大人の女性を美しく見せてくれるベージュは、身にまとうだけで優しいオーラに包まれ、品格と知性と温かみを与えてくれる色。シックなお仕事スタイルにも、カジュアルにキメたい日にもマッチするベーシックなカラーだからこそ、今っぽく着映えする着こなし術でベージュの装いをアップデートしましょう。

■1:「トップス」にベージュを入れて優艶なスタイルをつくる

コート(MOGA)、プルオーバー(エストネーション〈コート〉)、スカート(ADORE)、ピアス(トーカティブ)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2017年

優しさと華やかさを印象づけたいランチミーティングの日は、ハイネックのボリューム感が女性らしいベージュのプルオーバーに、ボルドーのスカートを合わせて肩肘張らない着こなしを。アウターからホーザリーまで、コクのあるカラーでまとめた大人かわいいスタイルで印象もアップ。

ファージャケット(ブルネロ クチネリ)、すべてエディター私物 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious10月号』小学館、2017年
ブラウス・パンツ・バッグ(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、眼鏡(ミクリ ジャポン〈スタルク アイズ〉)、時計(パテック フィリップ)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious9月号』小学館、2017年

おしゃれ偏差値の高い女友達との集まりには、ニュアンスカラーでまとめたこなれ感が漂う装いで。淡いトーンでそろえたスタイルは、淡白になり過ぎないよう、ファーのジャケットで旬のエッセンスとラグジュアリー感もプラス(写真上)。肌に優しく馴染むヌーディーなベージュブラウスと、大人も取り入れやすいニュアンスピンクのパンツで抜け感のある着こなしを。仕上げにスタッズ付きのバッグやビジューモチ ーフのパンプスで輝きを散りばめると、ベージュのマンネリ感を払拭する洗練コーディネートに仕上がります(写真下)。

■2:リッチカジュアルは「ボトムス」のベージュでバランスよく

ジャケット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ブラウス(Philo〈MOUJIC〉)、パンツ(ブラミンク)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious9月号』小学館、2017年
カシミアカーディガン(三喜商事〈アニオナ〉)、プルオーバーニット(ブラミンク)、ペグパンツ(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious3月号』小学館、2017年
ニット(マディソンブルーヘッドストア〈マディソンブルー〉)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、スカーフ(レキップ)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(デッカーズジャパン〈アグⓇ〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY :『Precious2月号』小学館、2017年

ベージュのパンツは、お仕事シーンにも休日スタイルにもマッチする万能アイテム。セミワイドパンツにハンサムなカーキのジャケットを合わせれば、信頼感を与えるキャリアスタイルに仕上がります(写真上)。リラックスしたい休日スタイルには、ボリューム感のあるスニーカーを合わせた、足元重めバランスで最旬スタイルに(写真中)。女友達とのブランチには、定番のベージュグラデーションの着こなしに華やぎカラーの靴を差し色にした、肩肘張らないリッチカジュアルでお出かけしましょう(写真下)。

ニット(Theory luxe)、スカート(アオイ〈マルゴン〉)、ベルトアマン〈アンボワーズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious9月号』小学館、2017年
〝ウィム ガゼット〟のコート・ニット・〝ジェドウ〟のスカート・〝シャーロット レバック〟のピアス・〝ファリエロ サルティ〟のストール・〝サンドロ テミン〟の手袋・〝マルコ マージ〟のバッグ・〝ペリーコ〟の靴(ウィム ガゼット 青山店)、タイツ(福助〈フェモツィオーネ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious2月号』小学館、2017年

パートナーとの食事には、ベージュスカートの装いで豊かな女性らしさを香らせて。辛口アイテムにあえてフェミニンなスカートを合わせて、絶妙な甘辛バランスに仕上げるのが大人の女性の着こなしです。ハンサムなカーキトップスに、あたたかみのあるベージュスカートで、エレガンスな女性らしさをプラス。品格を醸し出す配色テクニックです(写真上)。辛口なグレンチェックのガウンコートには、大人かわいいピンクベージュのふんわりスカートを合わせて、大人の余裕を感じるスタイルに(写真下)。

■3:大人の余裕を漂わせるには「アウター」にベージュを

コート(サン・フレール〈エルマンノエルマンノ シェルヴィーノ〉)、手袋(ebure〈GALA GLOVES〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2017年

グレンチェック柄コートは、上品なツイード素材を選べば、旬のエッセンスを取り入れたクラス感のある装いに。毛足の長いフォックスファーがポケットに施された個性的なデザインも、ベージュが基調になっているため、品よくまとまります。ベルトでウエストマークして、女性らしい着こなしにスタイルアップ。

コート・ニット・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2017年
コート・ニット・スカート・ベルト・サングラス・バッグ・ブーツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2017年

