最新1月号の「ニューノーマル時代の『新名品』」特集の中で、ラグジュアリーマガジン『Precious』編集部は、世界的パンデミックを経験し価値観の変わる今を生きる女性にふさわしい、ファッションの「新名品」について再考。

「ネオベーシック名品」「ハッピー名品」「エンパワーメント名品」という3つのカテゴリーに分けました。

今回ご紹介するブルガリのペンダントとリング「モネーテ」は、「エンパワーメント名品」のひとつ。スタイリスト・押田比呂美さんにご推薦いただきました。

※「エンパワーメント名品」=一過性のトレンドに左右されない、オーセンティックなワードローブやジュエリーといった、ブレない芯の強さを備えた"不朽の名作"のことで、ニューノーマル時代を迎えた今こそ求められていると考えます。
押田 比呂美さん
スタイリスト
(おしだ ひろみ)雑誌や広告で幅広く活躍。雑誌『Precious』では毎号、華やかさと知性を備えた大人の女性美を引き立てるスタイリングを提案。著書に『大人の女の「エレガンス」磨き』(小学館)ほか多数あり。

アンティークコインとの巡り合わせに、運命を感じて|ブルガリの「モネーテ」

アクセサリー_1,ネックレス_1,指輪_1
『モネーテ』リング[PG×ブロンズアンティークコイン]¥670,000・ネックレス[チェーン70cm/PG×シルバーアンティークコイン]¥2,470,000(ブルガリ ジャパン) ●素材:ピンクゴールド、アンティークコイン

40歳の記念に購入したチョーカーのほか、ペンダントとリングも「モネーテ」を愛用している、スタイリスト・押田比呂美さん。

「本物のアンティークコインを用いているため、それぞれが唯一無二の存在。自分だけのお守り的につけている人が多い人気のジュエリーなので、不思議と惹かれる顔に出合えたら迷わず手に入れるべき!」(押田さん)

※掲載した商品は、すべて税抜です。

※文中の表記は、PG=ピンクゴールドを表します。

問い合わせ先

ブルガリ ジャパン

TEL:03-6362-0100

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious1月号』小学館、2021年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
小池紀行・池田 敦(パイルドライバー/静物)
WRITING :
谷 花生
EDIT&WRITING :
川口夏希、遠藤智子(Precious)