あらゆる着こなしをクラスアップさせる優雅なコート=「ケープコート」とは?

今季のトレンドワード「クラシカル」や「エレガント」の筆頭アウターであるケープコートは、すっきりとしたテントラインが特徴的。存在自体が優雅で華やかなので、動きや所作をゆったりと美しく見せてくれます。イブニングドレスの合わせに選ばれることが多いケープが、あらゆるおしゃれの品格を高めてくれます。

本記事では、そんなケープコートの着こなしや、名アイテムをラグジュアリーマガジン「Precious」より9着、ご紹介します。

■1:風をひるがえし、颯爽と歩きたくなる格調高いシャネルのエレガントケープ

コート_1,カシミヤ_1,冬コーデ_1,大人コーデ_1
コート¥758,000・ブラウス¥474,000・パンツ¥428,000・ピアス¥134,000・ベルト¥229,000・靴¥155,000(シャネル)

ネイビーのロングケープは、スタンドカラーにあしらったビジューボタンがアクセントに。巻き毛ムートンの質感を表現したカシミヤシルク素材のエコファーだから、量感たっぷりのドラマティックな見た目に反して、軽やかな着心地を実現しています。

ラッフルフリル付きのシルクブラウスに、ケープコートとフレアワイドパンツを合わせたノーブルな着こなしで、凛々しく高貴に決めて。

■2:品格ダークネイビーが際立つ、優美なフォルムのケープコート

コート_2,冬コーデ_2,大人コーデ_2
コート¥180,000(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ブラウス¥17,000(ウィム ガゼット 青山店)、パンツ¥110,000(ミカコ ナカムラ 南青山サロン〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ピアス¥23,000(エスケーパーズ〈モダン ウィーヴィング〉)、バッグ¥279,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴¥40,000(エストネーション〈チェンバー〉)

国産のウールダブルフェース生地はハリと弾力のある手触りで、ビーバー仕上げによる艷やかな毛並みが特徴。スクエアパターンのフードと深いラウンドスリットがポイントになっています。

細身パンツを合わせてバランスよく颯爽と。ロジェ・ヴィヴィエのバッグやチェンバーのブーツなど、ツヤ感のあるブラックレザー小物がクラシック感を高めて。

■3:冬空に美しくなじむ、スモーキーサックスのケープコート

コート_3,冬コーデ_3,大人コーデ_3
コート¥170,000・スカート¥196,000(マディソンブルー)、ニット¥50,000(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、リング¥35,000(RHC ロンハーマン〈サンズサンズ〉)、手袋¥29,000(ドゥロワー 六本木店〈デンツ〉)、バッグ¥365,000(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴¥122,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

職人の技が息づく接結二層ウールメルトン生地はリッチな風合い。顔周りをすっきりと見せるボトルネックから、裾に向かってすらりと広がる、なめらかなシルエットが美しいケープコートです。旬のミディ丈スカート&ショートブーツとも好バランス。

■4:ノーカラー&一枚仕立てのリバーシブルケープ

コート_4,冬コーデ_4,大人コーデ_4
コート¥180,000【共布のストール付き】(デザインワークスドゥ・コート六本木ヒルズ店)、ブラウス¥26,000・パンツ¥34,000(wb)、ピアス¥25,000(エスケーパーズ〈モダン ウィーヴィング〉)、靴¥79,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

イタリア製のウール混ダブルフェース生地を使用したケープコート。表面は、無地ベージュにグレンチェックのラインがポイント。裏面は逆の柄使いに。黒のフェイクレザーパイピングが、引き締め効果を発揮しています。

コートのベージュになじませたワントーンの着こなしに、ケープの黒のチェック柄とパイピングが際立って。ジャンヴィト ロッシのヒールパンプスで抜け感を出し、軽やかに。

■5:どんな場所、シーンにも映えるMIKAKO NAKAMURAのエレガント・ケープ

コート_5,冬コーデ_5,大人コーデ_5
コート「ジーン」¥330,000 /オーダー価格(ミカコ ナカムラ 南青山サロン〈MIKAKO NAKAMURA〉)、フォンデルのニット¥37,000・スカート¥22,000(エストネーション)、バッグ¥486,000(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴¥156,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