シンプルベーシックな装いがかなうベージュのロングコートは、大人の女性のワードローブに欠かせないアイテム。大切な打ち合わせや商談にも適した、ノーブルな着こなしに仕上がります。やわらかなキャメルベージュのコートで、全身をブライトアップ。表情や雰囲気まで明るく見せてくれます(写真上)。ベーシックスタイルに旬のエッセンスを取り入れたいなら、少しフレア感のあるオーバーサイズのシルエットを選択。エレガントでエフォートレスな着こなしに仕上がります(写真下)。

コート(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム ホワイトレーベル〉)、〝バンフォード〟のニット・〝イレブンティ〟のシャツ・パンツ(三喜商事)、スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ヴァシック〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/前田 晃 BY :『Precious3月号』小学館、2017年
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『パスマントリー・カドリ』(エルメスジャポン)、ブラウス・パンツ(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、時計(DKSH ジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、サングラ(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious3月号』小学館、2017年

合わせるアイテムによって、お仕事シーンから休日スタイルまで、オールシーンで使いやすいトレンチコート。きちんと感も女性らしいエレガンスも与えてくれる、万能アウターです。シャツとニットのレイヤードに、しなやかなベージュトレンチを合わせた上品カジュアルな着こなしは、パンプスを合わせればオフィスシーンにも最適なスタイルに(写真上)。フェミニンな着こなしを楽しみたいときは、華やぎカラーのスカーフを差し色に着映えテクニックを効かせます(写真下)。

ジャケット(チェルキ〈トモウミオノ〉)、ニット(Theory luxe)、パンツ(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉、靴 (ゲストリスト〈ルチェンティ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2017年

アクティブに楽しみたい休日は、ショート丈のアウターが便利。カジュアルな辛口ライダースもベージュのウール素材を選べば、女性らしさを感じる着こなしに。上下白でまとめたスタイルにグレージュの小物を合わせた洗練配色には、キレのあるライダースを。さっとはおれば、ハンサムになりすぎない上品な着こなしがかないます。

■4:ベージュの「ワントーン」は優雅なスタイルを演出する

ウールベースのコート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、トップス(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、スカート[ベルト付き](ADORE)、ネレス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious11月号』小学館、2016年
コート(エストネーション〈アルマローザ ファー〉)、ブラウス(キートン)、スカート(ebure)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、ネックレス・ブレスレット(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2017年

クラス感を重視したいレセプションでは、上質素材を使ったベージュのワントーンコーデでまとめると、気品と洗練さが漂い、大人のエレガンスを目指す方には効果的。インナーとボトムを同色系にまとめ、エレガンスなマキシ丈コートを合わせたロング&リーンな着こなしは、出席者から羨望の的に。ウエストコンシャスなタイトスカートで、旬のエッセンスもプラスしましょう(写真上)。ベージュを使った上品なワントーンは、素材の上質感が決め手。袖に施されたフォックスファーの存在感が、着こなしにリッチ感を与えます。アニマル柄パンプスで遊び心も取り入れて(写真下)。

ニット(オンワード樫山 〈ジョゼフ〉)、ブラウス (コロネット〈ミリー〉)、ネックレス・バングル (ティファニー・アンド・カンパニ ー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、 靴(JIMMY CHOO) 撮影/川田有二 BY :『Precious4月号』小学館、2016年
スエードのフーデッドコート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、プルオーバーニット(ブラミンク)、ペグパンツ(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious3月号』小学館、2017年

キャメルとベージュの上品な組み合わせは、大人の女性の黄金配色のひとつ。第一印象が肝心な初対面でも、好印象を与えます。タックの入ったベージュのコットンパンツには、カシュクールのキャメルニットを合わせて、こなれ感を演出(写真上)。休日は爽やかな白ニットにベージュのパーカーを重ねて、ヌーディなトーンでリラックスモードに。カジュアルになりすぎないよう、贅沢なシルバーの輝きをちらっと効かせ、休日カジュアルにもリッチ感をプラスします(写真下)。

ブルゾン(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、ネックレス[長]・[短](ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)  撮影/川田有二 BY :『Precious4月号』小学館、2016年
スエードのコート ・ノースリーブワンピース・ピアス・ブレスレット各・リング・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)  撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious4月号』小学館、2016年

淡いトーンのライトベージュは知的で上品なカラー。ベージュのワントーンコーデは、品格あふれるエフォートレスな着こなしに仕上がります。ただし、膨張色でもあるので、スタイルアップのメリハリが重要。コットンジャージーのワイドパンツにはスウェードのショートブルゾンを合わせて、スポーティーに(写真上)。肌触りのいいラムスエード素材のワンピとコートには、シルバーのスリッポンを合わせると、上品なリゾートスタイルに仕上がります(写真下)。

 

上品で知的、そしてやわらかな女性らしさも与えてくれるリッチな「ベージュ」は、大人の女性にとって欠かせない最愛カラー。ノーブルなスタイルも休日カジュアルも品よく理想のスタイルに仕上げてくれます。旬のエッセンスを取り入れて色褪せない着こなしを楽しみましょう。