レディースブラウントップス着こなしまとめ。ブラウン・ダークブラウンのニットやブラウスを使った冬の着こなしを12選ピックアップしました。ボトムスやアウターとの組み合わせをお手本に、この冬はブラウンのトップスをぜひコーデに取り入れてみませんか?

【目次】

レディース冬のブラウントップスコーデ


【1】ブラウンファーベスト×ベージュパンツ×ロングカーディガン

【1】ブラウンファーベスト×ベージュパンツ×ロングカーディガン
ロングカーディガン(アパルトモン 東京店〈アパルトモン〉)、ラビットファーのベスト・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

アウターを2枚重ねると、カジュアルは断然、リズミカルに洗練されます。そんな鮮度を上げるレイヤードで、グレージュの新たな魅力に開眼!

【2】ブラウンニット×キャメルコート

【2】ブラウンニット×キャメルコート
コート・ニット・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

程よく肉厚のベビーキャメル生地で仕立てたダブルブレストのトレンチコートは、自信に満ちあふれる女性にこそ似合う存在感のある佇まい。やわらかなキャメルベージュカラーが全身をブライトアップして、表情や雰囲気まで明るく見せてくれます。急な雨などに対応する撥水加工を施して、機能性を高めたつくりも魅力。インには濃いブラウンを差して、全体を引き締めましょう。

【3】ブラウンニット×デニムパンツ×ファーコート×ストール

【3】ブラウンニット×デニムパンツ×ファーコート×ストール
コート(ブラミンク)、ニット・グローブ(キートン)、デニム(マッキントッシュ青山店)、ストール(チェルキ〈アンドレ マウリーチェ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ふんわりと毛足の長いキャメル色のラムファーコートを主役に。真冬のラグジュアリーをもっと身近に感じたいから、たっぷりとした贅沢なファーコートに、カジュアルなインディゴデニムを合わせ軽快に着こなして。ファーのやわらかな質感の美しさを引き立てるため、インナーは同系色の上質ニットでなじませ、上品な印象にまとめましょう。

【4】ブラウンニット×スカート×赤コート

【5】ブラウンニット×スカート×赤コート
コート・素材のスカート・シルクのニット・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ニュアンスのある上品なテラコッタレッドのカシミヤコート。裏表がないダブルフェースだから、縁の始末が目立つラップコートでは、その上質感が極まります。幅広のハーフベルトで、女らしくウエストマークしても、ライニングを施す必要がないため、もたつくことなく、すっきりしたシルエットに仕上がります。

【5】ブラウンシャツ×ブラウンワイドパンツ×ブラウンニット

【6】ブラウンシャツ×ブラウンワイドパンツ×ブラウンニット
ニット・シャツ・パンツ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

まるでマントのように体を覆う、オーバーサイズのローゲージニットは、襟元にフォックスファーをあしらったラグジュアリーなデザイン。シックなチェスナッツブラウンに、シルバーラメを加えているので、動くたびにさりげなく輝きを放ちます。マットなパンツ、艶のあるシルクシャツ…と全身をブラウントーンに統一し、それぞれの微妙な質感の違いを楽しみましょう。

【6】ブラウンニット×スカーフ

【7】ブラウンニット×スカーフ
ニット(エドストローム オフィス〈ジエルダー ステイツマン〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ブレスレット・リング(カルティエ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

タートルネックの首元にはシルク『カレ』を、手元にはイエローゴールドのジュエリーを重ねて、彩りのグラデーションを。カーキがちらりとのぞく『カレ』は、馬具柄をモダンに表現した新作。季節の始まりを新たな一枚とともに迎えるのも素敵です。

【7】ブラウンニット×黒パンツ×黒ジャケット

【8】ブラウンニット×黒パンツ×黒ジャケット
ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ・ベルト・グローブ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴 (アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ダブルフェースのジャケットの内側とニットの色味をさりげなくリンク。レオパード柄の靴で、足元に大人の艶を!

レディース冬のダークブラウントップスコーデ


【1】ダークブラウンニット×パンツ×ロングジレ

【1】ダークブラウンニット×パンツ×ロングジレ
ロングジレ・パンツ(yoshieinaba)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、首に巻いたスカーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、ストール(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ベルト(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ブーツ(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

このジレは、レイヤードに適したライニング付きだから滑りもよく、たくさん歩く外出先でもストレスを感じさせません。ジレはパンツとのセットアップ展開で、素材はウールストレッチ。ダークブラウンのニットや小物を合わせて、全体のトーンをまとめましょう。

【2】ダークブラウンニット×ワイドパンツ×ジレ

【2】ダークブラウンニット×ワイドパンツ×ジレ
ジレ(アストラット 青山店〈アストラット〉)、ニット(Theory luxe)、パンツ(ebure)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

このトップスのようにビターな色から、パンツのようなキャメルブラウンまで…。カラーレンジが広いぶんどんな人にも似合いやすく、また手もちのアイテムでトライしやすいのがブラウンのワントーン。艶やかなシルバーフォックスファーを贅沢にあしらったジレで顔周りに華やぎをプラスすれば、これまでの淡色ワントーンではかなわなかったグラマラスな表情が実現します。

【3】ダークブラウンニット×ブラウンパンツ×キャメルコート

【3】ダークブラウンニット×ブラウンパンツ×キャメルコート
コート・カシミヤニット・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

テディベアのように愛らしい、ふわふわのビッグシルエット。一見、ムートンファーと見紛うこのコートは、シルク混のキャメルヘアをファーのように仕立てた、オリジナルの進化素材。キャメルの確かな温もりと、ムートンにはない軽やかさで、手放せない一着に。このボリュームをすっきり着こなすためには、やはり全体をワントーンで統一するのが決め手です。

【4】ダークブラウンブラウス×ブラウンワイドパンツ×ブラウンコート

【4】ダークブラウンブラウス×ブラウンワイドパンツ×ブラウンコート
コート・ブラウス・パンツ・ストール・サングラス・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

ブランドが誇るアイコンマテリアル・キャメルのコートを主役に、シルクブラウスやベロアパンツで艶を重ねたワントーン。ショコラトリーのショーケースをのぞいたような甘美な配色に、心がときめいて。パンプスのヒールにゴールドを配するなど、さりげないディテールも完成度を高める秘訣です。