メゾン創立から50年を越え、「皇室御用達」のゆるぎないブランド力をもちながらも進化し続けるブランド、ジュン アシダ(jun ashida)。公式サイトで発表された、2018年春夏コレクションのスペシャルムービーが、とても素敵なんです。

今回のスペシャルムービー「dé-jà-vu(デジャヴ)」を手がけたのは、安室奈美恵や宇多田ヒカルなどのPVやCM動画など、多くの作品を世に送り出している旬の監督・武藤眞志。ロサンジェルスで撮り下ろした幻想的なムービーは、広大なロケーションに、ドローンや赤外線カメラによる撮影、さらにドローンにLEDライトを搭載して夜空を旋回したりと、最新技術をふんだんに使った映画さながらのスケールなんです。

まずは予告編で幻想的な雰囲気をチェック!

登場するのは、ハリウッドの街並みや現代建築、ハモサビーチの桟橋、ランカスターの砂漠など、さまざまなロケーション。ストーリーのハイライト、ジョシュアツリー国立公園での壮大な夜間ロケでは、2017年最大のスーパームーンも登場しています。

ドローンにLEDライトを搭載し、照明をあてている最も幻想的なシーン

もっと詳しく見たくなった方は、こちらの本編をどうぞ!(全6分19秒)

最新技術を駆使して、自然の雄大なロケーションを収めつつも、クライマックスを飾るのは、人の手ではつくりだすことができない圧倒的なスーパームーン。そんなさまざまなシチュエーションのなかを、ときにはまっすぐに、ときにはとまどうような表情を見せながらも前に向かって進んでいく女性。

幻想的な映像で、都会的な女性を描き出したジュン アシダのスペシャルムービー。音楽におけるPVが時代を映し出すように、ファッションにおけるムービーも今の気分を映し出しているもの。美しい映像にため息すると同時に、時代の空気感を存分に味わって…。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
安念美和子