米国エレガンスの真骨頂! アメリカの歴史的ホテル「ザ・ブロードモア」の贅沢なおもてなしに身を委ねたい!

ホテル・エントランス
ほんのりペールピンクの壁が青空に映えます

デンバー国際空港から車で約1時間30分、ロッキー山脈の南端にほど近いコロラドスプリングス。ここに訪れるのが目的となる、デスティネーション・ホテルがあります。

2018年に100周年を迎えた「ザ・ブロードモア」。創業者スペンサー・ペンローズの徹底したこだわりを、100年以上にわたって守り続ける、エレガントの真骨頂のようなグランドホテルです。

入口には1937年製キャデラックが

キャデラック
ホテル名が書かれた1937年製キャデラック

格調高い雰囲気のラウンジ

ラウンジ①
誰かのお屋敷に訪れたようなラウンジ。格調高い雰囲気が漂っています
ラウンジ②
メイン棟のラウンジ。シャンデリアはオープン当時のものもあるそうです

ビーチベッドとカバナが並ぶインフィニティプール

プール
陽光穏やかな夏に開かれるアウトドアのインフィニティプール
プールサイド
プールサイドにはビーチベッドとカバナが並んでいます

これまでにフォーブス・トラベルガイドの5スターを59年連続、AAA(アメリカ自動車協会)の5ダイヤモンドは、第1回から43年連続して獲得していることからも、その質の高さがうかがえます。

この2つの連続記録は、世界一なのだとか。ホテル自体に加え、レストラン「ペンローズ・ルーム」やスパも最高ランクを獲得しているので、栄誉ある「格付けコレクター」と呼べるかもしれません。

「コロラドに最高のホテルを」。子供からシニア層まで楽しめる、豊富なアクティビティ

創業者のスペンサー・ペンローズは鉱山業で財をなした起業家。妻のジュリーとのハネムーンで訪れたヨーロッパに感動し、コロラドに最高のホテルを作ることを決心。ヨーロッパの洗練されたサービスと、米国西部のホスピタリティが融合したホテルを目指し、他との差別化として、幅広いアクティビティを整えました。

シャイアン湖を中心とした12平方キロメートルの敷地には、インドアからアウトドアまで、ありとあらゆるアクティビティが勢ぞろいしています。ゴルフコース設計の名匠と称された、ドナルド・ロスとロバート・トレント・ジョーンズが手掛けた2つのチャンピオンシップコースに、世界が認めるテニスプログラム、マウンテンバイクにアーチェリー、フライフィッシング、そして賞に輝くスパなど。子供からシニア層まで、どんな世代も楽しめるようなラインナップです。

10本のコースがあるジップラインが圧巻!

ジャブライン
冒険心に火をつける本格的なジップライン(木と木に張られたワイヤーロープを、滑車を使って滑り降りる遊び)。アクティビティの充実度は目を見張るほど

数あるアクティビティの中でも、オススメはジップライン。ここ数年、あちこちのリゾートで体験できるようになりましたが、ココの迫力はすごい。10本のコースがあり、中には550メートルもの長さがあるものも。しかも乗り場と乗り場の間の、遥か下にはジャングルが広がっています。経験者でも、足下を見たら、恐怖に思わずひるんでしまうはず。もちろんインストラクターがレクチャー&アシストしてくれるので、ご安心を。

お部屋は、華やかな色使いのロマンティックなイタリアン・ルネッサンス様式

客室はホテルルーム、スイート、コテージ、レジデンスなど784室。どの客室タイプも、華やかな色使いのロマンティックなイタリアン・ルネッサンス様式でまとめられています。調度品もどっしりとした重厚なもの。エントリークラスのクラシックルームでも広さ30平方メートル以上あります。

少し離れたエリアに並ぶコテージは、ゴルファーに人気が高いそうです。

客室①
憧れは、創業者の名前を冠したペンローズ・スイート
客室②
窓辺にたたずむと、シャイアン湖と山並みの眺めが広がります

専任の食肉加工職人まで!こだわり抜いたレストランが20か所以上

食についても、並々ならないこだわりがあります。食材はコロラド産の、オーガニックなものをできるだけ仕入れ、野菜やハーブは系列グループで栽培、牛までも飼育しています。さらに肉には一家言あり、専任の食肉加工職人がカットを担当。イタリアンのレストランでは、小麦粉やバター、珍しい調味料は現地から、ワインはソムリエが現地で試飲してから仕入れています。パンはもちろん自家製、グルテンフリーにも対応しています。

レストラン内
ゴルフクラブにあるレストラン「ザ・グリル」。窓の向こうにはグリーンが

20以上あるレストラン&バーは、3~4日の滞在ではすべては回りきれません。ヨーロッパ料理のファインダイニング「ペンローズ・ルーム」を筆頭に、イタリアンやステーキハウス、クレオール料理、19世紀の英国風パブなど、供する料理も多彩。ゴールドラッシュ時代やコモ湖を彷彿させるインテリアや、週末にライブ演奏が聴けるなど、趣向もさまざまです。

シーフード料理
サンルームのように光と緑にあふれた「ラ・タベルネ」内のレストラン。シーフードはサスティナブルなものを仕入れています

ちなみに、ホテルのロゴの「ブロードモア(BROADMOOR)」は「A」だけが小さく、位置がおかしいのには逸話があります。諸説あるのですが、スペンサー・ペンローズがライバル視していた、ダウンタウンの老舗ホテル「ジ・アントラーズ(Antlers)・ホテル」への当てつけとか!? 少々子供っぽいけれども、憎めない。少年のような心が、この贅を極めたホテルを誕生させたのかもしれません。

問い合わせ先

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子、大西瞳(イクシアネクスト)