「フラットシューズ」はスタイリスト髙橋リタさんのマストアイテム!

ファッション誌『Precious』や、さまざまなブランドとのコラボでも活躍している、スタイリストの髙橋リタさん。

「クリーン、知的、上品」をキーワードとしたリタさん流のスタイリングは、シンプル&ベーシックなのに今っぽく、さらに実用性や心地よさといったポイントもしっかり押さえた絶妙なさじ加減が人気を呼んでいます。

そんなリタさんの最新プライベートスタイルブック『スタイリスト髙橋リタの偏愛ITEMリスト100』では、日々愛用している私物を中心とした「プライベートな名品」や、これまでのお気に入りアイテムを振り返るファッション年表などを大公開!

リタさんのおしゃれエッセンスが詰まったコンテンツの中から、今回は春夏ファッションにぜひ取り入れたい「フラットシューズ」をご紹介します。バーサンダル、ビーチサンダル、スニーカー、それぞれのお気に入りポイントとは?

髙橋リタさん
スタイリスト
(たかはし りた)女性誌『Oggi』や『Precious』などで活躍、そのブレないスタイル提案、長く愛せるアイテムを選び取る審美眼が不動の人気を集めている。東京と七里ヶ浜を行き来する二拠点のライフスタイルを送り、SNS も常に注目の的。ファッションディレクターとして、各ブランドとのコラボも手がけている。近著に『10年愛せる10の着こなし リタ・ベーシックのすべて』(小学館) がある。

リタさんならではの「頑張りすぎない」おしゃれ感を引き出す、フラットシューズ3選

リタさんのスタイリングに欠かせないアイテムのひとつが、フラットシューズ。絶妙な外しワザでこなれたおしゃれに仕上がるポイントとなっています。

さらにデイリーユースできる歩きやすさも、大切なこだわりのひとつ。リタさんが厳選した3つのフラットシューズは、この点もしっかり押さえられています。

■1:絶妙な抜け感で決めてくれる「Gianvito Rossi のバーサンダル」

大人コーデ_1,靴_1
Gianvito Rossi のバーサンダル(私物)

「夏に履くサンダルは、日焼け脚に似合うヌーディなデザインが好き。なかでも足首が華奢に見えるバーサンダルが大好き」というリタさん。

とりわけGianvito Rossi のバーサンダルは、「アンクルストラップの位置が高く、足首のもっとも細いところをホールドするので、足首がより華奢に見え、脚も長く見える。インナーソールには薄いクッションが入っていて、ペタペタ歩いても足が疲れにくいのもうれしいポイント」だそう。

■2:カジュアルだけど大人顔が魅力!「TKEES のビーチサンダル」

大人コーデ_2,靴_2
TKEES のビーチサンダル(私物)

華奢なストラップとレザー素材がお気に入りだというTKEESのビーチサンダルは、「ゴム素材のビーサンより大人っぽく、インナーソールにはクッションが入っているので、どんなに歩いても足の指のつけねが痛くならない。軽くてソフトで履き心地抜群、トングサンダル感覚で使える、夏のヘビーユースアイテム」なのだそう。

「海からそのまま来ちゃったふうに見せないためにも、デニムや膝下丈のスカートなど足を露出しすぎないボトムスを合わせて、クリーンな着こなしに仕上げる」のがスタイリングの秘訣です。

■3:ローファー感覚で使える隠れた名品。「Golden Goose のスターター」

大人コーデ_3,靴_3,スニーカー_1
Golden Goose の「スターター」(私物)

数あるスニーカーの中から、「プライベートな名品」として挙げたのは、Golden Goose の「スターター」。どんなに長い時間履いていても靴擦れしない履き心地のよさと、ほどよくモダンでクラシカルなバランスが、お気に入りの理由です。

フラノでもリネンでもリタさんが持っているほとんどのパンツに合って、ロングスカートやワンピースにもOK! 大好きすぎて、色違いの黒レザーと、かかとのスターがゴールド色の白レザーの計3 足を愛用しているそうです。

約10年ぶりとなる待望のプライベートスタイルブックは、リタさんの“現在”が身近に感じられる必読の一冊!

大人コーデ_4,本_1
『スタイリスト髙橋リタの偏愛ITEMリスト100』¥1,600(光文社)

ご紹介した「フラットシューズ」をはじめとする、リタさんが自身のために選び抜いたファッションやライフスタイルのスタメンアイテムを100のキーワードで大公開!

また、少女時代やスタイリストになるまでを語ったロングインタビューや、お気に入りアイテムをイラストで振り返るファッション年表、インスタグラムで募集したQ&Aコーナーなど、リタさんのおしゃれエッセンスや“現在”を身近に感じられるコンテンツも充実した、見逃せない一冊です。

※掲載された商品は税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
長山一樹(人物)、佐藤彩(静物)
EDIT&WRITING :
谷 花生