春のカジュアルコーデのお手本集です。都会の街並みやリゾートにも映える、アーバンな大人のカジュアルスタイルを、雑誌『Precious』よりピックアップ。バッグや靴にもこだわる、洗練されたカジュアルスタイルが満載です。

【目次】

40代からのレディース春の大人カジュアルコーデ【パンツスタイル】


【1】ライトグレーロングカーディガン×白Tシャツ×ライトグレーパンツ

カーディガン・フレンチスリーブのTシャツ・中に着たタンクトップ・パンツ・靴(ジェームス パース 青山店〈JAMESPERSE〉)、JENNY BIRDのイヤリング・ PALAのブレスレット(TOMORROWLAND) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
カーディガン・フレンチスリーブのTシャツ・中に着たタンクトップ・パンツ・靴(ジェームス パース 青山店〈JAMESPERSE〉)、JENNY BIRDのイヤリング・ PALAのブレスレット(TOMORROWLAND) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

やわらかな風合いのカシミアロングカーディガン、ガーゼのように優しいハイゲージの白Tシャツ、伸縮性のあるコットンの裾リブパンツ…。素材感の異なる淡色を重ねると、シンプルがこんなにも表情豊かに。

【2】白カーディガン×白シャツ×ブルーデニムパンツ

チェーン付きカーディガン・白シャツ・デニム・バッグ『カイア』・バングル(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)シ 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
チェーン付きカーディガン・白シャツ・デニム・バッグ『カイア』・バングル(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)シ 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

オフホワイトのカーディガン&白シャツ&デニムという清潔感あふれるカジュアルに、深みのあるミディアムブルーのミニショルダーバッグを合わせたスタイリング。パイソンに、

【3】カーキトレンチコート×白カットソー×ブルーデニムパンツ

コート・カットソー・デニム・サングラス・ピアス・ブレスレット・バッグ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
コート・カットソー・デニム・サングラス・ピアス・ブレスレット・バッグ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ダークカーキのトレンチのベルトをきゅっと巻いて、女っぷりよくかっこよく仕上げたTシャツ&デニムのエレガント・カジュアル。

【4】白シャツ×ターコイズパンツ

シャツ(リシュモンジャパン アライア〈アライア〉)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAK〈I M/G TASAKI〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(ロンハーマン〈カンフォラ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ(リシュモンジャパン アライア〈アライア〉)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAK〈I M/G TASAKI〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(ロンハーマン〈カンフォラ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ヨーロッパマダムのような上品カジュアルを、白シャツ&きれい色&軽快小物でかなえたスタイリング。Aラインシルエットのシャツは、そでやすそのボリューム感が程よい甘さをもたらして。フォルムの美しさで支持を集めるアライアだからこそのクチュール感もオーラを放つ秘密に。まるで地中海の澄んだ色を彷彿とさせるターコイズ色のパンツが、白シャツの爽快なムードをさらに際立たせて。カゴバッグとヌーディ靴で、チャーミングに着こなしたい。

【5】ベージュトレンチコート×白プルオーバー×ネイビーワイドデニムパンツ

コート・プルオーバー・パンツ・時計・ネックレス・スニーカー(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
コート・プルオーバー・パンツ・時計・ネックレス・スニーカー(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

トレンチコート本来のスタイリッシュな表情と、洗練されたリラックス感のあるシルエットが調和。ベーシックを知り尽くした大人も魅せられる新テイストに。襟を立てたり、そでをたくし上げたり…着こなし方でさまざまな表情を楽しめます。ワイドなデニムと白カットソー、白スニーカーというリラックスカジュアルも品よく導いて。

【6】白シャツ×ストライプ柄パンツ

シャツ・パンツ・ベルト・リング・バングル・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ・パンツ・ベルト・リング・バングル・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

白シャツの清潔感とストライプのパンツで、マリンな雰囲気が漂う春のパンツスタイル。透け感のあるごく薄手のコットンシャツは、生き生きとした美しさが宿る清潔感が魅力。

【7】白ロングジレ×白Tシャツ×ライトグレーパンツ

ジレ・カットソー・パンツ (アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス (アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ピアス・バングル (ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジレ・カットソー・パンツ (アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス (アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ピアス・バングル (ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

