今年注目される秋のデニムコーデをご紹介。秋におすすめの大人の女性のデニムコーデをピックアップしました。

【目次】

黒デニムを使ったコーデ


【1】ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカムの黒デニム×白シャツ

アクセサリー効果抜群!秋色を集めたバッグで大人カジュアルを更新
ブラウス・デニム(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、バングル(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シャルロット シェネ〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ『アルファ クロス ボディ』※ストラップ付き(ピエールアルディ 東京)  撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

白シャツ+デニムに深みのある配色バッグを投入。着心地は涼しく、印象は秋…と賢くおしゃれを楽しみましょう。

【2】レッドカードの黒デニム×黒ジャケット

ビッグシルエットに細身の黒デニムでボーイッシュな味わいを
ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

クラシックモダンな黒ジャケットには、カジュアルなオンスタイルが似合います。きれいめデニムと男靴で辛口に。パールネックレスと巾着バッグの白で愛らしさを投入して、大人の甘辛ミックスに。

スキニーデニムを使ったコーデ


【1】ラグ & ボーンの黒スキニーデニム×ベージュニット

スキニーデニムとポインテッドトウの靴で下半身はすっきりと
ニット(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、デニム(ラグ & ボーン 表参道〈ラグ & ボーン/JEAN〉)、バングル・リング・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ドゥロワー 青山店〈パコ ラバンヌ〉)、靴(ビームス ハウス 丸の内〈チェンバー〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

アシンメトリーなワザありデザインにモードな個性が光る、ロング丈のシルクカシミヤニット。スキニーのブラックデニムを合わせて、フィット&フレアーなシルエットでスマートに着こなしましょう。

【2】レッドカードのスキニーデニム×ベージュニット

リラックス感のあるトラッドカジュアルに鮮度をもたらす、愛らしい筒型バッグ
ニット・Tシャツ(VINCE 表参道店)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(バリー 銀座店)、バッグ(テアトル アッシュ・ペー・フランス〈デルフィーヌ・ドゥラフォン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カシミヤニットとスキニーデニムで着こなしをシンプルにしたぶん、バケツ型バッグで旬のエッセンスを。シンプルなデザインながら、ワイドショルダーや大きなゴールド金具にセンスのよさが凝縮されています。

大人のためのデニムコーデ


【1】サージのデニム×ベージュコート

カジュアルに上品さを授けるグレージュ効果で、デニムスタイルをきれいめに
コート(クルチアーニ銀座店〈クルチアーニ〉)、カットソー(コロネット〈エアロン〉)、デニム(showroom SESSION〈サージ〉)、帽子(ADORE〈スーパードゥーパーハッツ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

インディゴの深いブルーのデニムとともに、重みのあるチョコレートブラウンでまとめた小物使いが、グレージュの着こなしにリッチなコントラストを生み出してくれます。

【2】シヴィリアのデニム×ネイビーのコート

白×ネイビーの色合わせが優しい知性を物語って
クルチアーニのカシミヤTシャツ・ザ ハイアリンのコート・シヴィリアのデニム・スザンヌ カランのピアス・リング・スティーブン デュエックのリング(ストラスブルゴ)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

繊細なホワイトカラーのカシミヤTシャツは、とびきり贅沢なリラックス感を運んでくれるもの。さらりとはおったネイビーのコートが、カシミヤのナチュラルな美しさを引き出してくれます。ボトムスはさり気なくデニムをはくのが◎です。

【3】ヴァレンティノのデニム×グレーニット

攻めの姿勢で選ぶ、ひねりをきかせた個性派のカシミア&ファー
ヴァレンティノのニット・デニム・ヴァレンティノ ガラヴァーニのファーバッグ(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

カシミヤニットは両サイドにゴールドトーンのロックスタッズをあしらったデザイン。上品なブラウンに色鮮やかなマルチボーダー柄が際立つミンクファーバッグとともに、モードなラグジュアリーを極めましょう。カシミヤニットには定番のデニムを合わせて、シック&カジュアルに。

【4】フェンディのデニム×黒ニット

ロゴブーム再来?心弾む休日を約束するカジュアルスタイル
プルオーバー・デニム(フェンディ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

どこか懐かしさを感じさせるロゴトップスが、この秋はトレンドに急浮上しています。カジュアルすぎ? と思いがちだけど、イエロー×白のエンブロイダリーでロゴの入ったこんな黒ニットなら、大人も臆せず楽しめる予感。ブラックデニムに合わせ、ヘルシー&アクティブな休日を満喫しましょう。

デニム×ジャケットのコーデ


【1】ザ ロウのデニム×黒ラムスキンジャケット

合わせしだいで、きちんともカジュアルも自在にかなう
ラムスキンのジャケット タンクトップ・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・リング(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈ハム〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ここではおっていたのがニットアウターだったら…この洗練感は生まれなかったはず。カットソー×デニムというおなじみの合わせも今どきに導くのが、レザーアウターの実力です。袖口を開け、素肌をのぞかせてラフさを加味すると、デニムのカジュアル感とちょうどいいバランスに仕上がります。

【2】デニム×黒ジャケット

手に持つアクセサリー、そんな表現がぴったり!
バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ビジュー付きでもポップな遊び心があるのが魅力のミニバッグ。だからこそ夜よりも昼のイメージで、誰もが愛するデニムスタイルに合わせてデイリースタイルを更新しましょう!

【3】カレント エリオットのデニム×黒ジャケット

デニムスタイルもゴージャスなジャケットで女らしさと抜け感を演出
ジャケット(アオイ〈マントゥ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈J.M WESTON〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた王道のデザインです。大人のデニムスタイルに格をもたらすスモーキングジャケットには、シルバーなどのクールな輝きを添えれば、華やいだ場にふさわしいスタイルが完成します。