黄色(イエローカラー)のアイテムを取り入れたコーディネートをまとめました。難易度が高いイエローカラーのアイテムの着こなしテクニックを微妙な色の違いごとにご紹介します。

【目次】

春のからし色コーデ


【1】からし色シャツ×パープルスカート×ピンクコート

【1】からし色シャツ×パープルスカート×ピンクコート
コート・バッグ・シャツ・スカート・ネックレス(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

注目すべきは、肩の部分に手作業で染料をスプレーし、オフホワイトからピンクへとニュアンスをつけた美しいグラデーションのコート。さらに、裾と袖にメタルアイレットなどの装飾を配し、個性あふれる一着です。しなやかなカーフスエードならではの素材感を生かして、さっとはおる感覚で着こなしましょう。シャツとバッグでイエローを取り入れて、全体を春らしいカラーパレットに!

【2】からし色コート×ネイビーニット×白パンツ

【2】からし色コート×ネイビーニット×白パンツ
コート・ニット・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

独自の手法で防水加工を施したテクノ・スエードのアウターは、スペイン産のラムスキンを使用。極上素材を惜しみなく使っているから、若々しいフード付きも余裕が漂います。コクのあるマスタードイエロー×きりっとした白パンツ、そしてインナーは迷わずネイビーニットを! イタリア男さながらの配色センスで、鮮度の高い週末スタイルが完成します。

【3】からし色トレンチコート×ピアス

【3】からし色トレンチコート×ピアス
コート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス(ブシュロン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

肌なじみのいいオレンジがかったイエローに染め上げた、イタリア製の高密度コットンツイル素材を使用。トラッドなトレンチディテールをちりばめたシングルボタンのトレンチコートは、ボタンを留めてジャストサイズで着こなしましょう。台襟に高さがあるので襟を立てても美しく、やや広がった袖口が女性らしい雰囲気を演出してくれます。

【4】からし色ブラウス×ベージュパンツ

【4】からし色ブラウス×ベージュパンツ
ブラウス・パンツ(ソニア リキエル 青山店)、ペンダント・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈マクリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アングローバルショップ 表参道〈ペリーコ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よいハリとしなやかさを備えたコットンストレッチに、ギャザーでボリュームを出しながら、ウエストも袖口もキュッと絞ったバルーンスリーブのブラウス。全体にボリューム感がある場合、絞りをきかせたシルエットを選び、首、手首、足首を見せる抜け感でバランスよくまとめましょう。リラックス感のあるサフランイエローで、大人かわいいカジュアルに仕上がります。

【5】からし色ワンピース

【5】からし色ワンピース
ワンピース(エブール)

カットソーのように着やすく上質感のある、ハイゲージニットソーは、着回し力も抜群です。

ワンピースがたくさん!エブール(ebure)の2018年春夏展示会レポート

【6】からし色スカート×ネイビーニット

【6】からし色スカート×ネイビーニット
カーレンのスカート・アンドラ ニーンのイヤリング(エストネーション)、ニット(エイチ ビューティ&ユース<ジョンスメドレー>)、ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店<リンクス オブ ロンドン>)、バッグ(ピエール アルディ 東京<ピエール アルディ>)、靴(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店<アレクサンドル バーマン>)

マスタードイエローのプリーツスカートにネイビーのニット、というコントラストをつけた色合わせがポイント。「カラースカートには白トップス」という王道配色も素敵ですが、ネイビーのような引き締め色を合わせることで、グッと洗練された雰囲気に。快適性とおしゃれを両立させたい休日スタイルに、ぜひカラースカートを投入してみましょう!

