コーディネートに悩むのがベルベットジャケットだろう。この独特な素材感は正直手に余るものがあると思うだろうがそんなことはない。ディナーやちょっとおしゃれなレストランなどに出かける際に最高のパフォーマンスを発揮するのがベルベットジャケットである。ドレスシューズやスニーカーなどドレスコードに合わせたコーディネートが簡単にできるのだ。まずは誰でも真似できるカジュアルな着こなしを紹介するので参考にされたし!

肩ひじ張らないセミフォーマルの入門コーデ

最低1着は抑えておくべき「ボリオリ」のベルベットジャケット

ジャケット¥103,000(ボリオリ 東京店)

2018年秋冬のトレンドアイテムであるコーデュロイと並び、起毛系素材として注目株の生地がドレッシーなベルベットだ。パーティなどの華やかなシチュエーションで使うイメージが強いが、今季はカジュアルな装いの提案も多い。コーデュロイに比べ、畝が無い分アクが弱まりシンプルになる。ネイビーならコーディネートもしやすく、派手になりにくいので初心者にオススメだ。

シンプルな装いで簡単にドレスアップ!

ジャケットは上と同じ・シャツ¥35,000(アマン〈フィナモレ〉)、パンツ¥48,000(エストネーション〈ロータ〉)、タイ¥14,000(ビームス ハウス 丸の内〈ジョンコンフォート〉)、チーフ¥6,900(シップス 銀座店〈フィオリオ〉)、スニーカー¥5,800(コンバースインフォメーションセンター)

合わせるアイテムはシャツ・スラックス・ネクタイと、いたってドレスなアイテムだが、ポイントは柄とスニーカー。無地のアイテムはドレス感が強いので、ネクタイにクレスト柄やパンツにグレンチェックなど、適度に柄物を入れるのがコツだ。足元は、ドレス靴の黒の代わりに黒のキャンバススニーカーを取り入れることで、ドレスダウンが可能になる。

以上、ベルベットジャケットと黒キャンバススニーカーのコーディネートを紹介した。ミスマッチな組み合わせに見えるが、意外にも好相性な組み合わせ。タイドアップ以外にも、ハイゲージのタートルネックニットがコーディネートしやすいアイテムなので、ぜひ一度チャレンジして頂きたい。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