夏を快適に、爽やかに過ごすには「白」のパワーが必要不可欠です。白を中心にナチュラルな淡い色を重ねたグラデーション、ネイビーやきれい色と合わせた、メリハリ配色。それらの着こなしの鍵となるのが、基本の「白アイテム」です。

セレクトの基準は、心にも体にも優しいこと! 肌触りがよく、体を締めつけないなどの上質素材やシルエットによる快適さだけではなく、なによりも「心地よさ」を重視したアイテムたちは、シワになりにくい、下着が透けない、ボディラインが目立たないといった、「白を着る日」ならではのストレスをも回避します。

リラックスしながらも、リッチに輝く! 大人のための夏の主役たちです。

●左/アシメトリートップス¥151,000(キートン) 中/ひざ下丈スカート¥56,000(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉) 右/サマーニットのジップアップブルゾン¥226,000(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)

■1:一枚で様になるシルク100%の「アシメトリートップス」

【写真左】アシメトリーに入ったプリーツが印象的なノースリーブトップス。肩周りはコンパクトに、すそに向かって広がるAラインは、ウエスト周りの体型カバーにもひと役買い、構築的なシルエットを描きます。あたりが出にくい、程よく肉厚なシルクジョーゼットを贅沢に使用した「美人トップス」です。

■2:ストンと落ち感のあるウエストリボンの「ひざ下丈スカート」

【写真中】ウエストゴム+ドローストリングの楽ちんスカートは、ハリのあるビスコースの二重織りで、少し地厚な「透けない白」。たっぷりギャザーの分量がありつつも、落ち感があるので、着るとすっきりとしたシルエットに。

■3:着映え効果抜群の頼れるアウター「サマーニットのジップアップブルゾン」

【写真右】素材にこだわる「ロロ・ピアーナ」ならではの、最高級のシルクコットン糸を使用。立体的なハニカム編みが、ラグジュアリーな白の魅力をさらに引き立てます。オンにもオフにも対応するバイカー風の辛口デザインが、旬のスポーツマインドを漂わせるでしょう。

●左/マキシワンピース¥229,000(Nobuko Nishida) 中/ストライプ柄のコットンシャツ¥69,000(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉) 右/ロングジレジャケット¥308,000(三崎商事〈マロ〉)

■4:360 度、どこから見てもパーフェクト!「リネン素材のマキシワンピース」

【写真左】歩いたときに流れるようなラインを生み出すボリュームたっぷりのAラインドレスは、夏だからこそ味わえる白の贅沢。華奢な上半身は、必要以上に肌が露出しないよう首周りやそでぐりの開きが計算されている。リネンの感触を思いきり楽しむために、あえて裏地はなく、ペチコートのみとなっています。

■5:爽快感が夏スタイルの幅を広げる「ストライプ柄のコットンシャツ」

【写真中】ピッチの異なるブルーストライプに白の前立てとカフスが爽やかなコットンシャツ。一見シャープで辛口の印象だけれど、ドロップショルダーや長めの着丈、緩やかに広がるベルスリーブなど、リラックスムードが満載です。

■6:表情豊かな白で旬のレイヤードを「ロングジレジャケット」

【写真右】ヒップまでしっかり覆うロング丈のジレは、一枚重ねただけでリッチ感倍増するため、夏ワードローブに一枚あるとジャケット以上に活躍します。素材はラフィアのようなさらっとした肌触りのコットン。横うねのある織り地が着映え効果を約束。肩先が隠れるキャップスリーブも魅力です。

 

以上、清潔感があり、着心地も抜群な「白アイテム」6選でした。涼やかなコーディネートの主役にもワンポイントにもなる「白」を、残暑の季節のファッションで小粋に取り入れてみませんか? また、これらのアイテムを使った「白の1か月コーディネート」も毎日、1コーディネートずつ更新しています。合わせて着こなしの参考にしてみてください。

【8月1日:ロングジレできちんと感ある「全身白」スタイルに】

※価格はすべて税抜です。

PHOTO :
佐藤 彩
STYLIST :
大西真理子
EDIT&WRITING :
廣田沙羅・竹市莉子(HATSU)、喜多容子(Precious)