大人の女性に欠かせないネイビーのニット。コートを合わせたコーデや、小物で変化をつけたコーデなど、季節ごとの着こなしをまとめました。

【目次】

春のネイビーニットコーデ


【1】ネイビーニット×ピンク

【1】ネイビーニット×ピンク
スカーフ・ピアス・ブレスレット(エルメスジャポン)、ニット(ブラミンク)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(ケリングアイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ピンクをリズミカルに重ねてつくる軽快さの際立ったパンツスタイル。90㎝四方のカレを首元にあしらえば、装いがとたんにドラマティックに変化します。エルメスのカレの記念すべき第1号の柄がグラフィカルにアップデートされた新作は、ピンクでも辛口な仕上がり。黒ニットでなく、ネイビーとの合わせにシフトすると爽やかさが高まって春らしい印象に仕上がります。

【2】ネイビーニット×イエロー

【2】ネイビーニット×イエロー
コート・ニット・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

独自の手法で防水加工を施したテクノ・スエードのアウターは、スペイン産のラムスキンを使用。極上素材を惜しみなく使っているから、若々しいフード付きも余裕が漂います。コクのあるマスタードイエロー×きりっとした白パンツ、そしてインナーは迷わずネイビーニットを! イタリア男さながらの配色センスで、鮮度の高い週末スタイルが完成します。

【3】ネイビーニット×ネイビーアウター×グリーン

【3】ネイビーニット×ネイビーアウター×グリーン
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

むだな装飾をいっさい施さず、シンプルを極めたラップコートは、アニオナの定番素材ともいうべきウールのダブルフェースで、軽やかな仕上がり。サイドスリットを深く入れているため、歩くたびに裾が翻り、春のウキウキした気分を後押ししてくれそう。鮮やかなグリーンとネイビーとの配色も爽快です。

【4】ネイビーニット×ネイビーアウター×ブルー

【4】ネイビーニット×ネイビーアウター×ブルー
ジャケット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネイビーのVニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ネックレス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ネイビー×ブルーはこの春、知的なキャリアにおすすめの配色。タイトスカートでシャープな女らしさを加味しましょう。

【5】ネイビーニット×ネイビーアウター×白ボトム

【5】ネイビーニット×ネイビーアウター×白ボトム
ストラネスのジャケット・バンフォードのニット(三喜商事)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムに合わせ、ネイビーニットをインすれば、全体に軽快さをもたらしてくれます。

【6】ネイビーニット×ネイビーアウター×白ボトム

【6】ネイビーニット×ネイビーアウター×白ボトム
靴(JIMMY CHOO)、コート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

好感度の高いネイビー×白の着こなしを、パープルの靴で外してより印象的に。

【7】ネイビーニット×トレンチ

【7】ネイビーニット×トレンチ
スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、コート(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム ホワイトレーベル〉)、バンフォードのニット・イレブンティのシャツ・パンツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアス・ブレスレット (ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ヴァシック〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シャツ+ニットのレイヤードにしなやかなベージュトレンチを合わせた上品カジュアルな着こなし。シャツの胸元を埋めるように70㎝角スカーフを配して顔周りに華やぎを添えつつ、リッチな印象に仕上げましょう。

【8】ネイビーニット×白アウター

【8】ネイビーニット×白アウター
ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは春の陽差しが透ける、極薄ウールのダブルフェース。身ごろにつながる襟は、高めに立てると華やかな表情に。春には少々重めなネイビートーンをクリアな白がワントーン明るく見せてくれます。あえて細身のスティックパンツに合わせてジャケットをゆったりとはおるのも、ボディーラインを華奢に見せるテクニックです。

【9】ネイビーニット×ツイードアウター

【9】ネイビーニット×ツイードアウター
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせは、今シーズンの最強コンビ! インナーと巻物でネイビーを取り入れれば、知的な印象も与えられます。リッチカジュアルを目指すなら、小物をメンズライクにまとめるのがこなれるコツです。

夏のネイビーニットコーデ


【1】ネイビーニット×イエロー

【1】ネイビーニット×イエロー
カーレンのスカート・アンドラ ニーンのイヤリング(エストネーション)、ニット(エイチ ビューティ&ユース<ジョンスメドレー>)、ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店<リンクス オブ ロンドン>)、バッグ(ピエール アルディ 東京<ピエール アルディ>)、靴(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店<アレクサンドル バーマン>)

マスタードイエローのプリーツスカートにネイビーのニットというコントラストをつけた色合わせがポイント。「カラースカートには白トップス」という王道配色も素敵ですが、ネイビーのような引き締め色を合わせることで、グッと洗練された雰囲気になります。快適性とおしゃれを両立させたい休日スタイルに、ぜひカラースカートを投入してみてください!

