おとぎの国のような小さな港町を訪ねて

2017年のノーベル文学賞受賞者、カズオ・イシグロの代表作『日の名残り』は、主人公が車で旅に出たイギリス南西部のふたつの州、デヴォン州とコーンウォール州で、戦前の日々を回想する物語。

【前編:アガサ・クリスティが住み、シャーロック・ホームズも活躍したデヴォン州を旅する】

前編でご紹介したデヴォン州と、この後編で紹介するコーンウォール州は、イギリス人にとって憧れの観光スポット。特に英国最西端にあるコーンウォール州は、おとぎの国のように美しい小さな港町や、荒々しい奇岩の海岸線が続き、夏のリゾートや保養地として人気の地方なのです。

まずは小さな小さな港町、ポルペッロ(Polperro)へ。白い漆喰づくりの家々はメルヘンの世界そのもの。近くの奇岩を楽しめる観光船のショートトリップもあって、いろいろ楽しめます。

漆喰で塗られた漁師の家が山肌に貼り付くように建てられたポルペッロの港町。奇岩で彩られた海岸線を楽しむショートトリップのサービスも豊富

美しい夕暮れのパワースポット、イギリス版”モン・サン・ミッシェル”

続いてはイギリス版のモン・サン・ミッシェル、「セント・マイケルズ・マウント(St. Michael’s Mount)」へ。モン・サン・ミッシェルをそのまま英語にした地名で、日本語にするなら「聖ミカエル山」とでもいったところでしょうか。

世界遺産に登録されているフランスのモン・サン・ミッシェルにくらべると、日本での知名度はありませんが、干潮時にのみ島への道が出現するところも、大きな岩山の上に建つ教会の風景もそっくり。しかも、このふたつの聖地は経度でわずか4度しか違わないところにあるのです。つまりフランスのモン・サン・ミッシェルをずっと経度に従って地球上を北へ行くとほぼ、イギリスのセント・マイケルズ・マウントに到達するというわけです。

引き潮の時にだけ島への道が現れる、イギリス版の”モン・サン・ミッシェル”=「セント・マイケルズ・マウント」。パワースポットとの噂も

一説には、このモン・サン・ミッシェルとセント・マイケルズ・マウントを結ぶ線上は、気の流れがいいのだとか。つまりパワースポット!?  その真偽は別にして、このセント・マイケルズ・マウントに沈む夕日の美しさは、筆舌に尽くしがたいものがあります。どんな時にも心を静かに落ち着かせてくれる、世界一平和な夕暮れなのです。

この夕景には誰もが、心穏やかになってしまう。世界一心安らかな夕景…

世界中から観光客がフィッシュ&チップスを食べに来る街

コーンウォール州はまた、食べ物がおいしいことでも知られています。イギリス人に「コーンウォールに行く」と話せば、ほとんどの英国人が「じゃあ、クリームティは絶対食べなきゃいけないよ」と答えることでしょう。クリームティとは、濃厚なクロテッドクリームとスコーンを紅茶でいただく、セットメニューのこと。デヴォン州、コーンウォール州の多くのカフェやティールームでいただけます。"コーンウォールのソウルフード"ともいうべき、コーニッシュパイもMust Eat!

そして何よりも海辺の観光地が多いだけに、フィッシュ&チップスは是非とも、コーンウォール州でいただきたいもの。

コーンウォール州にはイギリス中、いや世界中からフィッシュ&チップス目当てに観光客が訪れる、大人気のレストランがあります。コーンウォール州北部の港町パドストウ(Padstow)にある、スタインズフィッシュ&チップス(STEIN’S FISH AND CHIPS)がそれ。イギリスのテレビの料理番組などで活躍しているスターシェフ、リック・スタイン(Rich Stein)がオーナーの店。いつ行っても行列ってな感じですが、確かにうまい! レストランと書きましたが、海辺のおしゃれな食堂って感じの雰囲気もサイコーです。

人気の観光スポット、「スタインズ・フィッシュ&チップス」のフィッシュ&チップス。行列覚悟だけれど、やっぱりおいしい!

