他のスポーツに比べてラグビーの世界大会の開催が遅くなったのは、「プレーすることによって報酬を得てはならない」というアマチュア規定を長らく守っていたからだ。

世界中の観客を熱狂させるワントライ

ラグビーの醍醐味はスピーディーなスタイルだ!

昭和9年、全オーストラリア学生代表が来日し、日本代表との試合後のカット。試合後は両チームがグラウンドで手をつなぎエールを交換しあうのが、ルーティンだった。まさにノーサイドの風景。

ラグビーでお金をかせぐプロ選手が認められるようになったのは、1995年から。それまでのラグビー選手はRWCに出場する一流選手でも、別に仕事を持っていた。

ラグビーには各国が交流する伝統の定期戦が多く、プロではないので世界大会をしようという発想がなかなか生まれにくかったのだ。RWC1987で初代王者に輝いたのは、ニュージーランド代表だった。そのユニフォームの色から「オールブラックス」と称されるこのチームは、100年を超えるラグビーの国際交流史のなかで、すべての国に勝ち越しており、文字通り「最強」だ。

人口が約480万人という小さな国だが、ラグビーはとびぬけた№1スポーツ。イギリスからの移民と運動能力の高い先住民族のマオリ族の血を引く選手たち、そして、南太平洋のサモア、トンガ、フィジーから移住した選手が融合した独自のプレースタイルを築いていった。

オールブラックスはその後、RWCの優勝には縁がなかったが、2011年、2015年大会で優勝し、2019年、日本で開催される第9回大会で三連覇を目指している。

2019年大会の優勝候補は、この他、イングランド、アイルランド、オーストラリアあたりで、南アフリカ、アルゼンチン、フランス、ウエールズ、スコットランドも実力がある。日本代表は体格が小さいこともあって強豪国に勝てない時代が長かった。体重制限のないラグビーでは体の大きなチームが圧倒的に有利だ。

それでも組織プレーを磨き、2015年大会で優勝候補の一角だった南アフリカ代表に勝って世界を驚かせた。現在の世界ランキングは11位(2018年8月現在)で、アジアでは№1の実力を誇り、2019年大会で史上初の決勝トーナメント進出に向けて強化を進めている。その日本代表には、キャプテンのリーチ・マイケルはじめ海外出身選手が多い。

ラグビーは世界共通のルールとして国代表選手の国籍を問わない。祖父母、両親、本人がその国で生まれているか、代表に選ばれる直前の3年間その国に住んでいれば代表入りの資格がある。リーチはニュージーランド人の父と、フィジー人の母の間に生まれたが、15歳から日本に住んでいる。つまり、日本代表は日本人の代表ではなく、日本でプレーしているラグビー仲間の代表なのだ。

国籍、人種、民族の壁を越えて一丸となって闘う姿は感動的である。

2019年のラグビーワールドカップには世界各地から20チームが参加する。すべてのチーム、選手が4年に一度の世界一決定戦に照準を合わせ、固い結束力で戦う。世界最強、最速のラグビーを間近で感じるチャンスだ。楽しまなければ、もったいない!

<出典>
日本ラグビー応援ムック『80min.』
ラグビーワールドカップの開催を来年に控え、日本国内だけでなく世界から注目されている「ジャパンラグビー トップリーグ」。日の丸を背負って戦う、日本代表候補を始め、国内最高峰リーグでプレーする選手たちを通じて、ラグビーの魅力を余すところなく伝えるべく『80min.(エイティ・ミニッツ)』を立ち上げた。2019年9月20日から開催される世界三大スポーツのひとつ、ラグビーワールドカップを大いに盛り上げようではないか!
2018年8月29日発売 ¥1,000(税別)

関連記事

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
日本ラグビー応援ムック 80min.より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
宮澤正明
WRITING :
村上晃一
TAGS: