてくださいね。

秋冬コーデ

パキッとした白でベージュに切れ味を授けて

 

肌色と同化しすぎないように、ベージュニットは立体的なケーブルニットをセレクト。混じり気のないシャープな白パンツとシューズを選ぶことで、切れ味が加わり、きりっと洗練されたムードが楽しめます。

オフホワイト合わせで柔らかな表情に

 

トラッドなベージュのチェスターコートは、オフホワイトのニットワンピースを合わせることで、柔らかな優しい印象へ導けます。アウターとワンピースは今っぽいロング丈で統一しながら、足首をちらりと覗かせて抜け感をプラス。

春夏コーデ

ゆったりシルエットで余裕感のあるエフォートレスコーデ

 

ゆったりサイズのシャツとパンツの組み合わせは、リラックスなムードを助長するオフホワイトを選ぶのが正解。肩肘張らないエフォートレスなコーディネートで、大人の余裕感に繋げています。

白シャツ×ベージュスカートで好印象

 

タイムレスに活躍する白シャツに、フリルのあしらいがアクセントになるベージュスカートを合わせて清潔感溢れる装いへ。サンダルもベージュで統一すれば、脚長効果バッチリです。

【グレー】同じ中間色なので相性抜群


「グレーとベージュは合わない」と感じている方は、濃淡を取り入れることで苦手意識がなくなるかもしれません。実は、グレーとベージュはいずれも中間色なので、相性がぴったりなのです。地味に見えない、洗練された印象になるコーデテクをチェックしてみましょう。

秋冬コーデ

淡いベージュ×濃いグレーで地味見え回避

 

淡いベージュのチェスターコートとニットプルオーバーのぬくもりスタイルは、濃いグレーのパンツを合わせてメリハリを意識。パンツはゆったり、足元は気負わないスニーカーで抜け感たっぷりに仕上げています。

濃いグレーと黒でベージュにメリハリを与えて

 

濃いグレーのワンピースと黒レザー小物を合わせれば、肌馴染みの良いベージュに抑揚を与えることができます。シルバーフレームのアイグラスをプラスして、知的さをアピール。

春夏コーデ

クリームベージュとニュアンスグレーで春の表情へ

 

まろやかなクリームベージュのトレンチコートは、ほんのりベージュが混じったようなニュアンスグレーのニットを合わせて春らしい柔らかさをプラス。ノンウォッシュの膝丈デニムと黒パンプスで濃淡を付ければ、立体コーデが完成です。

グレーとマッチするシルバーシューズでスタイリッシュに

 

シンプルなグレーのクロップドトップスに、ハイウエストのベージュパンツを合わせて脚長コーデをメイク。グレーと馴染みの良いシルバーのオックスフォードシューズを合わせれば、シティムードにマッチするスタイリッシュコーデが出来上がります。

【ネイビー/ブルー】上品でクリーンな印象に導いて


ブルー系の色とも相性が良いベージュ。秋冬には、ネイビーを合わせてノーブルな印象へ、春夏にはブルーで爽やかに導くのがおすすめです。

秋冬コーデ

端正なジャケット×ゆったりニットで今っぽいバランスへ

 

気品を感じるネイビーのジャケットに、同色のゆったりとしたニットプルオーバー、そしてリラックス感のあるニットパンツを合わせて今っぽいテイストミックススタイルへ。シューズは白スニーカーを選ぶことで、軽快な足取りが叶います。

フルレングスのアウター×ワンピで歩く姿が様になる

 

アンクル丈で合わせたネービーワンピースとベージュアウターの組み合わせなら、歩く度に風をはらんで絵になるスタイルが実現します。重たく見せないために、アウターに明るい色を持ってくると好バランス。

春夏コーデ

正統派コーデはデニムパンツで親しみやすく

 

トレンチコートにスカーフをあしらったきちんと感のある装いは、親しみ慣れたデニムパンツ合わせで気負わない印象へ。デニムはライトブルーを選ぶことで、春らしい爽やかなムードへと導けます。

ブルーストライプ×ベージュで清涼感のある装いへ

 

春夏らしくクリーンに仕上げるなら、ブルーストライプシャツが好都合。瑞々しさを引き出すべく、ボトムスはスキンカラーにマッチするベージュがお似合いです。

【ブラウン】同系色でまとめて一体感をオン


ブラウンとベージュは、同系色なので非常に相性がよく、一体感のある着こなしに整います。落ち着いて知的な印象へ導けるので、大人らしく仕上げたい時に是非取り入れてみてくださいね。

秋冬コーデ

同色の上質小物でコーデをクラスアップ

 

同系色で合わせたシンプルワンツーは、ニットとスエードの異素材で表情をつけるとマンネリしません。ツヤのあるレザーパンプス、上品なハンドバッグでリッチなムードを醸して。