白Tシャツを普段着に見せないのは、ロングジレのリッチ感のおかげ。淡いグレーのリラックスパンツを合わせ、肩の力が抜けた極上のカジュアルを。ジレのナローラペルの細身のシルエットは、程よいきちんと感もキープ。

【8】ベージュカーディガン×白Tシャツ×ブルーパンツ

カーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、Tシャツ(Vince表参道店)、パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(アオイ〈プリニオヴィゾナ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
カーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、Tシャツ(Vince表参道店)、パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(アオイ〈プリニオヴィゾナ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

すっきりとしたブルー&美脚効果の高いベルテッドのハイウエストパンツで、シンプルなTシャツ×ニットというコーディネートに、スタイルアップを実現! 淡色でまとめて、ブルーの発色を際立たせて。後退色でもあるブルーやパープルなどの寒色には、下半身をすっきり見せる効果が。

【9】ブラウンロングジレ×白シャツ×ブラウンパンツ

マックスマーラのジレ・パンツ・エス マックスマーラのシャツ(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス・ブレスレット(マルコ・ビチェゴジャパン)、バッグ(ロエベ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
マックスマーラのジレ・パンツ・エス マックスマーラのシャツ(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス・ブレスレット(マルコ・ビチェゴジャパン)、バッグ(ロエベ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

この春、新顔としてワードローブに添えたいロングジレは、シャツとレイヤードするだけで装いに奥行きが生まれます。ベルトやポケットにレザーが配されたサファリルックの面影が漂う一着が、カジュアルの精度を上げてくれる鍵。清潔感あふれるバンドカラーの白シャツをインに合わせて、キリッと聡明に。

【10】ベージュトレンチコート×白シャツ×ブラウンパンツ

コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(Theory)、ピアス・バングル(TASAKI)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(Theory)、ピアス・バングル(TASAKI)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

白シャツと肌見せを軽やかに効かせた茶系ワントーンで、ノーカラーのトレンチコートを小粋にまとめたピクニックスタイル。

40代からのレディース春の大人カジュアルコーデ【スカートスタイル】


【1】グレーブルゾン×白トップス×ライトグレーチュールスカート

ブルゾン・トップス・スカート・靴 (アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・バングル (ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ブルゾン・トップス・スカート・靴 (アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・バングル (ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

コロンとしたボンバーブルゾンは、ふんわりと広がるチュールスカートと相性抜群。マットなグレー×透け感のあるグレー…絶妙な淡色の濃淡が、春の日差しに心地よい。

【2】ベージュニット×ネイビープリーツスカート

ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

ハリのあるコットン混生地にアコーディオンプリーツを施して、エアリーな量感を出したネイビースカートが主役のスタイリング。プリーツスカートの軽やかさを着こなし全体でキープするべく、合わせたニットも素材を薄手のカシミアシルク、色をペールベージュに仕上げるのが、着こなしの成功の秘訣。

【3】ネイビーシャツ×ネイビーデニムスカート

シャツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、スカート(マディソンブルー)ピアス・ブレスレット(フレッド)、バッグ(伊勢丹新宿店 本館1 階〈モワナ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
シャツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、スカート(マディソンブルー)ピアス・ブレスレット(フレッド)、バッグ(伊勢丹新宿店 本館1 階〈モワナ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

バンドカラー&比翼ボタンですっきりと仕立てたエレガントなシャツに、リジッドデニムスカートのネイビーをつなげて、大人好みのシックカジュアルが完成。ネイビーカラーの引き締め効果と、スカートのミニマルなシルエットがスタイルアップに貢献。凛としたオールネイビーには、ベージュピンクのバッグや靴で、可憐な彩りを添えて。

【4】白シャツ×ブラウンスカート

スカート(アマン〈アンスクリア〉)、シャツ(エリオポール代官山)、帽子(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(ザ ダラス ラボ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サンダル(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
シャツ(エリオポール代官山)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、帽子(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(ザ ダラス ラボ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サンダル(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

