「どんな髪型にしても、なぜか顔が縦長に見えてしまう」。そんな悩みを抱えていませんか? 特に40代以降は、全体的にボリュームが出にくく、サイドの髪がストンと落ちがち。これでは面長顔をより強調させ、見た目の印象もさみしく疲れた印象になってしまいます。

美容院「MAGNOLiA Aoyama」店長のSHINさんに解決方法を聞くと、「顔の印象を〝縦〟からバランスのいい〝卵型〟に見せるためには、髪全体のボリューム感が必要」と言います。

「髪に厚みを残すことで、豊かな毛量と毛束によってつくり出されるツヤをキープ。顔周りの余分な毛量だけを削って、軽さと空気感を与えています。ボリュームの中に軽さをプラスすることで、小顔効果や若々しい印象へ導きます」(SHINさん)。

〝疲れたおばさん〟から〝華やかな美女〟へ! そのポイントは「髪全体の豊かなボリューム感」と「顔周りで動く軽い毛束」。それではSHINさんが提案するお手本スタイルを見てみましょう。

■髪型:ふんわり優雅な「高めトップ」と顔周りの「毛流れ」でグッと明るい表情に

面長顔のミディアムヘア代表:三浦いづみさん(41歳/フルート講師)の場合

完成
サイド
バック

三浦さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★

長さは鎖骨下くらいのワンレングス。シルエットを菱形にして面長顔を卵型に見せる手もありますが、毛先の毛量がスカスカになると、さみしい印象に拍車がかかってしまいます。

「余計な毛量は取りつつも厚みをキープし、顔周りとハチ上の表面にだけレイヤーを入れて、少しだけくびれたフォルムになるようカットしています。前髪は短く切っていますが、レイヤーを入れたフロントの髪をふわっと前にかぶせることで、ダブルバングに。ボリューム感とツヤがグッと増します」(SHINさん)

■スタイリング:顔周りの空気感とフロントのツヤ感を重視!

「面長顔の場合、とくに顔まわりやこめかみの位置の髪をどう扱うか、が重要です。レイヤーが入った生え際の髪をドライヤーで立ち上げると、サイドに空気感が生まれ、目線を縦から横に向けることができます。顔周りもスッキリ明るい印象に」(SHINさん)

スタイリング前

■1:ドライヤーでこめかみの髪を立ち上げる

こめかみの髪を後ろに引っ張りながら根元にドライヤーを当ててクセ付ける。

■2:頭頂部の髪にドライヤーを当てて根元から立ち上げる

頭頂部の毛束は500円玉分くらいを前に持ってきて根元にドライヤーを当てる。後部から熱を当てるのがコツ。いつもの分け目から5ミリくらいズラして反発させると根元がよく立ちます。

■3:ハチまわりの表面だけストレートアイロンでツヤを出す

ハチ上の表面の髪をざっくりと取って、毛束の中間からストレートアイロンを当てる。熱を加えることで髪にツヤとまとまりが出る。

■4: ワックスを毛先にもみ込む

パール粒ひと粒大のワンクスを両手のひらになじませて、毛先の内側からもみ込む。このひと手間で毛束にまとまりと動きが出ます。

〈面長顔ミディアムヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. こめかみ部分の髪をドライヤーでしっかりと後ろに流す
  2. 頭頂部の髪を前髪にかぶせてボリュームアップ!
  3. 髪の表面にツヤを与えて老け見えを回避!

「髪全体を乾かすときは、ボリュームを抑えるように乾かし、頭頂部とこめかみだけを立たせるようにドライしてください。すると、髪全体にメリハリと立体感が生まれ卵型に近いシルエットに。顔周りに動きが出て、華やかな印象になります」(SHINさん)

MAGNOLiA Aoyama店・店長のSHINさん。観葉植物が大好きだというSHINさん。「家は植物だらけです(笑)。植物の部屋もあるくらい愛しています!」

問い合わせ先

  • MAGNOLiA Aoyama
  • 住所/東京都港区南青山4‐24‐8 アットホームスクエアBF
  • TEL:03-5774-0170
  • 営業時間:水・木 11:00~21:00/金 13:00~22:00/土・月 10:00~20:00/日・祝 10:00~19:00
  • 定休日:火曜・不定休
丁寧なカウンセリングで複雑に絡み合う40代の髪悩みを解決。業界トップレベルのパーマ技術は試す価値大。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