「エーゲ海の壮大なサンセットが見たい」「大型リゾートよりこじんまりした知る人ぞ知るリゾートが好み」「大人だけの静かな場所に滞在したい」という方におすすめしたいリゾートが、ギリシャにあります。

サントリーニ島のサンセットの名所は毎日がイベントのよう

ギリシャのサントリーニ島北部にあるイアの町は、エーゲ海に面した崖を埋め尽くす、真っ白な家並みを茜色に染めるサンセットで有名です。太陽が傾きだしたころから、ベストポジションで日没を迎えようと、ツーリストたちはどこかそわそわしながら、レストランや小道の角などに陣取っています。毎夕、ちょっとしたイベントのような、盛り上がりを見せます。

サンセットで知られるサントリーニ島の北部のイアの町
サンセットで知られるサントリーニ島の北部のイアの町

300年前の洞窟住居を修復した、エーゲ海を見下ろすリゾート

今回ご紹介するペリヴォラスは、イアの町の隣のエリア、徒歩圏内に位置しています。海抜300メートルの高台から、まるで円形劇場のように、エーゲ海を見下ろすレイアウト。リゾートからはティラシア島が浮かぶカルデラ湾と、イアの町も望みます。

ベリヴォラスから望むイアの町。少し離れていますが、徒歩圏内です
ベリヴォラスから望むイアの町。少し離れていますが、徒歩圏内です

ファミリー経営のこのリゾートが誕生するきっかけは、1969年のこと。ウクライナのオデッサで生まれ育った創始者が、海軍のキャプテンとして訪れたサントリーニ島にひとめ惚れ。夫婦でこの島に移住し、300年前に建造された洞窟住居と、ロバ小屋を購入しました。

夫婦にはきちんとしたヴィジョンがありました。サントリーニ島ならではの伝統的なスタイルを忠実に守り、お気に入りの島に理想のリトリートをつくろう、と。かつて漁師や農民が暮らしていた洞窟住居を、地元の職人にお願いして、この地ならではのマテリアルを使い、丁寧に修復していきました。

地元の岩を丁寧に組み合わせ、築いた石組み壁。サントリーニ島らしさを大切にしています
地元の岩を丁寧に組み合わせ、築いた石組み壁。サントリーニ島らしさを大切にしています

ほとんどがスイートタイプの客室は全20室。アーチ型の入口や、白壁の室内のあちこちに配された窪みなど、ユニークな造りをしています。ベッドのアタマ部分はちょうど窪みの中で、まるで繭の中で眠るような感覚です。つくり付けのソファーに、フーシャ色やライラック色の手織りのラグやクッションが明るい差し色になっています。女心をキュッとつかむ、愛らしいデザインです。

(Lifestyle Studio¥60,060~/泊、New Perivolas Suite¥207,900~/泊、Perivolas Suite¥219,450~)

白壁にフーシャ色やライラック色が鮮やかに映える室内。アーチやニッチが随所にあります
白壁にフーシャ色やライラック色が鮮やかに映える室内。アーチやニッチが随所にあります

ゲストは16歳以上の条件があり、大人オンリー。テレビやDVDはあえて置かれていません。そんなリゾートの静寂を破るのは、時折、響く教会の鐘の音と、遥か眼下から届く漁船の汽笛くらい。テラスのイスに座り、鏡のように穏やかなエーゲ海を眺め、気が向いたら読書をぱらりぱらりと数ページ。リラックス&リチャージできる、のんびりとした時間を過ごせます。

パブリックエリア。ここでインターネットもつなげます
パブリックエリア。ここでインターネットもつなげます

伝統的なギリシャ料理のレストランと絶景プール

ワインセラーを併設した、レストランも洞窟住居スタイル。伝統的なギリシャ料理をサーブしてくれます。ランチやディナーは、プールサイドのテラス席もロマンティックです。

レストランで朝食をいただきながら、眺めるエーゲ海。ごきげんです
レストランで朝食をいただきながら、眺めるエーゲ海。ごきげんです

そして、このリゾートの自慢は、絶景のインフィニティプール。プールの水面がエーゲ海につながったようなデザインで、数々のファッション誌や旅行雑誌の表紙を飾っています。そして、ここから眺めるサンセットも素晴らしい! できれば2泊はして、イアの町とこのリゾート、両方のサンセットを楽しみたいものです。

このプールを目当てに訪れるゲストも多いとか。サンセットはイアの町とここでも迎えたいものです
このプールを目当てに訪れるゲストも多いとか。サンセットはイアの町とここでも迎えたいものです

【こんな人におすすめ】
エーゲ海の壮大なサンセットに染まりたい

Perivolas
Oia, 84702, Santorini, GR

【関連記事:これまでの「世界のラグジュアリー・リゾート」連載はこちら】

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク