トレンドカラーといっても、ジャケットやコートなどのアウターにオレンジを持ってくるのは流石に勇気がいるだろう。それなら、インに合わせるアイテムや足元に持ってくるのが定石だ。大胆に見せてもいいし、チラッとさりげなく見せてもいい。今回は、オレンジを取り入れた大人の着こなしを紹介する。

大胆なオレンジ使いで、他人の視線を釘付けに!

ウールカシミアが贅沢なスローンのニット

ニット¥29,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈スローン〉)

ミドルゲージのタートルニットなら、ニットを主役にしたコーディネートとしても使えるし、アウターの中に挿し色として使うのも良い。ウールカシミアのふんわりとした肌触りが病みつきになる一押しアイテムだ。

無骨なライダースジャケットでコーディネートを引き締めるのがコツ

ニットは上と同じ・ライダースジャケット¥148,000(チンクワンタ)、パンツ¥39,000(PT JAPAN〈PT01 フォワード〉)、スニーカー¥7,000(コンバースインフォメーションセンター)

オレンジアイテムには、アウターに無骨なライダースを合わせるのが正解だ。ニットの緩やかなシルエットや、オレンジを映えさせるためには、テンションが真逆のアイテムを合わせることで、メリハリが効いたコーディネートになる。デニムやウールパンツなどもあうが、せっかくならパンツにもオレンジが入ったトレンド感のある太めのパンツでオシャレを楽しもう。

以上、オレンジのニット&スニーカーを使ったコーディネートを紹介した。たまには大胆な色使いをすることもファッションの楽しさの一つ。一見派手に見えてしまうオレンジも、取り入れてみれば意外にもすんなりと似合うもの。ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