大人コーデ|キャリア女性のシーン別コーデ20選

【2】ネイビーニット×白ボトム

【2】ネイビーニット×白ボトム
カシミヤシルクのリブニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、バングル・チェーンブレスレット(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、クロコダイルハンドルのバッグ(バリー 銀座店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ネイビーのニットで顔周りを引き締める、知的な夏のオンスタイル。都会のマリンを気どりつつ、清潔感のある白スカートをコントラスト鮮やかに合わせましょう。縁どりのラインをシャープに効かせた、印象的なスカートで、すっきり、かつ華やかなシルエットに。

【3】ネイビーニット×デニム

【3】ネイビーニット×デニム
デニム『1950's701』(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイスⓇ ビンテージ クロージング〉)、ニット(ブラミンク)、ペンダント・バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(アマン〈アルテサーノ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

1950年代のグラマラスな女優の休日を彷彿とさせる『1950’s 701』。1939年に発売された、ブランド初のレディス5ポケットデニムです。華奢なウエストを強調するハイライズと、ヒップから太ももにかけてフィットするストレートなシルエットが特長。ワイドパンツの流行とともに、再び旬のボトムとして脚光を浴びています。リジッド(ノンウォッシュ)デニムならではの素朴な風合いも魅力。シンプルなニットのインスタイル、無造作なロールアップからのぞく足首の白さに野性味を帯びた女らしさが漂います。

【4】ネイビーニット×ネイビーボトム

【4】ネイビーニット×ネイビーボトム
ニット・パンツ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、ペンダント・リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

身を委ねるように、ゆったりとしたくつろぎ感が洗練された、ビッグシルエットの深Vニット。「ネイビー」の優しさと知性が、そのたたずまいをさらに美しく魅せてくれます。ネイビー1色でまとめて、シルエットもすっきりと際立たせましょう。

【5】ネイビーニット×アクセサリー

【5】ネイビーニット×アクセサリー
ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ニット・パンツ(ステラ マッカートニー ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

シンプルなアイテムを美人トップスに変身させる、小物使いに注目「ネイビー」×「ゴールドジュエリー」のおしゃれ力を味方に!シンプルで知的に映るネイビーニットは、大人の定番。けれど今日は華やぎたいという日には、物足りないことも…。そんなとき加えたいのが、ゴールドジュエリーの洗練オーラ。ゴールドの煌きらめきを重ねることで、ドキッとさせるほどの美人オーラが生まれます。ゴールドジュエリーは1点だけ身につけるより、組み合わせの相乗効果で華やぎ感やこなれ感を生むもの。だから地金の色は、1色だけでまとめるより、ミックスさせたほうが効果的です。

【6】ネイビーニット×アクセサリー

【7】ネイビーニット×アクセサリー
バングル(ブシュロン)、ニット・パンツ(エストネーション〈エストネーション〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

光を浴びるたび、少しずつデザインの異なるバングルがそれぞれのニュアンスを放ち、豊潤な輝きを生み出します。ノースリーブにストールを重ねたような進化系ニットを、ぐっとエレガントに引き立てましょう。

秋のネイビーニットコーデ


【1】ネイビーニット×カーキ

【1】ネイビーニット×カーキ
ニット(ブラミンク)、パンツ(Theory luxe)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ネックレス・バングル(TASAKI)、靴(アマン〈ペリーコ〉)

カーキの装いの幅を広げるネイビーとの色合わせが新鮮! ともにユニフォームカラーなので、知的できちんと感のある表情が手に入ります。アンバー(琥珀)が入ったような深みのあるカーキと濃紺が、こっくりと洒脱な雰囲気を醸し出し、小物でパールホワイトやアイボリーカラーを差して、上品な軽やかさを演出します。

カーキ色と組み合わせるだけ!今すぐ実践できる「最高の配色コーデ」8選

【2】ネイビーニット×ネイビーアウター×オレンジ

【2】ネイビーニット×ネイビーアウター×オレンジ
ジャケット(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、スカーフ・バッグ(グッチ ジャパン)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ネイビーのジャケットでキリリとさせつつ、オレンジ色のパンツで華やかに。トラッド調の着こなしと色味をリンクさせるように、襟元にはクラシカルなプリントスカーフを選びましょう。あえてアシンメトリーに巻くことで、ジャケットの堅さを払拭し、こなれ感が生まれます。

【3】ネイビーニット×ネイビーアウター

【3】ネイビーニット×ネイビーアウター
ブルゾン(三喜商事〈バンフォード〉)、ニット・パンツ(コロネット〈ザロウ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、TASAKI の2連に巻いたネックレス・リング・M/G TASAKIのリング(TASAKI )、バッグ(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

休日カジュアルに欠かせないデニムは、ネイビーワントーンのボトムとして活躍確実。色落ちのないノンウォッシュドタイプなら、さらにリッチに仕上がります。色のシックさに甘えて、ムートンブルゾンやバイカラーストールなど、ボーイッシュなディテールを配しても知的さはキープしましょう。

【4】ネイビーニット×ネイビーアウター

【4】ネイビーニット×ネイビーアウター
コート・ニット・パンツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)

深いネイビーのワントーンで全体をまとめた、知性あふれるグレージュ×ネイビーの着こなし。黒ではなく、ダークなネイビーだからこそ、端正なグレージュカラーのバッグと相性抜群! 上品な色のコントラストを楽しむことができるのです。暗い印象になってしまわないように、顔周りにはきれい色のスカーフを添え、華やぎもプラスしましょう。

