2020年1月号の「ニューノーマル時代の『新名品』」特集の中で、雑誌『Precious』編集部は、世界的パンデミックを経験し価値観の変わる今を生きる女性にふさわしい、ファッションの「新名品」について考え抜き、「ネオベーシック名品」「ハッピー名品」「エンパワーメント名品」という3つのカテゴリーに分けました。

今回ご紹介するキートンのカシミアジャケットは、「エンパワーメント名品」のひとつ。ファッション・ジャーナリストの藤岡篤子さんにご推薦いただきました。

※「エンパワーメント名品」=一過性のトレンドに左右されない、オーセンティックなワードローブやジュエリーといった、ブレない芯の強さを備えた"不朽の名作"のことで、ニューノーマル時代を迎えた今こそ求められていると考えます。
犬走 比佐乃さん
スタイリスト
(いぬばしり ひさの)富士見高等学校から文化女子大学短期大学部被服専攻科を卒業し、SUNデザイン研究所に入社。主にファッションショーのスタイリストとして「ケンゾー」「サンローラン」「ディオール」等のショーの制作に携わる。1985年、SUNデザイン研究所より独立し、フリーランスのスタイリストとしてファッション全般の広告、雑誌関係の仕事を中心に、セミナー、トークショー等でも活動している。

そでを通すと、だれもが納得する最上級の仕立てのよさ。「キートン」のカシミアジャケット

ジャケット_1,カシミヤ_1
ナポリ伝統のサルトリアーレ(仕立て)文化を受け継ぐ職人技で生み出されるカシミアジャケットは、独特の艶やかさも魅力。ジャケット¥552,000(キートン) ●素材:カシミア ●サイズ展開:38~46(イタリアサイズ)

一生、着続けたいと思うほどジャケットをこよなく愛する、スタイリスト・犬走比佐乃さん。

「『キートン』のジャケットには、ジャケット愛好者にとっては必須の快適さがあります。なめらかな素材感で着心地がよく、そでを通すと美しいシルエットに。ボックス型に見えて、絶妙なウエストラインを描く仕立てのよさがさすがです」

※掲載した商品は、税抜です。

問い合わせ先

キートン

TEL:0120-838-065

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious1月号』小学館、2021年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
小池紀行・池田 敦(パイルドライバー/静物)
WRITING :
谷 花生
EDIT&WRITING :
川口夏希、遠藤智子(Precious)