眉が美しく描けると評判!Precious10月号の付録「美眉テンプレート」を実際に使ってみました

Precious10月号の付録「美眉テンプレート」

9月7日発売のPrecious10月号には、誰にでも簡単に美しい眉がつくれる「美眉テンプレート」が1枚、付いています。美眉師と言われている、ヘア&メイクアップアーティストの尾花ケイコさんがプロデュースした、2種類の「美眉テンプレート」。

市場に出ている眉テンプレートは、片眉ずつ描く用のものが多いですが、今回の美眉テンプレートは、眉と眉の間「眉間」に注目。加齢によるたるみによって、眉位置はそれぞれ外側に垂れてゆくため、眉と眉の間が開いてきてしまうのですが、これを放置しておくと、ぼんやりとした顔立ちになってしまいます。

そう、眉だけではだめなのです。重要なのはその「位置」。その「眉間」を補正するためにも、「片眉ずつ、じゃだめ。両眉に合うテンプレートが必要なの!」という、Preciousスタッフと尾花ケイコさんの熱い想いが詰まった、両眉用テンプレートが完成しました。

NaturalとDress upの2種類のテンプレートが付いた別冊付録です。

本テンプレートには、日常に使える「Natural」タイプと、パーティなどに使える「Dress Up」タイプの2種類が付いています。

美眉テンプレート「Natural」はこう使う!を動画で解説

 

今回は、この「Natural」タイプを、Precious.jpスタッフが実際に使ってみました。

【Before】美眉テンプレートを使用する前

WebディレクターA、普段の眉メイクは左右非対称になりがちなのがお悩みです。これはBeforeの状態

「Natural」テンプレートを眉に合わせます

テンプレートを使うときのポイントは、鼻筋に縦の点線、眉頭の底辺を横の点線に合わせること。ずれないように、医療用テープでおでこにテンプレートを貼ります。

テンプレートをつけるときのポイントは、縦の点線は鼻筋に合わせ、横の点線は眉頭の底辺にしっかり固定することです。

アイブロウペンシルを使い、テンプレートに沿って眉の輪郭を描いてみます。眉頭の中央の底辺から、眉尻に向かって軽いタッチでスッスッと描きます。何度か往復します。眉の上辺はガイドラインの端がスタート。眉頭部分は描かないのがポイントです。

輪郭を描いた後はテンプレートを取り、毛スクリューブラシで輪郭をぼかしながら自然な眉をつくります。毛が薄く、隙間が目立つ場合は、アイブロウペンシルやパウダーで描きたして、毛の流れに逆らうように眉マスカラをつけていきます。

最後に、眉頭は縦につけることで、毛を立たせてフサフサのボリューム感を出すことができました。

【After】眉の形が左右対称に! ボリューム感もしっかりUP

上)Before 下)After

眉の形が左右対象になって、美しい大人の太眉が完成しました。

「今まで片方ずつの眉のテンプレートしか使ったことがなかったので、一度にバランスの取れた眉が完成するところも便利だなと思いました。眉のお手入れにも使えると聞いたので、お手入れの時にも使ってみたいと思います」(WebディレクターA)

利き手の方で描く眉は上手に描けても、利き手ではない方で描く眉が上手にできないという方も少なくないと思います。このテンプレートがあれば、左右対称な眉が描けるだけでなく、絶妙な両眉の間隔を保つこともできるので、パーフェクトな眉メイクを実現できるのです。

美眉テンプレート「Dress UP」はこう使う!を動画で解説

 

多忙なキャリア女性が自信をもって、美しい眉を保っていられるように…お仕事用にも、パーティー用にも、是非この美眉テンプレートをご活用いただければ幸いです。

 

<出典>
「Precious10月号」好評発売中!
【内容紹介】100年愛せるベーシック/2か月コーディネート/エルメスのスカーフでコーディネート/仕事ワンピース/名品デニム/目力メイク/別冊付録:TASAKIブック、理想の美眉ブック
2018年9月7日発売 920円(税込)

関連記事

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.9.12 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。