フレアシルエットのマキシ丈スカートは、リネン×コットン素材のドライな風合いで肌に心地よく、旅の主役にしたい一着。フロントスリットが深めに入っているため、足さばきもよく街歩きに最適。ブリックカラーのスカートを軽やかに仕上げるべく、白の帽子やシャツで爽やかに仕上げましょう。

【5】黒Tシャツ×ブラウンスエードスカート

ベルト・バッグ・ブレスレット・Tシャツ/ブローチ付き・スカート(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、サングラス(サラディストリビューション東京〈オリバーゴールドスミス〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
Tシャツ/ブローチ付き・スカート・ベルト・バッグ・ブレスレット(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、サングラス(サラディストリビューション東京〈オリバーゴールドスミス〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ブラックTシャツとスエードスカートの着こなしにベルトを加えるだけで、旬の表情に。トレンドアイテムに挑戦するときこそ、上質素材を見極めることが大切。スネークレザーの艶や、「ガンチーニ」のモチーフがシンプルな着こなしに迫力をもたらします。ベルトに付属した「AirPods」ケースやチェーンは取り外すこともできるため、着こなしに合わせてアレンジを楽しむことも。

【6】シルバーブルゾン×シルバーニット×イエロースカート

ブルゾン・プルオーバー(アンテプリマジャパン〈アンテプリマ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、イヤリング・リング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブルゾン・プルオーバー(アンテプリマジャパン〈アンテプリマ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、イヤリング・リング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

ジャケットやカーディガンを合わせて品良く、かわいらしく着ることが多いきれい色スカート、涼やかなシルバーブルゾンで合わせれば、颯爽とした印象に。ブルゾンのインには同素材ニットを着て端正に。

【7】白Tシャツ×ベージュ柄スカート

Tシャツ・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
Tシャツ・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

クルーネックのコンパクトなTシャツに、シアーなシルク仕立てのマキシスカートを合わせ、ヘルシーな色香を演出。リゾート慣れした大人の女性らしいディナースタイルにも最適。

【8】黒ニット×ライトグレーチュールスカート

スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ニット(スローン〈スローン〉)、スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

やわらかなグレーの陰影を宿しながら、軽やかに躍動するロング丈のチュールスカート。黒のハイネックトップスに合わせて、シック&シンプルを楽しんで。

【9】黒シャツ×黒スカート

靴『CH871』(チャーチ 表参道店)、シャツ(ebure)、スカート(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(DES PRES〈アリアナ ボウサード〉)バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
シャツ(ebure)、スカート(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(DES PRES〈アリアナ ボウサード〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴『CH871』(チャーチ 表参道店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

足元を白スニーカーにチェンジするだけで、黒の装いが軽やかに。カーフスキンの白にゴールド使いが映える、洗練が際立つ一足なら効果絶大。

40代からのレディース春の大人カジュアルコーデ【ワンピーススタイル】


【1】ライトグレーワンピース×ライトグレーストール

ワンピース・ジェームス パース別注のファリエル サルティのストール(ジェームス パース 青山店〈JAMES PERSE〉)、ピアス(片耳)・イヤーカフ(片耳)・ネックレス(TOMORROWLAND〈Hirotaka〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース・ジェームス パース別注のファリエル サルティのストール(ジェームス パース 青山店〈JAMES PERSE〉)、ピアス(片耳)・イヤーカフ(片耳)・ネックレス(TOMORROWLAND〈Hirotaka〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

さらりと一枚で着て絵になる、ジェームス パースのヘルシーなワンピースと、ファリエル サルティのストールを合わせたリラックス・スタイル。腕をすっきりと見せる、深めのカッティングが健康的な美しさを印象づけるロングワンピースは、なめらかなスエードタッチ。優しい風合いと控えめなAラインのシルエットが、さりげなく女らしさを印象づけます。

【2】ブルーワンピース×ベージュサンダル

ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ガブリエラ アルティガス〉)、靴(ステディ スタディ〈エンシェント・グリーク・サンダルズ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ガブリエラ アルティガス〉)、靴(ステディ スタディ〈エンシェント・グリーク・サンダルズ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

