身に着けるだけでハッと目を奪われる主役級の色赤。この夏におすすめの赤コーデを厳選ピックアップしました。

【目次】

赤スカート・ワンピースを使ったコーデ


【1】エスカーダの赤ワンピース×サンダル

【1】赤ワンピース×サンダル
靴『ARPEGE』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ワンピース・サングラス(エスカーダ・ジャパン)、バングル(オーガスト〈ジヤ ケニア〉) 撮影/淺井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

旅のワンシーンを飾る靴は、非日常へと誘う、ちょっぴり遊びのあるデザインが最適。ターコイズやオレンジ、イエローと、アフリカの太陽や海を彷彿とさせる色彩に心躍ります。赤ワンピースのフォルムの美しさは健在で、夏のカジュアルに楽しげなアクセントを添えてくれます。

【2】ブラミンクの赤ワンピース×白サンダル×白バッグ

【2】赤ワンピース×白サンダル×白バッグ
ワンピース(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ピアス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(マッキントッシュ青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

眩しい日差しに誘われて、鮮やかな赤色のワンピースをまとって、夏らしい装いに。カジュアルなリネン混ワンピースでも、クリアな白小物を合わせることで都会的なスタイルに仕上がります。

【3】ストゥールスの赤スカート×白ブラウス

【3】赤スカート×白ブラウス
ブラウス(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ストゥールス〉)、ピアス・バングル(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、ベルト(フラッパーズ〈アロン〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ『STARDVST』(ヴェルサーチ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

赤いタイトスカートとオフショルダーのブラウスで女らしく。ファーバッグやサンダルは黒でそろえ、ぐっと引き締めましょう。

赤パンツを使ったコーデ


【1】エンフォルドの赤系パンツ×アイスブルーブラウス

【1】赤パンツ×アイスブルーブラウス
ブラウス(IZA〈ロッセーラ ヤルディーニ〉)、パンツ・ベルト(エンフォルド)、ネックレス・バッグ(ブルガリジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

トレンド色を組み合わせることで、王道のボウタイブラウスもたちまちフレッシュな印象に。赤系のワイドパンツと合わせるときは、ダイヤモンドがきらめくゴージャスなネックレスやチェーンバッグ、艶めき素材のサンダルで、意識的にエレガントな要素を加えましょう。

【2】ピアッツァ センピオーネの赤パンツ×黒シャツ

【2】赤パンツ×黒シャツ
リネンのシャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、チェーンネックレス・ペンダント・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈グッチ〉)、バッグ(ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店〈ラドロー〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

黒を基調に夏色の赤をパンツで鮮やかに差して、クラシックなローファーで引き締めた端正なカジュアルスタイル。ホースビットのゴールドが、ジュエリーとマッチして、リッチな印象に仕上がります。

【3】ADOREの赤パンツ×白トップス

【3】赤パンツ×白トップス
トップス・パンツ(ADORE)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、チェーン・チャーム(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

「すっきり映え」スタイルに効果的な赤パンツと白トップスのメリハリ配色。夏気分にマッチする鮮やか色で、いつもの着こなしをフレッシュに刷新しましょう。

【4】キートンの赤パンツ×白ブラウス

【4】赤パンツ×白ブラウス
シルクのブラウス(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、パンツ(キートン)、シルバーのリング(ストラスブルゴ〈スティーブン デュエック〉)、ブレスレット(ストラスブルゴ〈ハム〉)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

迷いのない大胆な配色で、凛として、すっきりした印象派美人に。鮮やかな赤は、夏を象徴する差し色。これから出番が増えるシンプルな白シャツ×パンツスタイルに投入すれば、どんなに暑くてもシャキッと前向きな気分になれそうです。

【5】ジル・サンダーの赤系パンツ×白ブラウス

【5】赤パンツ×白ブラウス
ブラウス・パンツ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、バングル・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

すっきりとしたスタンドカラーと控えめなドレープ使いが、キャリアシーンに映えるブラウス。ブリック色の赤系パンツで大人の配色を意識しつつも、シルバーのジュエリーを手元に重ね、視線が集まるところはひんやり、シャープにまとめましょう。

赤トップスを使ったコーデ


【1】クロエの赤トップス×マニッシュな時計

【1】赤トップス×マニッシュな時計
ブラウス(クロエ)、時計『ボーイフレンド』・バングル・リング(シャネル) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

やわらかなフォルムの赤ブラウスには、マニッシュな時計で辛口なエッセンスを加えるくらいがベストなバランス。アリゲーターストラップの時計『ボーイフレンド』で、ブラウスを甘いだけに終わらせないところに、センスのよさがにじみ出ます。ドライな雰囲気をつくり出すクレープ生地が、こなれ感をもたらす秘訣です。

【2】ピアッツァ センピオーネの赤トップス×白ワンピース

【2】赤トップス×白ワンピース
ミラノリブのコットンカーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、コットンベースのストレッチワンピース(アオイ〈マントゥ〉)、ピアス・リング(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

はしごレースがあしらわれた淡いベージュのワンピース。ボレロ感覚の鮮やか色の赤カーディガンを合わせたら、溌剌とした女らしさが加味されます。

【3】ロベルタ フルラネットの赤トップス×白ワンピース

【3】赤トップス×白ワンピース
パンツ(ラピーヌ〈ジョコンダ ロイヤル〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、キャミソール/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

赤のふんわりシルエットのブラウスに合わせたいのは、フロントをラップ風デザインに仕上げた8分丈ワイドパンツ。ちりめんのようなきめ細やかな風合いの、ハリのあるアムンゼン素材が美しいAラインシルエットを描くので、布地が優雅に揺れて、気品のある表情を描き出します。

【4】エス マックスマーラの赤トップス×白フレアパンツ×ネイビーカーディガン

【4】赤トップス×白フレアパンツ×ネイビーカーディガン
マックスマーラのパンツ・エス マックスマーラのカーディガン(マックスマーラ ジャパン)、プルオーバー(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、バッグ(エリオポール銀座〈フランシス バレンティーヌ〉)、靴(アマン〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

カーディガン、ボトムともにロング丈を選んで、快適な着心地を優先。ネイビー×赤×白の上品トリコロールには、こなれたサンダルやかごバッグを合わせることで、夏らしい装いに仕上げましょう。

【5】ロベルタ フルラネットの赤トップス×白パンツ

【5】赤トップス×白パンツ
パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、プルオーバー(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉)、靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

まだまだ続く暑さを優しくクールダウンさせるためには、赤トップスでも涼し気になる白で統一させたボトム×スニーカーの軽快さが欠かせません。

赤い靴を使ったコーデ


【1】ペリーコの赤パンプス×カーキワンピース

【1】赤パンプス×カーキワンピース
靴(アマン〈ペリーコ〉)、ワンピース(サン・フレール〈レ・コパン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

濃密でリッチな赤は、最注目の差し色カラー。クリムゾンレッドのコクのある色とスエードの風合いがカーキに深みを宿すプレーンなパンプスは、セットバックヒールとポインテッドトウで、着こなしをシャープにまとめ上げます。

【2】JIMMY CHOOの赤パンプス×黒トップス×フレアスカート

【2】赤パンプス×黒トップス×フレアスカート
スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、アンスクリアのトップス・ザネラートのバッグ(アマン)、チョーカー・リング(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

定番ブランドJIMMY CHOOの赤パンプスに合わせた繊細なビジュー刺しゅうが施されたミモレ丈のフレアスカートは、畳に座った際もひざまで隠してくれる理想の丈。シックカラーでまとめる日は、鮮やかな赤の小物をアクセントに効かせると華やかな印象になります。