厳しい寒さも本格化。今日はどんなコーデにしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特に、冬のアイテム「アウター」「ニット」「ファー」「ブーツ」をチョイスする時は、全体のバランス感が大切。今らしさや40代の女性らしさを忘れないアイテムのチョイスとコーデ術で、ビジネスシーンもプライベートでも、ワンランク上の冬のファッションを楽しみましょう。

真冬の最新ワイドパンツコーデ

■1:グレーのクロップドワイドパンツ×グレーのコート

コート(エンフォルド)、ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ファーストール(ADORE)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2017年 

すそを翻し颯爽と着こなしたいオーバーサイズコート×ワイドクロップドの最新コンビ。主役のパンツは、上質なタスマニアウールを混紡したソフトツイル生地を使用。ハイウエストに深めのタックが新鮮です。コートのボリューム感に負けないボトムの存在感で、流れるような優雅な印象に。質感が微妙に異なる淡いグレーのグラデーションがプレシャス好み。

■2:グレーのワイドパンツ×ベージュのコート

コート・ニット・パンツ・バッグ・ピアス・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious10月号』小学館、2017年 

休日銀座や日本橋へおでかけするときは、ワントーンコーデで。体を締め付けないニットとワイドパンツの組み合わせは、きちんと見えてノーストレス。長時間のお買い物でも疲れ知らずのスタイルです。

■3:白のワイドパンツ×キャメルのコート

コート(シクラス)、ニット ・パンツ・バッグ(ザ シ ークレットクロゼット神宮前<ペラン>) 撮影/熊澤透 BY :『Precious2月号』小学館、2017年

ボリュームのあるフード付きコートにワイドパンツを合わせるなら、マフラーなどは巻かず、首元はスッキリと。ボリュームを調整します。

■4:ネイビーのワイドパンツ×白のコート

パンツ(三崎商事〈エルミダ〉)、コート(wb)、ニット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、靴(アマン〈ペリーコ サニー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

ニットと同系色のワイドパンツを合わせることで、縦ラインの綺麗な、カジュアルリッチ・スタイルになります。

■5:グレーのワイドパンツ×グレーコート×ボルドーのストール

コート・カットソー(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ストール(Theory)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious12月号』小学館、2016年 

カラーアイテムを主役にするのは勇気がいる…という方は、色のアクセントとしてストールをコーデに取り入れて。大判マフラーをふわっと巻けば首元を品よく仕立て、ワイドパンツのボリューム感を邪魔せずエフォートレスな装いに。

■6:グレーのワイドパンツ×ポンチョ

ポンチョ(ストラスブルゴ〈エルネスト〉)、ニット(Theoryl uxe)、パンツ(三崎商事〈マルゴン〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious12月号』小学館、2016年 

休日に気持ちを切り替えたいときにおすすめなのが、ポンチョ。ゆったりとしたシルエットで肩肘張らない装いに。ボリュームがあるぶん、全体的に色味を合わせてまとまりのある装いに。

■7:マックスマーラのワイドパンツ×カーディガン×スヌード

マックスマーラのスヌード・パンツ・バッグ・エス マックスマーラのカーディガン[共布ベルト付き]・ニット(マックスマーラ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious10月号』小学館、2017年 

今季注目の淡色コーディネート。ファーを簡単に取り入れるなら、首にファーを巻いて。温かみを演出するならスヌードで肩まで覆い、ファーの量を強調して。

■8:オフホワイトのワイドパンツ×シャツ×キャメルジャケット

ジャケット(チェルキ〈トモウミオノ〉)、ニット(Theory luxe)、パンツ(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、靴(ゲストリスト〈ルチェンティ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY :『Precious2月号』小学館、2017年 

ジャケットとパンツのコントラストを強くすれば、品格あるカジュアルなスタイルに仕上がります。

■9:ヴァレンティノのワイドパンツ×ブラウス

ヴァレンティノのブラウス・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ネックレス・リング(フレッド) 撮影/長山一樹(S-14) BY :『Precious9月号』小学館、2017年

