ジャケパンコーデで重要なのはシンプルであること。差し色や派手な装飾は不要である。職場の働き改革でドレスコードがカジュアルになり、服装にもある程度の自由がでてきたが、スーツとは違い着こなしに正解はない。だからこそ難しいジャケパンコーデである。そこで提案したいのが黒系のグラデーションだ。

同色カラーでまとめることでできるシンプルで上品なコーデ

無地のウールパンツがコーデのポイント!

パンツ¥36,000(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)

定番であるウールのグレースラックスは、ビジネスにはもちろん、キレイめなカジュアルスタイルにも使える万能アイテム。カジュアルの定番であるからこそ、シルエットやつくりにこだわりたいところ。だったらインコテックスのノータックパンツはどうだろうか。適度なテーパードシルエットでドレス靴もスニーカーも合わせやすい。

ワンポイントで柄ジャケットを入れることで完成する

パンツは上と同じ、ジャケット¥198,000(エストネーション〈ベルヴェスト〉)、ニット¥20,000(ビームス ハウス 丸の内〈ビームスF〉)、眼鏡¥72,000(グローブスペックス エージェント〈ザ・スペクタクル〉)、スニーカー¥9,500(コンバースインフォメーションセンター)

カラーグラデーションは意識しつつも全てのアイテムを無地にするのはNGである。ジャケットやシャツどれでもいいので、上半身に柄物を取り入れることがポイントである。そうすることでコーディネートにメリハリがつくのだ。

以上、シンプルなジャケパンコーデを紹介した。日々のコーディネートにお悩みの方は是非こちらを参考にしていただきたい。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