遊び心ある小物も品よくまとまる

 

ダークブラウンがシックなセットアップは、ベージュのチェスターコートを肩掛けしてこなれた表情へ。グリーンやターコイズブルーの遊び心ある小物選びも、ベージュとブラウンだからこそ品の良さはそのまま。

春夏コーデ

赤みブラウン合わせで春らしさを演出

 

クリームベージュのトレンチコートに、赤みブラウンのフレアスカートを合わせて春らしい明るい配色へ。アウターの共布ベルトを腰高できゅっと結べば、メリハリ体型も脚長効果も手に入ります。

明るいベージュを優しく引き締めて

 

春夏らしいイエローがかったベージュのワンピースと白パンプスの組み合わせは、黒ではなくブラウンの小物で優しく引き締めるのがちょうど良いバランスです。コントラストがつきすぎず、穏やかな表情に着地。

【関連記事】

たった2つだけ!「オールベージュ」のワントーンコーデを成功させるコツ

【カーキ/グリーン】アースカラーコーデで大人顔


ベージュやカーキなどのグリーン系の色を組み合わせることで、アースカラーコーデが完成します。ナチュラルさが魅力のこの配色は、大人の余裕があるからこそ凛とした表情が楽しめます。

秋冬コーデ

ハンサムカーキは淡いベージュで強さを和らげて

 

秋の代表カラーであるカーキは、その深みのある渋色で洗練された印象をもたらしてくれます。ボトムスは淡く柔らかなベージュパンツを選び、気張りすぎないお洒落を叶えて。

パステルグリーンで秋冬コーデに鮮度をプラス

 

ベーシックカラーやダークカラーが落ち着く秋冬ですが、時にはパステルカラーを選んで新鮮さを味わいたいものです。ベージュと淡いグリーンの組み合わせは、全体に黒をバランス良く散らすことでリズミカルなコーディネートに。

春夏コーデ

白黒小物でぼんやりさせないニュアンスカラーコーデ

 

オーバーサイズでこなれた表情のベージュジャケットは、ペールグリーンのパンツ合わせで春夏のアースカラーコーデへ。いずれも淡いトーンなので、シャープな白黒小物できりっと引き締めるとgoodバランスです。

ボタニカル柄で春夏らしい爽やかな表情に

 

ボタニカルプリントのグリーントップスは、涼しげ素材とプリーツ加工で夏コーデの涼感がぐっとアップ。白に近いベージュパンツ合わせなら、爽やかな印象がさらに上がります。

【関連記事】

組み合わせで、こんなに変わる! カーキに合う色【35のお手本コーデ】

【カラー】ニュートラルなベージュだからこんな色とも相性ぴったり


どんな色も受け止めてくれるニュートラルなベージュなので、時にはベーシック以外のカラーアイテムとの組み合わせで、表情の違いを楽しむのもおすすめです。季節感を盛り上げる、カラー×ベージュスタイルをお届け。

秋冬コーデ

【こっくりイエロー】で秋気分を満喫

 

こっくりとしたマスタードイエローのニットを合わせることで、ベージュアイテムがたちまち秋の表情になります。くすんだカラーなので、幼く見える心配もありません。ベージュ統一のスカート×ブーツは、素肌を見せないロングブーツでモードな足元へ仕上げると洒落感がアップ。

【ボルドー】投入でシックな秋冬コーデ

 

ベージュコーデをグッと深みのある秋冬仕様にするなら、シックなボルドーがおすすめです。明色&暗色のコントラストも効いて、映えるスタイルが手に入ります。

【関連記事】

瞬時に「色気」をまとえる、ボルドーに合う色【27の見本コーデ】

春夏コーデ

濃いベージュで【ピンク】の甘さを中和

 

春気分にマッチするパステルピンクのシャツは、濃いめのベージュパンツを合わせることで糖度が和らぎ、大人でもトライしやすくなります。シャツのボタンのあしらいと、ハイウエストパンツを合わせるスタイルアップテクも参考になりますね。

パッと目を引く【オレンジ】は薄いベージュで力を抜いて

 

春夏の陽気な気分にマッチする、ネオンオレンジ。奇抜になりすぎないよう、ベージュボトムスはレイドバックなムードを醸せる淡いトーンをチョイス。バロックパールのアクセサリーや黒のロゴベルトで、メリハリを高めています。

【赤】投入でオールインワンコーデに鮮度を加えて

 

一枚で楽々コーディネートが決まるベージュオールインワンは、鮮烈な赤サンダルを投入してメリハリと華やぎに繋げています。手元には白のバッグを迎えて、夏らしい清涼感をプラス。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2020.9.24 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。