清潔感のあるブルーのワンピースは、大人の女性をいつでもフレッシュに見せる魔法の一着です。

【3】ベージュカーディガン×カーキワンピース

カーディガン・ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(ISETAN SALONE 東京ミッドタウン〈カラット アー〉)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン・ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(ISETAN SALONE 東京ミッドタウン〈カラット アー〉)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ベージュのカーデにカーキのワンピースという、シックなミラノ配色。赤みのないカーキのワンピースは、キュッと詰まったクルーネックのクラシック感と、たっぷりと広がるAラインがドラマティックなシルエットを生みます。のっぺり見せないためにも、手元の大振りアクセサリーや、ワンポイントのネックレスは必須。

【4】白ブルゾン×黒ワンピース

ワンピース・ブルゾン・Gianni Chiarini.のバッグ(Theory luxe)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャンロス〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース・ブルゾン・Gianni Chiarini.のバッグ(Theory luxe)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャンロス〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

シルクのロングフレアによるドレープが優雅なブラックドレス。夏は涼感の黒、秋はシルエットで見せる黒として季節を超えて出番の多い一着に。白いブルゾンをはおれば、スポーティーでモードなモノトーンスタイルが完成します。

【5】カーキワンピース×白スニーカー

ワンピース・MARCO MASIのバッグ(Theory luxe)、アニーのバングル(HAUNT代官山/ゲストリスト)、スニーカー(J.M. WESTON青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース・MARCO MASIのバッグ(Theory luxe)、アニーのバングル(HAUNT代官山/ゲストリスト)、スニーカー(J.M. WESTON青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ウォッシャブルシルクのワンピースは、たっぷりと贅沢な布使いから生まれるフレアのすその揺らめきが素敵! こなれ感のあるカーキなら洗練された大人のカジュアルスタイルに。足元に白スニーカーを合わせれば、ニュアンスカラーがひときわクリアに見えます。

【6】白カーディガン×ベージュシャツワンピース

カーディガン(コロネット〈アバティ〉)、ワンピース(エリオポール代官山)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
カーディガン(コロネット〈アバティ〉)、ワンピース(エリオポール代官山)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

シティ・リゾートへの旅で、アクティブに動く日を想定したスタイリング。リネンのシャツワンピースに、カーディガンを重ねて、シックな街並みに似合うカラートーンに。アクセントに、旅のワクワク気分を盛り上げる、カラフルなバッグを携えて。

【7】ベージュカーディガン×白ベアトップワンピース

カーディガン(スリードッツ青山店)、ベアトップワンピースにしたスカート(クルーズ〈ELIN〉)、ペンダント・ネックレス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、スニーカー(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
カーディガン(スリードッツ青山店)、ベアトップワンピースにしたスカート(クルーズ〈ELIN〉)、ペンダント・ネックレス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、スニーカー(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

白のワンピースを主役に、空調対策にもなる薄手のカーディガンをはおった、リゾートでのリラックススタイル。バッグやネックレスで艶を加えつつ、スニーカーでリラックス。ベアトップのワンピースは、4方向に伸縮する特殊な生地を使用しているため、抜群のフィット感で着心地も良好。

【8】黒ジャケット×カーキワンピース

ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ギャラリーを訪れる休日は、ブルゾンタイプのジャケットをさっとはおり、足元にスニーカーを投入。スニーカーとも相性がよく、カジュアルに着こなせるのも、このロングワンピースに惹かれる理由です。足さばきのいいワンピースから、軽やかなエレガンスが生まれます。

【9】ライトグレーカーディガン×ブラウンシャツワンピース

スニーカー・カーディガン・ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長友善行 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スニーカー・カーディガン・ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長友善行 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ブラウンのシャツワンピースと淡いグレーのロングニットガウンの優しい組み合わせが、きれいめスニーカーの抜け感があることで、ほっこりしすぎず、より今どきなたたずまいに。

【10】黒ジャケット×黒ワンピース

スニーカー・バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ジャケット・ワンピース(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、TASAKIのピアス・ダブルフィンガーリング・TASAKI TIMEPIECESの時計(TASAKI) 撮影/長友善行 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スニーカー・バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ジャケット・ワンピース(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、TASAKIのピアス・ダブルフィンガーリング・TASAKI TIMEPIECESの時計(TASAKI) 撮影/長友善行 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