不変の人気を誇るMIKAKO NAKAMURAのスタンドカラーケープ「ジーン」は、ジャケットなどの上にもはおりやすい一着。独自に開発したこだわりのカシミアダブルフェース生地は、たっぷりとしたドレープ感が華やかです。

ナンバーワン人気の黒のケープをベースに、タートルニットで最旬ブラウンを取り入れ、ミディ丈スカートとショートブーツを合わせた、2019年らしいクラシックスタイル。

■6:マキシ丈でも重くならず、はつらつとした表情をかなえる、ヴァレンティノの鮮やかなイエローのケープ

コート_6
コート¥804,000(ヴァレンティノ ジャパン)

ウール混生地で仕立てたロングケープコート。すとんと落ちる構築的なテントラインは、身にまとうと、裾に豊かなドレープが出現。フロントのアシメトリーかつ直線的な切り替えが、クチュールライクなムードを醸し出します。

ジレをベースに、ケープパネルが両肩を覆うデザインなので、下に着るトップスは長袖をセレクト。どんな色を合わせるかで変わる、装いの雰囲気を楽しんで。ドレスやワンピースを合わせる場合は、クラッチバッグを手に素肌を出して、レディに着こなしたい。

コート_7
前を開けると、黒のドットボタンがアクセントに。ジレに袖を通して着るデザインなので、肩も落ちず、着くずれない。
コート_8
Y字切り替えの視覚効果でほっそり見えるバックスタイル。ファネルネックから生地続きで垂れるストールが華やか。
コート_9
コート 7.¥459,000/予定価格(ミュウミュウ)、8.¥210,000/参考価格(ステラ マッカートニー)、9.¥251,000(エミリオ・プッチ ジャパン)

■7:ストイックなたたずまいにエレガンスが香る、ミュウミュウのケープ

ランウェイでファーストルックに登場した、今冬のミュウミュウを象徴するネイビーのケープコート。しっかりとした厚みのあるウール生地と構築的なシルエットで仕立てられた一着は、エポーレットや端正なテーラードカラーが施され、ミリタリーウエアやユニフォームの外套を彷彿させる凛としたたたずまい。

丸みのあるショルダーラインや、ころんとしたドームボタンで女性らしい表情が添えられています。パネルの切り替え線を生かしたスリットから手を通すデザイン。

■8:ステラ・マッカートニーのヴィンテージ風ケープ

今年のオータムコレクションは、デザイナーのステラと、彼女の母でありフォトグラファーとして活躍したリンダ・マッカートニーの思い出のワードローブがインスピレーションソース。

このロングケープコートも、グレンチェック柄の英国調のクラシカルなフォルムを、どこか懐かしさを誘うヴィンテージ風の趣で仕上げた一着。テーラリングを得意とする、ステラならではの構築的なシルエットに、控えめなエレガンスが香ります。スラッシュポケットから手を出すスタイル。

■9:冬の着こなしを鮮やかに彩る、エミリオ・プッチのコーラルオレンジのケープ

両サイド縫い合わせの途中に開きを入れて、そこから手を出すスタイル。繊維が細く長いエキストラファインメリノウールを原料にした生地は、カシミヤのようなしなやかさが魅力。質感がなめらかなので、毛玉ができにくいのもうれしいポイント。

ステンカラーの襟付きなので、リラックスしすぎず、どんなときでもエレガントでいられます。比翼仕立ての裏に施されたスナップボタンや生地裏面の端始末も同色にしたこだわりようで、開けても、脱いでも、美しさを損なわない一着です。

以上、クラシックで女性の動きを美しく、奥行きあるものに見せてくれる、ケープコートの最新アイテム&着こなしをご紹介しました。足元はすっきりと、タイツやヒール・ブーツなどでまとめると美しいAラインが際立つケープコート、今季の着こなしローテーションの一着として加えてみてはいかがでしょうか?

※掲載した商品は、すべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
浅井佳代子(人物)、唐澤光也(RED POINT/静物)
STYLIST :
白井艶美
HAIR MAKE :
TETSU(関川事務所/ヘア)、三澤公幸(3rd/メイク)
MODEL :
立野リカ(Precious専属)、Kelly
EDIT&WRITING :
下村葉月、濱谷梢子(Precious)