上質の天然温泉は心身にさまざまな恩恵をもたらしてくれるもの。なかでも女性にとってうれしい作用として美肌効果があげられます。

ゆっくりと極上の湯に浸かり、日頃の疲れを癒すとともに、湯上りには肌のトーンが明るく、もちもちすべすべになっているのを実感…。そんな優雅なひとときを、ラグジュアリーなお宿で堪能してみたいと思いませんか?

そこで、全国2,500以上のスポットを巡った経験のある、温泉ジャーナリストの植竹深雪さんから、本当に美肌効果を実感できた温泉宿5軒をピックアップしてもらいました。本記事でお届けするのは、日本最古のワイナリーと提携する「笛吹川(ふえふきがわ)温泉 別邸 坐忘(ざぼう)」。アルカリ度の高い美肌湯とともに、ワインを堪能できるというお宿の魅力をご紹介します。

 
植竹深雪さん
温泉ジャーナリスト
(うえたけ みゆき)全国各地の2500スポット以上を巡っている温泉愛好家。フリーアナウンサー、温泉ジャーナリストとして、テレビ番組をはじめ、さまざまなメディアで活躍中。著書に『からだがよろこぶ! ぬる湯温泉ナビ』(辰巳出版)がある。
公式サイト

日本最古のワイナリーと提携!日常の喧騒を忘れる癒しの宿で美肌に…

凛とした風情のある「坐忘」の玄関
凛とした風情のある「坐忘」の玄関

山梨県甲州・笛吹川のほとりにある「別邸 坐忘」は、日本に現存する最古のワイナリー「まるき葡萄酒」と提携する温泉宿。宿名「坐忘」の由来は、「静座して現前の世界を離れ、雑念を忘れる」という意味の禅語。3,000坪という広大な敷地に客室はわずか23室と贅沢な空間で、その名の通り、日常の喧騒から離れて心身の疲れを癒すことができるといいます。

光と自然を感じられる大浴場
光と自然を感じられる大浴場

「こちらの温泉は湧出量が毎分377リットルと湯量が豊富。新鮮な源泉かけ流しを堪能できます。泉質は、pH9.1のアルカリ性単純温泉です。ほのかに硫黄が香るとろみのある湯が古い角質や皮脂を乳化して、湯上り後はスベスベ肌になれたのを実感できました。

露天風呂、大浴場、そして客室のお風呂は、湯の質がいいだけでなく、雰囲気も最高です。まず、露天風呂は草木や大きな岩を配した日本庭園風で、奥に進むと神秘的な洞窟風呂もあります。大浴場は自然光が差し込むように窓が大きくとられており開放感たっぷり。併設のサウナも利用可能です。そして、客室に付いている露天風呂では、四季折々の景観を眺めながら、極上の湯浴みを堪能することができます」(植竹さん)

日本庭園風の露天風呂
日本庭園風の露天風呂
洞窟風呂の入り口
洞窟風呂の入り口

全23室の客室のうち、露天風呂が付いているのは12室。2015年にオープンした別邸の8室は純和室とツインのベッドルームを備えており、和の情緒を味わいつつ機能性も優れた造りになっています。

別邸の各部屋は源泉かけ流し100%の露天風呂つき
別邸の各部屋は源泉かけ流し100%の露天風呂付き

本館の庭園露天風呂付き客室は2室のみの特別仕様。広々としたテラスがあり、風光明媚な日本庭園を部屋からも露天風呂からも眺めることができるのは贅沢の極み。

広々としたテラスから日本庭園を眺める
広々としたテラスから日本庭園を望む客室も

そして、本館離れにも露天風呂付き客室が2室。和室の「金峰(きんぷ)」には森に包まれた檜造りの露天風呂、洋室の「桜」には岩風呂の露天風呂があり、どちらもなかなか予約が押さえられないほど人気を誇ります。

ワイン好きにはたまらないサービスも充実

ゆったり寛げるライブラリー
ゆったり寛げるライブラリー

ワイナリーと提携している温泉宿だけあって、ワインを満喫できるのも「坐忘」の魅力。

「80畳の広々としたライブラリーは、ドリンクコーナーが充実。上質の豆や茶葉を用いたコーヒー、紅茶のほか、『まるき葡萄酒』の各種ワインが飲み放題です。私が訪れた際には4種類のワインがありました。ゆったり座れるソファ席やお茶の間のようなスペースで、ワインを嗜みながら読書に耽るもよし。ただ窓から日本庭園をのんびりと眺めるのもよし。思い思いのスタイルで時間を忘れて寛ぐことができます」(植竹さん)

ワインがセルフサービスで飲み放題
ワインがセルフサービスで飲み放題

「敷地内にある『懐石まる喜』は、築140年の古民家を改装した食事処。『まるき葡萄酒』はもちろんのこと他社製ワインのラインナップも豊富です。こちらでは茶懐石とワインのコースをいただきます。茶懐石とは、茶道文化を背景として一汁三菜から始まるなど、他所ではなかなか味わえない独特の趣き。懐石料理の出汁とワインとのマリアージュで沁みるようなおいしさでした」(植竹さん)

キャプション左
一汁三菜からスタートする茶懐石
キャプション右
和食とワインとのマリアージュ

そして、宿泊客は無料で「まるき葡萄酒」のワイナリーツアーにも参加可能(要予約)。醸造場や貯蔵庫、ぶどう畑の見学のほか、テイスティングもあり、ワイン三昧の旅を享受できます。


以上、「笛吹川温泉 別邸 坐忘」をご紹介しました。ワイン好きな人はもちろんのこと、そうでない人も、心身を労わるのに最適な宿を次の旅先候補のひとつにぜひ加えてみてはいかがでしょうか?

※外出時には新型コロナウィルスの感染対策を十分に講じ、最新情報は公式HPなどでご確認ください。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
中田綾美
EDIT :
谷 花生