フィジアンの笑顔はみんなをハッピーに!

歓待を示す「カバの儀式」。胡椒科の植物の根を粉末にして水に溶かしたのみもので、少し舌にしびれを感じることも。エキゾチックな伝統文化も、フィジーの魅力 Photography: Marriott International/Tracy Wong

「ブラー(こんにちは)!」

太陽のような大きな笑顔で、挨拶を送るフィジアン。体格がよく強面ながらも、くしゃりとした笑顔を向けられると、誰もがつられてニッコリ。陽気で、面倒見がいいのは国民性のようで、生まれもってのもてなし上手です。

いつも楽しそうなフィジアン。こちらも幸福な気持ちにさせてくれます。 Photography: Marriott International/Tracy Wong

とあるハリウッド女優は、リゾートで子供のケアをしてくれたナニー(母親に代わって子育てをする人)をとても気に入り、その場でボスに交渉して米国へ連れて帰ったという逸話も。また、ビル・ゲイツと一緒にゴルフをプレイしたリゾートスタッフは「フォームがなってない。あまり練習していないね」と指導までしたとか。リピーターにフィジーの魅力を聞くと、いちばん多い答えが「人がいい」。また会いに行きたくなる人々なのです。

フィジーに10年ぶり、2軒目の水上コテージがフィジー本島に

2017年4月にオープンした「フィジー・マリオット・リゾート・モミ・ベイ」(以下、マリオット・モミ・ベイ)が位置するのは、フィジーの本島であるビチレブ島の南西。この島でいちばん美しいとの呼び声が高い、ナタンドラビーチの近くにあります。このリゾートができるまでは何もなかった場所で、道を切り拓くところからはじまり、開業までには11年の歳月がかかったそう。近隣にはチャンピオンシップゴルフコースがあり、会議場も備え、ゆくゆくは複合リゾートエリアを目指しています。

東京ドーム4個分の広大な人工ラグーン。ビチレブ島随一の美しさといわれるナタンドラビーチが近くにあります。

そしてマリオット・モミ・ベイが注目を集めている理由は、やはり水上コテージ! 実は、これまで離島に1軒しか水上コテージがなく、今回の登場は10年ぶりのビッグニュースです。

船底を上に向けたようなデザインの水上コテージ。

22棟の水上コテージ(380FJD~ 1FJD=¥56 ※2017年9月23日現在)は、東京ドーム4個分の人工ラグーンに浮かんでいます。オセアニアの海洋民族が大海を渡っていた船を上下逆さにしたようなフォルムが印象的です。インテリアには伝統的な布のタパクロスからインスパイアされたモチーフや色使いでまとめられ、天井から下がるライトは魚を捕まえた竹かごのデザイン。随所にフィジーらしさが取り入れられています。そしてテラスからそのままラグーン内に入ることもできます。

大人のカップルと、ファミリーの住み分けがきちんと

人工ラグーンなので波もなく、穏やか。スタンドアップパドルボートなどモーターを使わないマリンアクティビティーは無料です。

フィジーはオーストラリアのファミリー層に人気が高いデスティネーションですが、こちらは巧みなランドスケープデザインから、ゲスト層の住み分けがされ、静寂に包まれて過ごすことも、アクティブに遊ぶことも可能です。

ナチュラルなテイストの水上コテージ室内。デイベッドを置く広々としたテラス付きです。

3つのレストランのうち、おすすめは「フィッシュ・バー」。高台から南太平洋を一望でき、隣接するインフィニティプールもあわせて、サンセットの特等席です。こちらの眺めのいいプールは16歳以上オンリー。大人だけのお楽しみです。

やや高台にあり、サンセットに合わせて訪れたいフィッシュ・バー。サーブするのはシーフード料理
フィッシュ・バーに隣接するインフィニティエッジのプール。16歳以上に限定
スターフルーツやノニなど、トロピカルな香りが人気のコスメ「ピュア・フィジー」を使用するクアンスパ。

プロサーファーも注目のロケーション

世界的な大会も開催されるサーフスポット、クラウドブレイクへ船で約25分。

そしてビッグウェイバーのサーファーにも朗報! マリオット・モミ・ベイはモンスターウェイブが押し寄せる「クラウドブレイク」までボートで約25分。充実したホテルステイを満喫しながら、ハイパーなサーフィンが楽しめるとあって、オープンして2か月と経たずにマーク・マシューズやジョディ・スミスなどのプロサーファーも滞在しにやってきました。

新しい水上コテージの選択肢が増えたフィジー。笑顔のフィジアンがお待ちかねです。

問い合わせ先

【関連記事:これまでの「世界のラグジュアリー・リゾート」連載はこちら】

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子