クッション性のいい7cmのインヒールを備えたメッシュのスニーカーは、華やかなビジューをあしらったアイコンのバックルがアクセントに。スーツやワンピースにも似合う、こんなエレガントな黒スニーカーなら、移動の多い日の最強のパートナーになってくれます。

春の大人カジュアルコーデに合わせたいバッグ


【1】ベージュプルオーバー×黒レザーパンツ×黒かごバッグ

プルオーバー・パンツ・イヤリング・ブレスレット・バッグ『パニエ』・靴(サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
プルオーバー・パンツ・イヤリング・ブレスレット・バッグ『パニエ』・靴(サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

トップス×パンツというシンプルな装いが増えるこれからの季節、大きめのかごバッグで圧倒的な存在感を。黒ならエレガントに見えるうえ、ケルト風モノグラムバックルをあしらったベルト付きで華やぎも。

【2】オリーブグリーンブラウス×オリーブグリーンパンツ×ゼブラ柄ハンドバッグ

ブラウス・パンツ(ブラミンク)、ペンダント・バングル(ホアキン・ベラオ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・パンツ(ブラミンク)、ペンダント・バングル(ホアキン・ベラオ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

オリーブグリーンのブラウス×細身パンツのワントーンコーディネート。ゼブラ柄のバッグやボリュームのあるバングルで、キレ味よく仕上げると、オリーブグリーンの配色にメリハリが生まれます。辛口な色だからこそ、タックが施されたブラウスも、モダンな印象に。

【3】ネイビーブラウス×ネイビーパンツ×エメラルドグリーンハンドバッグ

ブラウス・パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ピアス・ブレスレット(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ピアス・ブレスレット(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

体を締め付けないテントラインのシルエットでありながら、比翼仕立てのシャツ襟で、キリッとした表情も期待できるネイビーのブラウス。細身の足首見せパンツを合わせてすっきりと。エメラルドグリーンのワンハンドルバッグが、ネイビーの着こなしを平坦に見せないポイントに。

【4】ネイビージャケット×ネイビーカットソー×ブルーデニムパンツ×シルバーチェーンバッグ

ジャケット・カットソー(マディソンブルー)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス・ブレスレット(ドゥロワー 青山店〈オール ブルース〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ビームス ハウス丸の内〈フラテッリ ジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジャケット・カットソー(マディソンブルー)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス・ブレスレット(ドゥロワー 青山店〈オール ブルース〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ビームス ハウス丸の内〈フラテッリ ジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

ネイビージャケット×ネイビーカットソー×ブルーデニムという定番スタイルに、差をつけるのは洗練された小物使い。自然な光沢を浮かべたリネンツイルのテーラードジャケットのこなれ感に、今っぽさを加える適度な色落ちデニムを選び、シルバーの小物使いでエッジを効かせると、都会的なムードに仕上がります。

【5】ベージュロングジレ×黒カットソー×黒パンツ×白ハンドバッグ

ジレ(三喜商事〈バンフォード〉)、カットソー(Vi nce 表参道店)、ドゥロワーのパンツ・セルジオ ロッシの靴(ドゥロワー 六本木店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ペンダント(showroom SESSION〈カオル〉)、バッグ(リシュモンジャパンセラピアン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジレ(三喜商事〈バンフォード〉)、カットソー(Vi nce 表参道店)、ドゥロワーのパンツ・セルジオ ロッシの靴(ドゥロワー 六本木店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ペンダント(showroom SESSION〈カオル〉)、バッグ(リシュモンジャパンセラピアン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

カーディガン代わりの活躍が期待される、シンプルに徹したロングジレ。ダブルフェースの素材が、軽やかなシルエットを可能に。シンプルなロングジレがフレームとなり、インのカットソーとパンツを黒でつなげることで、ロング&リーンが実現。スマートな印象へと導きます。

