白パンといっても、秋冬に穿くならコットンではなく起毛感のあるコーデュロイがいい。優しい印象も与えられるし、何より暖かい。足元には革靴やブーツといったアイテムが王道な合わせだが、せっかくならスポーティーでトレンド感のある穿きこなしで、オシャレに見せてみてはどうだろうか。今回は、白パンとベージュスニーカーのコーディネートを紹介する。

白パンツとベージュスニーカーで上品な大人のカジュアルコーデ

秋冬の白パンは断然コーデュロイ!

パンツ¥29,000(ビームス ハウス 丸の内〈ベルナール ザンス〉)

定番の白パンでもコーデュロイ素材を用いた秋冬らしい白パンなら、温かみのある落ち着いた印象に早変わり。一見するとコーディネートには難しそうな1着だが、ジャケット、ブルゾン、Gジャンなど、どんなアウターにも合う優れもの。コーデュロイが持つほっこりとした素材感が、大人の男性を演出してくれる。また、ストレッチ性に優れているので穿いてて楽なところもポイント高し!

全体のトーンを落ち着かせ、白パンを馴染ませるのが大人の着こなし

パンツは上と同じ・ブルゾン¥149,000(八木通商〈ヴァルスター〉)、ニット¥30,000(スリードッツ青山店)、スカーフ¥9,800〈エレディ キャリーニ〉・グローブ¥13,000〈カリディ〉(ビームス ハウス 丸の内)、ソックス¥3,700(真下商事〈スコット ニコル〉)、スニーカー¥6,000(コンバースインフォメーションセンター)

派手な色を着ると白パンとのコントラストが強すぎるので、全体のトーンは落ち着かせるのがコツ。コーデュロイパンツに合わせ、スエードブルゾンやニットなど、全体を起毛感のある素材で揃えると品良く落ち着いた印象になる。

以上、白パンとベージュスニーカーのコーディネートを紹介した。秋冬に穿く白は、デニムでもコットンパンツでもなく、ほっこりとしたコーデュロイが断然狙い目だ。白パン好きな人たちだけでなく、白パン初心者でも取り入れやすいコーディネートなので、ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