ネイビーのトップスを使った大人のための洗練コーデを、ファッション誌『Precious』から選りすぐりました。ネイビーのブラウスやニット、シャツの着こなし方や、デニムパンツとの合わせ方などを早速取り入れて、冬のおしゃれをもっと楽しんでみてください。

【目次】

ネイビートップスを使ったレディース冬コーデ


【1】ネイビーブラウス×オレンジスカート

ブラウス(和光〈エズミ〉)、スカート(トヨダトレーディング プレスルーム〈ヴィアマシーニ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ショーメ)、バッグ(SANYO SHOKAI カスタマーサポート〈ポール・スチュアート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
ブラウス(和光〈エズミ〉)、スカート(トヨダトレーディング プレスルーム〈ヴィアマシーニ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ショーメ)、バッグ(SANYO SHOKAI カスタマーサポート〈ポール・スチュアート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

華やかなブラウスに、辛口ロングスカートを合わせ、甘く見せずに女らしさを強調したスタイリング。たっぷりしたギャザーのボリュームあるそでが、さりげないしぐさを、優しく、魅力的に見せます。ネイビー×オレンジのメリハリ配色も大人好み。

華やぎブラウスに合わせるボトムはシンプルな辛口に徹し、タックインでウエスト周りをきりっと。足元は華奢な先細パンプスで、華ブラウスとの美バランスをキープするのが着こなしの秘訣です。

【2】ネイビーシャツ×ネイビースカート

シャツ(ADORE)、スカート(サン・フレール〈エルマンノ エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ピアス・ネックレス・リング(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
シャツ(ADORE)、スカート(サン・フレール〈エルマンノ エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ピアス・ネックレス・リング(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ロングのプリーツスカートに、すそにふくらみのある女性らしいシャツを合わせた、ワントーンコーディネート。足元のチャンキーヒールパンプスは、キャサリン妃も愛用するトッズの人気モデル。スエード素材の深みのあるボトルグリーンが、季節感を演出。ネイビーとのダークトーン配色が、フェミニンな着こなしをきりりと引き締めています。

【3】ネイビーブラウス×ベージュコート×ブラウンスカート

コート(バーバリー・ジャパン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、スカート(キートン)、ベルトバッグ(バーバリー・ジャパン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、ブーツ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(バーバリー・ジャパン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、スカート(キートン)、ベルトバッグ(バーバリー・ジャパン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、ブーツ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

シックな辛口配色、ベルトバッグや型押しロングブーツの迫力で、シルクブラウスとひざ下丈スカートにトレンチコートをはおる着こなしが、キレよくまとまります。

主役のトレンチは、歴史的なトレンチのディテールを踏襲しつつ、肩にきちんと収まるセットインスリーブで、すっきりとした印象に。ひざ頭が隠れる着丈も、ロングスカート流行りの今に扱いやすい丈。

【4】ネイビーブラウス×ネイビー&黒ジャケット×ネイビー&黒スカート

ディオールのスカート・ジャケット・ブラウス・靴・ディオール ファイン ジュエリーのピアス・リング(クリスチャン ディオール) 撮影/滝川一真(Perle) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ディオールのスカート・ジャケット・ブラウス・靴・ディオール ファイン ジュエリーのピアス・リング(クリスチャン ディオール) 撮影/滝川一真(Perle) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

メゾンの正統を継ぐ華麗なAラインシルエットを、テクスチャーにこだわったクロッケ(ふくれ織り)ジャカードで仕立てたスカートを主役にしたスタイリング。立体的な小花模様を浮かべたネイビー×ブラックの生地は、絶妙な光沢感と軽やかなフレアで、日常使いにも最適な、エフォートレスなムードに。

ダークネイビーとブラックをボーダー状に配して、カジュアル感を高めたミンクジャケットを合わせて、ネオ・クラシックなスタイルを堪能。

ネイビーニットを使ったレディース冬コーデ


【1】ネイビーニット×ブルーコート×グレーパンツ

コート・カーディガン・ニット・パンツ・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・カーディガン・ニット・パンツ・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

スーリーアルパカを使ったロングコートの中にカーディガンを忍ばせた、防寒対策を施したパンンツルックです。スレートブルー×トープのシックな配色は、都会的な街並みにはもちろん、古都の風景にもなじむので、旅カジュアルとしても最適です。

【2】ネイビーニット×ネイビーコート×ネイビーパンツ

コート・ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈バンフォード〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈バンフォード〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年

金ボタンが印象的なノーカラーコートを主役に、タートルニット、ワイドパンツ、そしてストールとネイビーで統一。制服的な要素の強いベーシックカラーの「ワントーン」は、色の調子をくずさずに、まじめな印象を壊す工夫が施されています。たとえば、濃淡プリントのネイビーストールをさらりと肩がけしたら、リュクスなこなれ感が加わり、大人のトラッドに。

