ジャケットの中でも、「ブレザー」は背筋が伸びるようなちゃんとしたジャケットだ。カジュアルに着るといってもある程度キレイめに合わせるのがいいだろう。ならば、白のキャンバススニーカーが打ってつけだ。下手に色物を入れるよりも断然大人らしく品良く仕上がる。

白スニーカーでつくるキレイめカジュアルコーディネート

キャンバススニーカーと相性のいいブレザー

ジャケット¥76,000(ビームス ハウス 丸の内〈ビームスF〉)

定番のネイビーブレザーは、程よくシェイプされたウエスト周りでスッキリとしたシルエットだ。アメリカントラッドなアイテムにチェンジポケットを配して英国ディテールを盛り込み、現代的なブレザーに仕上げている。

白のキャンバススニーカーで清潔感UP

ジャケットは同じ・ニット¥31,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ¥30,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス® ビンテージ クロージング〉)、ストール¥25,000(ビームス ハウス 丸の内〈ピアチェンツァ〉)、チーフ¥6,400(シップス 銀座店〈ロバート キート〉)、スニーカー¥5,800(コンバースインフォメーションセンター)

キレイめに合わせるなら、タートルニットがオススメだ。首元の肌が露出しないだけで、品良く見せることができる。ビビッドな赤を挿し、ジャケットとのコントラストを楽しみたい。キャンバススニーカーとの相性抜群なリジッドデニムで適度にドレスダウンを。なんでニットが赤なんだって?実は、スニーカーの赤いラインを意識してたりして(笑)。

以上、ブレザーと白のキャンバススニーカーを使ったコーディネートを紹介した。今回紹介したようなカジュアルな着こなしも、もちろんタイドアップでも活躍できるブレザー。カジュアルに着たことがない方も、購入を検討しているという方も、ぜひ一度こちらのコーディネートを参考にしてみてはいかがだろうか。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