これがレストラン…!? 謎に包まれていた「TREE by NAKED yoyogi park」

プロジェクションマッピングという新技術で、現実世界にアートの魔法をかけてきたネイキッドが新たに手掛けたのが、食とアートが融合するレストラン「TREE by NAKED yoyogi park」です。

ここは、1日のうち18時と20時半の2部制、各8人のみ体験できる完全予約制のレストラン。事前情報ではその内容は明らかにされていませんでしたが、いよいよ2017年7月28日(金)に新たな体験の扉が開かれました!

場所は、緑豊かな代々木公園の近く、大きなガラス張りのファサードのシンプルな建物です。この建物の地下1Fから2Fまで移動しながら、6皿のコース料理をいただきます。

場所は千代田線代々木公園駅の2番出口を出てすぐ。 小田急線代々木八幡駅からもアクセス可。

注意しなればならないのが、同じ回の8人は同時に体験する必要があるため、まずは遅刻厳禁。また、中抜けすると素敵な演出を体験できず、ただ料理をいただくだけとなってしまい、スペシャルな内容はカットされてしまいます。映画館で携帯電話を切るように、同席したメンバーと一緒に楽しむことを邪魔するものは、遮断しておきましょう。途中離席もタイミングを見て。

定刻になったら1階のフロアからまずは地下へ移動。 「LIFE」がテーマの物語「Scenes of Life」の概略をその日のメニューとして聞きながら、「食前酒」をいただくところからスタートします。

お酒といいますが、実はフルートグラスに入ったジャガイモのエスプーマ。※食前酒の内容はオープン後、季節やその日の仕入れ状況によって変わる予定です。

空間全体が演出されたB1~2Fまでの3フロアを移動しながら、 食×アートが融合する体験は、さらに続きます。VRや、部屋全体や料理のお皿、テーブルまで使ったプロジェクションマッピング、少し暗めの照明は、逆に味覚や触覚を高め、お料理への集中度もアップ。

「刺激」をテーマにした一皿。


キラキラお料理が光る演出は複数の技術を組み合わせることでただライトをあてているのとは違う輝きを放っています。

料理が提供される前の演出も見逃せません。お魚を触ると驚きのアクションが…!

最後のデザートは、2階の四季が移り変わっていく不思議な木のある「森の実験室」をテーマにした空間でいただきます。こちらのデザートは、パリ発のスイーツブランド「HUGO&VICTOR」とコラボレーションしたもの。たぐいまれな味覚を持つユーグ・プジェさんが創り出したスイーツで、これまでに経験がない食の世界からの離脱に向けてクールダウン。

3段になったスイーツボックススタイル。コーヒーまたは紅茶と一緒にいただきます。

ネイキッド代表の村松亮太郎さんはこちらの店舗について、レストランでありながら「2時間半、物語性を持ったアート体験をしていただく」場だといいます。これまでのネイキッドが開催してきた屋内型の体験型イベント「FLOWERS by NAKED」「SWEETS by  NAKED」でも食とのコラボレーションがありましたが、今回は座った状態で新たな体験ができる演出のため、よりダイレクトに感じられます。海外からのゲストを招待するときには、不思議の国・日本の新しい文化を紹介できそうです。

第一弾のメニューはコースのみで¥15,000。料理を監修したのは渋谷区初台にあるブルックリンスタイルのレストランカフェ「HOFF」で、それぞれのメニューにペアリングしたアルコール類(セットで¥3,000)もぜひ予約の際に入れておくのがおすすめです。

問い合わせ先

  • TREE by NAKED yoyogi park (予約・問い合わせはサイト内のフォームから)
  • 営業時間/17:30~23:00
    ・第1回 開店17:30、開始18:00、終了19:30 (退出20:30まで)
    ・第2回 開店20:00、開始20:30、終了22:00 (退出23:00まで)
    席数/1回8名限定(※完全予約制、1日2回転の完全入れ替え制)
    定休日/不定休
    住所/東京都渋谷区富ヶ谷1-10-2

※価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子
EDIT :
安念美和子