【3】ネイビーニット×ネイビーパンツ

ニット/Precious創刊15周年記念コラボ商品・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・バングル〈太〉・〈細〉(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・バングル〈太〉・〈細〉(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

温かみのあるニットとソリッドに艶めくボールチェーンのコントラストにセンスが光り、ニット一枚でさりげない華やぎがかないます。サイドライン入りのスポーティなパンツを合わせて、リッチに若々しく。

【4】ネイビーニット×ネイビーチェックパンツ

ニット・パンツ/ともにPrecious創刊15周年記念コラボ商品・靴(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、リング(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールウノアエレ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス ナルダン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット・パンツ/ともにPrecious創刊15周年記念コラボ商品・靴(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、リング(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールウノアエレ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス ナルダン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

クルーネックのコンパクトなニットとチェック柄の足首見せパンツを合わせた、シンプルリッチなベーシックスタイル。服自体に品のよさが備わっているから、旬のスポーティなスニーカーを合わせても、リュクスな雰囲気に。

【5】ネイビーニット×ネイビースカート

プルオーバー・おそろいのレース編みストール・スカート(サードカルチャー〈マチルダ カシミア〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、リング(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、ブーツ/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
プルオーバー・おそろいのレース編みストール・スカート(サードカルチャー〈マチルダ カシミア〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、リング(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、ブーツ/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ほんのり甘いレース編みのプルオーバー&ストールは、ひざ下丈ニットスカートで辛口フェミニンに着こなすのが今の気分。グラデーション染めのアリゲーターバッグでダイナミックな陰影を添えて、遠目にも絵になる女に! 主役のニットはカシミヤのレース編み。襟と袖口のフリルとパフスリーブで優雅さを添えた細身シルエットです。

【6】ネイビーニット×ラベンダーコート×ネイビーパンツ

マンツォーニ24のコート・アリクアムのニット・インコテックスのパンツ(ストラスブルゴ)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈ミリアム シーファー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
マンツォーニ24のコート・アリクアムのニット・インコテックスのパンツ(ストラスブルゴ)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈ミリアム シーファー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

インをネイビーでまとめ、ラベンダー色のコートをハンサムに着こなして。白の靴を合わせると、洗練度がアップします。

【7】ネイビーニット×ブラウンコート×黒スカート

コート・ニット・スカート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート・ニット・スカート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

コクのあるビターチョコ色のピーコートを主役にしたワントーンの着こなし。シンプルアイテムで仕上げたベーシックな装いが、たちまち穏やかな気品が香る旬のテイストに!

ただしこれだけでは、遊び心不足で地味に見えそう…。凛としたビターチョコ色と好相性なクール系ニュアンスブルーのハンドバッグを投入。遠目にも印象的なチャームポイントに。

【8】ネイビーニット×ブラウンコート×ネイビージャケット×チェック柄パンツ

コート (ADORE)、ジャケット(エリオポール代官山〈ラスパイユ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、グローブ(アルタクラッセカプリガンティ 六本木ヒルズ店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート (ADORE)、ジャケット(エリオポール代官山〈ラスパイユ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、グローブ(アルタクラッセカプリガンティ 六本木ヒルズ店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

仕事シーンのきちんとスタイルを更新するなら、メンズでおなじみの洗練配色に注目。チョコブラウンのチェスターコートとダークネイビーのテーラードジャケット、辛口端正なアイテムを穏やかに調和させているのが、ふたつの色を含むチェック柄パンツ。正統派スタイルを意識した流行の取り入れ方が、知的なおしゃれ意識を感じさせて。

ネイビートップスにデニムを合わせた冬コーデ


【1】ネイビーニット×ライトブルーデニムパンツ

ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、デニム(ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店)、スカーフ(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、ネックレス(エスケーパーズ〈クレッシオーニ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2020年
ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、デニム(ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店)、スカーフ(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、ネックレス(エスケーパーズ〈クレッシオーニ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2020年

ローゲージニットにデニムという、ネイビー系でまとめた着こなしの襟元にスカーフを重ね、「近め美人」度アップ。濃淡ブルーのカシミヤスカーフは、70cmのコンパクトサイズがあしらいやすい。ジラール・ぺルゴの時計やマーク・クロスのバッグという、スクエア感のある小物使いが印象的です。

【2】ネイビーニット×ライトブルーデニムパンツ

ニット・デニム・バッグ・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ニット・デニム・バッグ・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

編み地に表情のあるニットは、ブランドの今季のキーカラー・ブルーに、メタルボタン付きレザーパイピングをのせた大人好みの一枚。「ジャスミン」の色名にエレガンス香るオフホワイトのバッグが、デニムコーディネートの清新な引き締め役になってくれます。

冬のネイビートップスコーデの関連記事