ラグジュアリーな癒しの時間を提供してくれる「アマン スキンケアコレクション」が誕生

世界のラグジュアリーホテルの代名詞でもある「アマン」から、アマンリゾートおよびホテルからインスパイアされ、開発された「アマン スキンケアコレクション」が発売されます。

隈 研吾さんがパッケージデザインを手がけた「アマン スキンケアコレクション」

日常の喧騒から解き放ち、静寂でゆったりとした極上の時間を提供してくれる「アマンリゾート」。その非日常的な空間で過ごす時間は、私たちの心と身体にこの上ない安らぎを与えてくれます。

自然界より収穫・抽出された貴重な天然成分を使用したコレクションは、アマンを訪れたとき同様の極上の癒し時間を、私たちにもたらしてくれます。

アマンが佇む場所からインスピレーションを得て、厳選した天然素材を使用したプロダクトは、アマン創業30周年を記念すべく、全30種類で展開されます。フェイスクリーム、セラム、マスク、ボディバター、バスソルト、スクラブ&ソークなど…自宅がまるで極上のスパに変貌してしまいそう。

スキンケアに関わるほとんどすべてのアイテムがそろう、幅広いラインナップなのです(価格帯は¥11,200〜26,000/※税抜)。

その地域との関わりや、その土地の文化を尊重するアマンだからこそ叶った、砂漠や熱帯雨林、ラグーンや大海原…。本コレクションは、アマンリゾートが存在する、自然豊かな景観を反映した、3つのプロダクトラインが軸となっています。

「アマン スキンケアコレクション」の3つのプロダクトライン

「アマン スキンケアコレクション」は、魂と身体の両方に働きかけるよう、ホリスティック(包括的)にデザインされており、日々の洗浄の枠を超越したスキンケアにより、静寂と平和、そして精神の若返りをもたらしてくれます。

下記でご紹介する3つのプロダクトラインは、単品でも重ねての使用でも、鎮静作用やアンチエイジング効果は変わりません。

また、年齢や性別、肌のタイプを問うことなく使用できます。それぞれに、フェイスクリーム、セラム、マスク、ボディバター、バスソルト、バスミルク、スクラブ&ソーク、フェイスミストなどがそろいます。

■1:グラウンディング(山々と砂漠)

現代のせわしない生活に、水分と癒しを与え、安心感と自身をもたらしてくれるライン。乾燥した肌や髪を潤し、疲労や時差ぼけ、緊張をほぐし、不安感や不安定な気分の解消をサポート。

現代のせわしない生活に安らぎと潤いを与え、安心感と自信をもたらす「グラウンディング」ライン。

脳波をリラックスさせ、不安とストレスの緩和に効果的なアンバーオイルを配合。サンダルウッドの香りが、神経を落ち着かせてくれます。ほかに、ローズ、マカ、シルバー、アメジストが含まれます。

■2:ピュリファイング(海と海洋)

デトックスと精神のクレンジングに効果的な、パワフルなライン。活気と心身の安定を促し不安を取り除き、身体に活気を与えてくれます。肌のくすみやむくみ、エネルギーの低下、疲労感、頭痛・偏頭痛、身体のだるさや重さを感じるときにおすすめ。

デトックス&クレンジング効果のある「ピュリファイリング」ライン。肌のむくみやエネルギーの低下などを感じるときに。

アンチエイジングと精神のクレンジングを導くための素材を厳選。主成分には、パロサント、海藻、サンダルウッド、ジュニパーベリー、ローズゼラニウム、生ハチミツ、パール、クォーツ、アルガン幹細胞が含まれます。

■3:ナリッシング(自然、森林、野生の緑)

喜びと心の安らぎを促すことに着目したライン。肌になじみやすく、輝きや潤いをもたらします。輝きを失った肌やエイジングサイン、不安感や慢性疲労に対するトリートメントをはじめ、断絶感や悲しみ、不安感の解消を求めるときに効果的。

喜びと心の安らぎを促し、肌に輝きや潤いをもたらす「ナリッシング」ライン。エイジングにも効果を発揮。

ジャスミン幹細胞、サンダルウッド、ビタミンB12、ロイヤルゼリー、ジェイド、シルク、ゴールドなど、再生を促し、精神を高揚させ、喜びをもたらす活性成分をふんだんに配合。

アマンの精神を具現化したボトルにも注目!

日本の陶磁器の美しさを新たなイメージで創り上げた独創的で美しいフォルムのボトル。

アマンという魅惑のリゾートが醸し出す“センス オブ プレイス”と、アマンがこだわる建築への美学同様に、目を惹くコレクションのボトルデザインは、世界的に有名な建築家・隈 研吾氏が手掛けたもの。

アマンの精神を具現化して、ブランドのルーツである東洋の文化を融合させた日本の陶磁器を再解釈した、人や生物を思わせる美しいフォルムが特徴です。

「アマン スキンケアコレクション」で、地球のもつ自然のパワーをチャージして、自分のエネルギーに替えていく…そんな極上の自分時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
新田晃与