大人コーデ|キャリア女性のシーン別コーデ20選

黄色に似合う色


【1】黄色×ピンク×ベージュ

【1】黄色×ピンク×ベージュ
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、スカート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

いつもなら同じトーンのベージュピンクで無難になじませるところを、今春は瑞々しく明るいイエローを選択して、遊び心あふれる色合わせに。シトラスイエローの爽やかさが際立って、スタイリッシュにまとまります。バッグと靴は、全身をつなげる役目のベージュが正解です。

【2】黄色×黒

【2】黄色×黒
コート・バッグ・ピアス・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

トレンチのマスキュリンな要素とドレスのような艶やかさを併せもったモードなコート。艶やかなイエローのチェック柄は、シルク×ポリエステルの混紡素材です。フロントを閉め、ウエストをきゅっと結べば、タップ部分がケープのように張り出して、立体的なフォルムを強調してくれます。バッグは、ナチュラルパイソンを黒のカーフレザーが引き締めるクールなコンビネーション。機能性抜群のトート型です。

【3】黄色×ベージュ×ネイビー

【3】黄色×ベージュ×ネイビー
コート(SANYO SHOKAI〈SANYO〉)、カーディガン(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ネックレス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

前立てのボタンが縦ラインを強調して端正なシルエットが際立つ一着。やわらかなコットンが着くずしたときにしなやかな表情を演出。ニット+パンツの端正スタイルを非凡に仕上げているのが、流行のブライトイエローのニットの見せ方です。コートの袖をラフにロールアップしてニットをのぞかせるひと技で、カジュアルを極めた大人のセンスを香らせて。パンプスで女力もさりげなくアップさせましょう。

【4】黄色×白×ブルー

【4】黄色×白×ブルー
ネックレス(インデアン・クラフト)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈プーマ〉)、バッグ(グローブ・トロッター 銀座)、靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ジップアップブルゾン(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ワイドウォッシュデニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、ボックス形イエロートップス(エリオポール銀座〈バレナ〉)

休日仕様のアクティブなデニムカジュアルにも、どこか大人っぽい表情がうかがえるのは、アウターに清潔感のある白ブルゾンを選んでいるから。足元に白をリンクさせることで、ビビッドなイエローが際立ち、スポーティーなスニーカースタイルにこなれ感が生まれます。

スニーカーとアウターを白で統一したこなれカジュアル【8/26のコーデ】

【5】黄色×白×レモン色×シルバー

【5】黄色×白×レモン色×シルバー
バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、ロングジレジャケット(三崎商事〈マロ〉)、ボックス形イエロートップス(エリオポール銀座〈バレナ〉)、ライトイエローの細身パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)

ちょっとした外出の相棒には、アクセサリー感覚で持てるシルバーのマイクロミニバッグが活躍。単調になりがちなバイカラーの組み合わせには、シルバーの光沢感を投入して、なじみのあるカジュアルスタイルを一新しましょう。

白、シルバー、イエローでつくるきれいめカジュアル【8/23のコーデ】

レモン色に似合う色


【1】レモン色×白

【1】レモン色×白
エス マックスマーラのジャケット・マックスマーラのブラウス・パンツ・バッグ・ストラップ(マックスマーラ ジャパン)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレスとして使用したブレスレット・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー·アンド·カンパニー·ジャパン·インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アンゴラ混ウール地のダブルフェースの、低めのスタンドカラーがスタイリッシュな主役のアウター。ハイウエストを意識した着こなしで、イエローの分量を調節すればすっきりとまとまります。

【2】レモン色×グレー×白

【2】レモン色×グレー×白
コート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ニット(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ・ショルダーストラップ(デルヴォー・ジャパン)、リング・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ブラミンク〈ジャコメッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

イエローと白で調和させて。足元も白で仕上げて軽やかに仕上げましょう。

【3】レモン色×レモン色×白

【3】レモン色×レモン色×白
ナッパレザーのバッグ・イエローのコート・ワンピース(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

レザーに施された伝統的な職人技も、白を背景にすれば、より美しく映えるもの。ニュアンスのあるパステルカラーはダークカラーと合わせるとくすみやすいけれど、白となら明るさが増します。ファスナー開閉のコンパートメントを挟むようにふたつの外ポケットが付いたバッグは、使い勝手も抜群です。

