コーデュロイは重量感のある見た目が特徴なので、足元はズバリ軽快感が出せるスニーカーを合わせるのが正解だ。かつコーデュロイのトーンに合わせた色選びがベスト。茶系なら暖色系を、黒系なら寒色系のスニーカーが合わせやすいだろう。とはいえスニーカー自体はカジュアルなので、なるべくインナーやパンツは大人らしいアイテムをセレクトしよう。コーディネートの1例を紹介する。

2018年秋冬のトレンド「コーデュロイジャケット」を使った最旬コーデ

「ザ・ジジ」の艶感際立つコーデュロイジャケット

ジャケット¥118,000(アスティーレ ハウス〈ザ・ジジ〉)※実際の商品はボタンが水牛ボタンに変更。

「ザ・ジジ」のジャケットは、コーデュロイ生地の上にチェック柄のプリントを施し、後染めを行なったボルドーカラーが色気のある1着だ。微光沢の生地感と大胆なチェックが大人らしい遊び心を効かせている。

全体をキレイめアイテムで引き締めることで全体の魅力が引き立つ

ジャケットは上と同じ・ニット¥32,000(アスティーレ ハウス〈アルテア〉)、パンツ¥30,000(シップス 銀座店〈サウスウィック〉)、スカーフ¥5,800(デイビッズ クロージング〈ヴィンテージ〉)、スニーカー¥6,500(コンバースインフォメーションセンター)

トーンを合わせたタートルニットにクリースの入ったパンツといったキレイめアイテムを合わせることで、コーデュロイの素材感を際立たせよう。ジャケットのVゾーンに程よく収まるショート丈のヴィンテージスカーフでアレンジを加えれば、足元にスニーカーを合わせても子どもっぽくならず、大人らしくまとまる。さりげなくスカーフやジャケットに、スニーカーと同じ赤が入っているのもポイントだ。

以上、コーデュロイジャケットとスニーカーのコーディネートを紹介した。カジュアルなアイテムを取り入れすぎるとチグハグになるので、すっきりとした大人らしいコーディネートを心がけよう。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