ネイビー×グレーで優しく知的な印象に!大人の女の理想形スタイル6選

【5】ネイビーニット×ジレ

【5】ネイビーニット×ジレ
ファーポケット付きアルパカウールのロングジレ(キートン)、タートルニット(三崎商事〈マロ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、バングル(ベルシオラ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)

体の芯から温めてくれるようなアルパカ混のロングジレは、アクセントの大きなポケットのムートンファーがふんわりとしてかわいらしい印象に。ジレはロング丈でも、Iラインでほっそりとして見えるものをチョイスしましょう。歩くたびに揺らめくワイドパンツを合わせることで、新鮮かつエレガントな「ロング&リーン」の完成です。洗練されたネイビーのワントーンには、白いバッグをすっきりと効かせて仕上げます。

上品でかっこいい、秋の「理想のコーデ」7選【レディース】【大人コーデ】【女性の服装】

冬のネイビーニットコーデ


【1】ネイビーニット×チュールスカート

【1】ネイビーニット×チュールスカート
ニット・スカート・ブーツ・リング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

光の雫で彩ったような月が編み込まれたネイビーブルーのニットに、同じくネイビーのチュールスカートを。幾重にも重なったスカートは動くたびにニュアンスが深まって、ドラマティックな美しさを演出してくれます。

【2】ネイビーニット×アクセサリー

【2】ネイビーニット×アクセサリー
時計・イヤリング・リング(ピアジェ)、ニット(アオイ〈ポール カ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

カーネリアンの文字盤を、ダイヤモンドがぐるりと取り巻くウォッチ。気負いなくニットに合わせて、ラグジュアリーを習慣にした大人の余裕を表現しましょう。

【3】ネイビーニット×白ボトム×ニットストール

【3】ネイビーニット×白ボトム×ニットストール
ジャケット(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈アンドレ マウリーチェ〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

イタリア紳士が愛するストールの「ミラノ巻き」で、知的な印象。表と裏で濃淡がついたブルーのストールを合わせ、顔周りの表情を豊かに演出しましょう。

【4】ネイビーニット×グレーボトム×ニットストール

【4】ネイビーニット×グレーボトム×ニットストール
コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ(エンフォルド)ジョンストンズのストール・グローブ・ホーマーズの靴(プレインピープル丸の内)、バッグ(レキップ)、トランク(リモワ サービス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ラビットファーのジレをまとい、リッチな温もりを。グレー&ネイビーの2色使いのストールは、シンプルに巻くだけで、カジュアルに磨きがかかります。

【5】ネイビーニット×黒ボトム×ファースヌード

【5】ネイビーニット×黒ボトム×ファースヌード
ジャケット(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、スヌード(コロネット〈アバティ〉)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ハリウッド女優をお手本に、ネイビーのスヌードを取り入れて、ジャケットスタイルを小粋にアップデート。

【6】ネイビーニット×デニム×ファージレ

【6】ネイビーニット×デニム×ファージレ
ジレ(ストラスブルゴ〈マンツォーニ〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ピアス・ペンダント・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

アンゴラファーのジレを主役にしたリッチカジュアル。濃紺のカシミヤシルクニットとインディゴデニムは、色でグレージュを引き締めるのはもちろん、タイトなシルエットに仕上げると、ジレのボリューム感が際立ちリュクスな雰囲気が高まります。

【7】ネイビーニット×グレーボトム×ファージレ

【7】ネイビーニット×グレーボトム×ファージレ
ジレ・ニット・パンツ・バッグ(ロロ・ピアーナ ジャパン)、時計・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

「メリハリ配色でもやわらかく、優しい印象に仕上げたい…」。そんな人におすすめなのが、光沢のある艶やかなネイビーと、明るいライトグレージュの色合わせです。上品なネイビーのジレは、最高級のチンチラファー素材ののもの。リラックスした着こなしに一点投入するだけで、凛とした存在感が漂います。

ネイビー×グレーで優しく知的な印象に!大人の女の理想形スタイル6選

【8】ネイビーニット××ブルーボトム×ファーコート

【8】ネイビーニット××ブルーボトム×ファーコート
ファビオ ガヴァッジのファーコート・マルセル セラフィーヌのバッグ(ADORE 六本木ヒルズ店)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

澄みきった冬空にも似たライトブルーで、おしゃれを活性化。ネイビーを合わせ、濃淡ブルーでまとめることで、こんなにも爽快な印象になります。パンツルックの日こそ、上質なミンクファーのジャケットで、休日カジュアルをラグジュアリーに仕上げましょう。

【9】ネイビーニット×ネイビーボトム×ファーコート

【9】ネイビーニット×ネイビーボトム×ファーコート
スカート(アオイ〈マントゥ〉)、コート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、バングル・ブレスレット(ザ・ショーケース GINZA SIX店〈シェイスビー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートはシルク混の艶やかな素材感。足さばきのよいラップタイプのデザイン。ボトムスがコンパクトなシルエットだから、トップスにはボリュームのあるファーコートでリッチ感をプラス。ニットとタイツも深いネイビーを合わせ、全身をつなげるのが美しく着こなす秘訣です。