【4】レモン色×黒×白

【4】レモン色×黒×白
コート(ヘルノ プレスルーム)、シャコットのカットソー・セブンティのパンツ(東レ・ディプロモード)、サングラス(シャネル アイウエア事業部)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

鮮やかなイエローが冴える春コートは、肩を覆うようなハーフスリーブが新鮮。ロングスリーブのインナーを合わせると、レイヤードによる色や素材のハーモニーを楽しめるので、おしゃれの幅もぐんと広がります。しっかりとした地厚の生地ながら、微撥水加工を施した軽量高密度コットン素材を用いているので、驚くほど軽い着心地。
甘さの香るミモザイエローのコートには、黒トップス×ストライプパンツを合わせ、スタイリッシュな品のよさを極めましょう。

【5】レモン色×黒

【5】レモン色×黒
ニット・パンツ・バッグ・バングル・ネックレス・リング(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

光の象徴のように鮮やかなイエロー。幸福感あふれる春のきれい色は、咲き誇る花のような笑顔を運んでくれます。一見派手と思われがちだけれど、白~ベージュといったベーシックカラーの延長にあり、どんな色にも合わせやすいから、気負うことなくメインアイテムとして投入しましょう。楽しげなモチーフをあしらったバッグの存在感も、イエローの華やぎに、さりげなくなじみます。

【6】レモン色×黒

【6】レモン色×黒
カーディガン(ビームス ハウス 丸の内〈ルトロワ×デミルクス ビームス〉)、スカート( Essence of ANAYI〈NADYA DZYAK〉)、ネックレス・ブレスレット(エディション・デコ 阪急百貨店 阪急うめだ本店〈ミリアム・ハスケル〉)、バッグ(アオイ〈カパフ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

黄色は身につけるだけで元気になれるビタミンカラー。ただし、膨張色であるために、着こなしにメリハリをつけることが大切です。トップスは黒のVカーディガンをあえてコンパクトにまとめ、ふんわりとしたスカートとの絶妙なバランスで、大人のかわいさを実現させましょう。

【7】レモン色×ベージュ

【7】レモン色×ベージュ
エストネーションのコート・ペリーコの靴(エストネーション)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、カットソー(VINCE 表参道店)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベルテッドのパンツとスエードパンプスをイエローでまとめて、ベージュのスエードコートに鮮度をプラス。ニットの襟元や裾から白カットソーをちらりとのぞかせて抜け感を演出するテクニックは、手軽ながら着こなしをこなれて見せる効果が絶大です。

【8】レモン色×レモン色×ベージュ

【8】レモン色×レモン色×ベージュ
ジャケット(ebure)、ノースリーブニット(エストネーション〈エストネーション〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・ブレスレット(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

明るい陽差しが心地よい日は、イエローのジャケットに挑戦する好機。ドロップショルダーのシルエットやカーキのパイピングが、ノーカラージャケットに鮮度をもたらしてくれます。繊細なラメが光るニットとクロップドパンツを、トップベージュでつなげて、ワークシーンにもふさわしい、品のよさを演出しましょう。

【9】レモン色×グレージュ

【9】レモン色×グレージュ
シルクウールのパンツ(オールウェイズ〈Mikako Nakamura〉)、ニット(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi for Theory luxe〉)、時計(フランク・ミュラー ウォッチランド東京)、バッグ(ロエベ)、靴(伊勢丹新宿店〈ペリーコ〉)

黄みが強いグレージュは、鮮やかなイエローのアイテムと好相性。装いにフレッシュさを与え、大人かわいい雰囲気がかないます。黄色のトリミングが効いたバッグを合わせてリフレインさせることで、装いにも軽やかなリズムが生まれるのです。

グレー×きれい色で格上のおしゃれ!秋冬コーデに彩りを添える3つの着こなし