_IGP2655a


最近女性による加齢をテーマにした本が目立つ。紹介するのは角田光代さんの『わたしの容れもの』と中島京子さんの『彼女に関する十二章』。前者はエッセイで、後者は小説仕立てで「私の体と心にこんなことが!」と、ユーモアをもって描いている。

男性作家はこのテのものは書かない。「加齢の到達点で!」だと赤瀬川原平さんの『老人力』があるが、男性は「衰え中」を書かない。男の人って「気力と体力がなくなったらオレは終わり」と思いがちだから、「何々ができなくなった」を世間にさらすのは耐えられないんだろうと思う。でもハイハイや泥水遊びなど、幼児のころは平気でも、大人になったらできなくなったことは多々ある。そっちを「成長」とし、老化を「劣化」と嘆くだけでは人生もったいない。

角田さんのエッセイは最近漫画が読めなくなったことや薄着問題、転倒の恐怖まで、「容れものとしてのわたしの体」を興味津々で見つめている。がっかりもあるけれど、角田さんはそれらを「新しい自分になっていく」と捉えている。

中島さんの作品は50歳の主婦が「あがった」シーンから始まる。「女でなくなるもの悲しさ」という視線で描かれることの多い閉経だが、生理痛に悩まされてきた彼女は解放感を味わう。そして中年女性のファッションは、紫外線や冷えから体を守る武器の要素重視であること、勤め先での時間を増やす決意表明をしたところ、夫から返ってきたのは「晩飯はどうなる」のひと言で、その背中に向け殺気を送るシーンなど、こちらも中年女性のシビアでユーモラスな心身の変化と、職場や家族との新たな関係性が描かれていて共感必至。

若返りを目指すよりフレッシュなアラフォー、アラフィフ、その先でいたい。そう思えてくる2冊。

この記事の執筆者
岩手県生まれ。幼いころから「本屋の娘」として大量の本を読んで育つ。2011年入社。書店勤務の傍ら、テレビや雑誌など、さまざまなメディアでオススメ本を紹介する文学担当コンシェルジュ。文庫解説に『タイニーストーリーズ』(山田詠美/文春文庫)、『母性』(湊かなえ/新潮文庫)、『蒼ざめた馬』(アガサ・クリスティー/早川クリスティ―文庫)などがある。 好きなもの:青空柄のカーテン、ハワイ、ミステリー、『アメトーーク』(テレビ朝日)
クレジット :
撮影/田村昌裕(FREAKS) 文/間室道子