パドストウの街もまた、ケルト海からの深い入江に面した小さな漁港。お土産物屋さんをのぞきながら、そぞろ歩きするのに最適の観光地です。

日本人陶芸家とゆかりの深い、芸術家村

コーンウォールにはもうひとつ、日本人として忘れてはならない街があります。それがセント・アイヴス(St. Ives)。ここには日本の民藝運動の主導者、柳宗悦とも親交の厚かったイギリス人陶芸家、バーナード・リーチ(Bernard Leach)の工房がありました。そのため、柳はもちろんのこと、大正昭和に活躍した陶芸家で、人間国宝の濱田庄司もこの地を度々訪れ、濱田はこの地に自らの窯もつくりました。

陶芸家・濱田庄司が宿泊したといわれるかつてのポーツミンスターホテルのあたりから、セント・アイヴスの海辺を眺める

リーチの工房は、いまは記念館「リーチポタリー(The Leach Pottery)」として公開されているので、是非とも立ち寄りたいものです。

日本の民藝運動にも大きな影響を及ぼしたイギリス人陶芸家=バーナード・リーチのかつての工房。「リーチ・ポタリー」として公開されている。リーチと、柳宗悦、濱田庄司との英国での活動風景の展示もある

セント・アイヴスは、光の美しい海辺の街です。高低差のある街には小さな道が縦横に走り、昔ながらの伝統的な白漆喰の漁師の家が美しく並び、独特の風情を感じます。この気候と風光、やわらかな光に惹かれて、多くの芸術家が住みついた街でもありました。

バーバラ・ヘップワース(Barbara Hepworth)などのイギリス人芸術家が集まり、さながら芸術村の様相を呈していたともいいます。今も、街をそぞろ歩けば、小さなギャラリーが無数にあって、散策に花を咲かせてくれます。また、テートによる英国内4つの美術館のひとつ、テート・セント・アイヴズ(Tate St. Ives)もあり、現代アートの秀作を多数見ることもできます。

このセント・アイヴスもまた、夕日がこの上なく美しい港町です。

サーファーも集まるというセント・アイヴスの海岸の夕景。この先はケルト海。柔らかな陽光は多くの画家、芸術家にも愛された

英国最西端の街から眺める、神なる大海原

さて最後に、コーンウォールに行ったなら、必ず行ってほしいところがあります。それがランズ・エンド。なんと地名が「地の果て」! この言葉を聞くだけで、どうしても行きたくなります。ここは大英帝国のいちばん西の端っこ。この先にはもう、大西洋しかありません。

英国最西端を示す標識。ちなみにJOHN O'GROATSとはブリテン島最北端の地

七つの海を制した大英帝国は、英国本土=グレートブリテン島を文明で耕しました。産業革命もこの地から起こり、いまは金融の中心として世界経済を牛耳っています。

しかし、このランズ・エンドから大西洋に輝く太陽を観ていると、この大地の先の大海原だけは、神にしかクリエイトできない、聖なる場所だと思えてくるのです。

ランズ・エンドの先はまさに神のみの世界…大西洋の大海原が広がる。あの光り輝く海の上に神が御座すように感じるのは私だけか…

ランズ・エンドの岸壁の端っこに小さなカフェがあります。「LAST AND FIRST REFRESHMENT HOUSE IN ENGLAND」。英国を去る人にとってはこの岸壁から先はもう英国ではない。英国に来る人にとってはここからが英国…。

英国を去る人にとってはここが最後のカフェ・・・英国に来る人にとってはここが最初のカフェ・・・しゃれた名前だ。

この地を境に、英国と神なる大海…ふたつが出合う地点。ランズ・エンドは何かが始まる場所でもあるのだ、と思えるはずです。

以上、ノーベル賞作家=カズオ・イシグロの『日の名残り』をきっかけに、後半はほとんど関係ないところばかりでしたが、英国南西部2州、デヴォン州とコーンウォール州の極私的ガイドでした。

ではまた・・・See You Later, Alligator!

この記事の執筆者
自称大阪生まれ、イギリス育ち(2週間)。広島大学卒(たぶん本当)。元『和樂』公式キャラクター。好きなもの:二上山、北葛城郡、入江泰吉、Soho Squre、Kilkenney、Hay-on-Wye、Mackintosh、雨の日、Precious、Don’t think twice, it’s all right.