「詩の世界観を、洋菓子で表現」。自作の詩をもとにしたバターサンドなどで着実にファンを増やし、オンラインで完売が続出するほど話題となっているスイーツブランドが、京都にあることをご存知でしょうか?

その名も「Nowherman(ノーウェアマン)」。これまでは実店舗を持たず、イベント出店やカフェとのコラボレーションを行っていましたが、2019年、ついにショップが誕生しました。

京都・四条烏丸に構えられたショップでは、焼き菓子を販売。従来のパティスリーのイメージとは異なる、コンテンポラリーなショップデザインも特徴で、京都の甘いもの好きの間で話題となっています。

知る人ぞ知る存在! 詩と菓子が生み出す斬新なブランド「Nowherman(ノーウェアマン)」とは?

店名には“ポエトリーアンドパティスリー”の一文を添えて

「Nowherman(ノーウェアマン)」は2010年より始動。「本当に知りたいことは答えがない」とタイトルがついたバターサンドなど、自作の詩を基にそのイメージを洋菓子で表現するスタイルが話題を呼び、オンラインでは売り切れが続出するほど、実店舗がない時期から人気を得ていました。

「昔から音楽が好きで、詩を書いて曲を作るように、詩に合う菓子を作っています。詩を通して、想像力に働きかけ、洋菓子の楽しむ時間をより豊かにしてもらえればと思っています」とは、お話を伺ったオーナーの長野洋樹さん。

袋詰めの焼き菓子には自作の詩を添えて ヴィエノワ¥650、フロランタン¥650、フィナンシェ¥250

実店舗ではこだわりの焼き菓子9種類を販売

今まさにオーブンから出されたできたてのマドレーヌ

2019年4月にオープンした実店舗では、焼き菓子のみが販売されています。袋詰めした日持ちのする焼き菓子に加え、ガラスケースには生菓子のように”できたて”のものもラインアップ。ふかふか食感のマドレーヌや、表面がカリッと香ばしいフィナンシェなど、焼きたてならでのおいしさを実感できます。

“できたて”マドレーヌは定番

ガラスケースに並ぶ”できたて”焼き菓子は約9種類
“できたて”焼き菓子は生菓子のようにケーキ箱に入れて持ち帰れる
ギフトにはオリジナル缶を用意 ¥550

「言葉と共に、菓子がある」リリックな店造りは、他にない魅力!

マドレーヌやフィナンシェを入れる袋にも一文入り

オンライン販売時代と違い、実店舗では菓子ごとに詩的なタイトルはつけられていません。

「コンセプチュアルな菓子作りを行ってきて、今まではそれを知った上でイベントに買いにきてくれたり、ウェブショップで注文してくれたり。実店舗は、ふらっと通りがかった人やご近所さんなど、いろんな人が買いにきてくれて。(コンセプトなど知らず)ただ、おいしい焼き菓子を求めてきてくれているのが、今は楽しいんです」と長野さん。

とはいえ、ケーキ箱にポエム入りのカードが添えられていたり、袋詰めのクッキーには一文ラベルが貼られていたり。

「菓子やパッケージには余分な装飾をしていないので、唯一のデザインが、言葉になります。それぞれに意味がありますが、言葉が羅列されている様子は、それだけで美しいと思うんです」。

ケーキ箱には自作の詩を添えられている

焼き菓子店らしからぬ、コンテンポラリーなデザインの店内に心踊ります

厨房と店舗は一体型。カウンターのすぐ後ろが厨房になっている

店舗は無駄がないミニマムデザインで、従来の伝統的なフランス菓子を扱うパティスリーとは、まったく違った印象です。厨房と店舗が一体型で、カウンターのすぐ後ろにはオーブンを配置し、店中に菓子が焼き上がる甘い香りが広がります。

作業シーンをのぞき見できたり、タイミングがあえば、オーブンから出したばかりの菓子を購入することも。そんな時は持ち帰り用とは別にひとつ購入して、焼きたてを頬張ってみるのが良さそうです!

ガレットの生地でラム酒を効かせたアーモンドクリームをサンドした定番のガトーバスク ¥500(左)。季節がわりのタルト。この日はグレープフルーツとピスタチオ ¥600(右)。グレープフルーツは焼き込むことで、フレッシュのジューシーさはそのままに旨みが凝縮

※価格はすべて税込みです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
天野準子