【6】黒トップス×ベージュスカート×ゴールドバッグ

スカート・トップス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ) バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート・トップス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ) バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ドルマンスリーブのゆったりトップスをタイトスカートできゅっと引き締めて、切れ味のいいシルエットが映えるシンプルな着こなし。スエットのスポーティな質感に、小物使いでリッチな女らしさを添えたいから、アイコニックなバックルモチーフの靴とゴールドのバッグを投入。フラット靴にすることで、より軽やかに。

【7】ブラウンニット×ブラウンパンツ×白トートバッグ

ニット・パンツ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・ネックレス・チャーム・ブレスレット・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ニット・パンツ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・ネックレス・チャーム・ブレスレット・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

極上シルクのニットをセットアップで楽しむ、新たなスタイルが穏やかな気品を漂わせて。ニットはロロ・ピアーナが開発したサステナブルシルクを用いたもの。極上の素材を引き立てるように、白のスニーカーや白のトートバッグでクリーンに決めれば、弾ける笑顔がさらに輝く。のっぺりしないよう、インパクトのあるジュエリーで立体感を出して。

【8】ライトグレーコート×白パーカー×ベージュパンツ×ブラウンリュック

コート(ヘルノ・ジャパン)、Tシャツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、パーカ(三喜商事〈イレブンティ〉)、パンツ (ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
コート(ヘルノ・ジャパン)、Tシャツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、パーカ(三喜商事〈イレブンティ〉)、パンツ (ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

防水、防風、汗の発散にすぐれたヘルノのハイテク素材を使ったフーデットコートに、チノパンやパーカを合わせ、全身を淡いベージュ系でまとめた、育ちのよさが伝わる休日カジュアルスタイル。リュックを背負って、公園へお出かけ!

【9】イエローニット×白カットソー×グレーデニムパンツ×ベージュフリンジバッグ

ニット・バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

休日の定番ボトムとして新スタンダードに浮上した、グレイッシュデニムときれい色ニットでチャーミングに。白のカットソーをニットからのぞかせて、さらに肌色を明るく。

【10】ベージュカーディガン×ベージュニット×黒デニムパンツ×柄バッグ

カーディガン・ニット(スローン)、デニム(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(アマン〈ア ヴァケーション〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン・ニット(スローン)、デニム(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(アマン〈ア ヴァケーション〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ベージュ系ツインニットに、J.M. WESTONの白ローファーを合わせ、ハンサムな雰囲気に着こなしたデニムスタイル。ノンウォッシュのブラックデニムなら、ニットアンサンブルを合わせた定番のトラッドスタイルも、軽やかにアップデートされます。

春の大人カジュアルコーデに合わせたい靴


【1】ベージュコート×白ニット×白パンツ×黒ダッドスニーカー

コート(マッキントッシュ青山店)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(トラデュイール)、サングラス(アイヴァン PR)、ネックレス・バングル(ホアキン・ベラオ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
コート(マッキントッシュ青山店)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(トラデュイール)、サングラス(アイヴァン PR)、ネックレス・バングル(ホアキン・ベラオ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

澄んだ洗練が香るベージュ×白の配色で、カジュアルスタイルにクラス感を加えて。前を開けても端正なトレンチコートに、白でまとめたトップス+程よいゆとりのあるパンツのⅠラインで、抜け感をプラス。

【2】黒コート×白トップス×ワイドパンツ×白ストラップヒール

コート・トップス・パンツ・靴(イザ〈ニナ リッチ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
コート・トップス・パンツ・靴(イザ〈ニナ リッチ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

やわらかな素材でゆとりのあるシルエットのニナ・リッチのトレンチコートに、首のつまった白トップスとワイドパンツを合わせたスタイリング。前をオープンにして、端麗モノトーンの装いをいきいきと表情豊かに。歩くたびに優雅に揺れるシルエットで、好印象に! 

【3】ネイビーシャツ×ライトグレーパンツ×白ローファー

シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、イヤーカフ(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、イヤーカフ(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

かっこいいのに女らしい!ミラノマダムのようなこなれたシャツ×パンツスタイル。リネンパンツにキメの美しいネイビーシャツをタックインし、イタリアの伊達男を彷彿させる、洒脱な着こなしに。ロングパールや白のローファーで、清潔感と気品を加えるのが成功のカギ。

【4】黒ロングジレ×白ニット×グレーグレンチェックパンツ×白ハイテクスニーカー

エス マックスマーラのジレ・マックスマーラのニット・パンツ( マックスマーラ ジャパン)、マリア ブラックのネックレス/首元から・カオルのバングル・リング(showroom SESSION)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
エス マックスマーラのジレ・マックスマーラのニット・パンツ( マックスマーラ ジャパン)、マリア ブラックのネックレス/首元から・カオルのバングル・リング(showroom SESSION)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

気軽にはおれて、なおかつモードな雰囲気が楽しめると、ファッション賢者の間で人気なのが、ロング丈のジレ。引き締め効果の高い黒のダブルフェースのジレにグレンチェックのパンツを合わせて、大人のスポーティ・スタイルに。白のハイテクスニーカーがあれば、オンスタイルも生き生きとした表情に。

【5】白シャツ×ベージュパンツ×ブラウンジョッパーブーツ

シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ (ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(エルディスト〈アラナス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、スカーフ(エルメス) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ (ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(エルディスト〈アラナス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、スカーフ(エルメス) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

ラッキーカラーのブルーのスカーフを頭に巻いて、青山界隈でショッピングする日のスタイリング。休日ならではのパンツスタイルも、端正な白シャツを合わせるのが、大人っぽく洗練されて見える秘訣。足元は、ブラウンのジョッパーブーツで品よくまとめると、都会的な印象に。

【6】オレンジブラウス×ネイビーパンツ×ベージュフラットパンプス

パンツ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、ブラウス(トレメッツォ〈バグッタ〉)、ネックレス(エルメスジャポン)、ストール・バッグ(レキップ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
パンツ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、ブラウス(トレメッツォ〈バグッタ〉)、ネックレス(エルメスジャポン)、ストール・バッグ(レキップ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

リラックスできる休日は、いつもと違う気分のおしゃれを楽しみたいから、鮮やかなオレンジのスキッパーブラウスとパンツで活動的に。ブラウスの鮮やかな色味をリフレインする、グリーンのストールもポイント。足元はヌーディなパンプスで大人っぽく仕上げて。

【7】白Tシャツ×ベージュスカート×黒レースアップサンダル

スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、カットソー(ebure〈ebure〉)、ブレスレット・リング(ラリック銀座店)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カットソー(ebure〈ebure〉)、スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、ブレスレット・リング(ラリック銀座店)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

薄く、軽いゴートレザーで季節を問わず活躍する、スリムなスカート。一枚でさらりと着たいTシャツは、しなやかな薄手より程よく地厚なほうが、カジュアルでも着くずれせず、きちんとした印象に。そんなスポーティなたたずまいには、レースアップのサンダルで、爽やかな抜け感をプラスします。

【8】白ブラウス×グリーンタイトスカート×厚底スニーカー

スカート・ブラウス・イヤリング・バングル・バッグ・スニーカー(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート・イヤリング・バングル・バッグ・スニーカー(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

クラシックなひざ下タイトスカートには、これくらいスポーティで大胆な靴合わせが好バランス。女らしさと男っぽさ。この両極の魅力を違和感なくぶつけられるのも、カジュアルの楽しいところ。一見インパクトがありすぎる?と思い込みがちな厚底スニーカーも、上質な着こなしに合わせれば、若い部下からも「さすが!」と一目おかれること間違いなし。

【9】グレーニット×ライトグレースカート×グレーレザースニーカー

靴『ディップ』(リエート〈サントーニ〉)、ニット(ebure)、スカート(Vince表参道店)、ネックレス(マダマ伊勢丹新宿店)、リング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
靴『ディップ』(リエート〈サントーニ〉)、ニット(ebure)、スカート(Vince表参道店)、ネックレス(マダマ伊勢丹新宿店)、リング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

グレーの色味もさることながら、シルエットの美しさも秀逸なレザースニーカーなら、洗練度抜群! 話題のレストランを訪れる休日にも活躍すること間違いなし。

春のカジュアルコーデの関連記事