パキっとしたイエローのワイドパンツにはモノトーンのブラウスで会食でも通用するきちんと感を。首元はこちらも旬のファースヌードをあわせるのがおすすめです。

■10:黒のワイドパンツ×白のジャケット×ファーのマフラー

ジャケット(Theory luxe)、トップス(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ファーストール(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈マウロ・オリエッティ・カレラ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY :『Precious2月号』小学館、2017年 

黒のワイドパンツに白のジャケットを合わせたオフィスコーデ。首元だけにボリュームをもたせるなら、ファーマフラーを巻いてエレガントが宿る装いに。

■11:チェック柄のワイドパンツ×シャツ×ロングジャケット

パンツ(三崎商事〈エルミダ〉)、バーニーズ ニューヨークのコート・アラニ ザ グレイのシャツ・ミチノのバッグ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)、靴(yoshie inaba) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

今季注目のテキスタイルといえば、グレンチェックをはじめとしたトラッドなチェック柄。ロングジャケットを合わせれば今らしいマニッシュな装いに。

■12:ボルドーのワイドパンツ×トップス×ファースヌード

パンツ・トップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ファースヌード(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、バッグ(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ネックレスチェーン・チャーム(シャンテクレール 東京店)、リング(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious1月号』小学館、2017年 

注目のこっくりカラー、ボルドーのワイドパンツに同系色のトップスを合わせたコーディネート。ファーのスヌードを合わせれば今年っぽい雰囲気に。

■13:白のワイドパンツ×ロングコート×ファーストール

コート・ニット・ミンクファーストール(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ピアス・リング( TASAK〈I M/G TASAKI〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

全身白系のワントーンコーデ。たおやかなIラインに仕上げるのが着こなしのポイントです。

■14:ネイビーのワイドパンツ×ロングコート

ダブルフェースウールのコート・ニット・パンツ・バッグ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ)撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

黒×ネイビーの全身ダークトーンのコーデ。ティファニーのロングネックレスがコーデのアクセントに。

■15:グレージュのワイドパンツ×ファー付きカーディガン

ファー付きカーディガン・靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ニット(三崎商事〈マロ〉)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈アネック ドート〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/水田 学N(OSTY) BY :『Precious2月号』小学館、2017年 

全身グレージュのワントーンコーデ。旬なファー付きカーディガン×スニーカーバランスが今年の気分です。トートバッグでカジュアルに足上げるのが着こなしのコツです。

■16:グレーのワイドパンツ×ウールキャメル混のカーディガン

ウールキャメル混のカーディガン(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ワンダナイロン〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー バイ ケイコササキ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル プレスルーム〈Amb〉) 撮影/浅井佳代子 BY :『Precious12月号』小学館、2016年 

ワイドパンツ×ロングカーディガンのグレー系ワントーンコーデ。ハットとスニーカーのバランスがコーデのポイントです。

■17:カーキのワイドパンツ×ネイビーニット

ニット(ブラミンク)、パンツ(Theory luxe)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ネックレス・バングル(TASAKI)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious9月号』小学館、2017年 

ワイドパンツ×ニットのシンプルな着こなしに、白のハンドバッグとネックレスがアクセントになったコーディネート。

ワイドパンツに合う靴

■1:ショートブーツ

パンツ(サポートサーフェス)、トップス(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ファースヌード(ADORE)、バッグ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ネックレス[ロング]・[タッセル付き](ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious1月号』小学館、2017年 

ベージュのワイドパンツに同系色の今年注目のショートブーツを合わせたコーディネート。

■2:スニーカー

ジレ(MOGA)、ニット(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈チノ〉)、 パンツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、サングラス(ブリンク・ベース〈ティエリー ラスリー〉) 、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉) 、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)、靴(ガリャルダガランテ 表参道店〈ペアズ イン パリス〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious12月号』小学館、2016年 

トップスを華やかにするファージレを合わせるなら、ワイドパンツやインナーはカラートーンを統一。色を揃えることで、ファージレを強調させることができます。足元にはスニーカーを合わせれば、休日スタイルに。

■3:ヒール靴

ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(プルミエ アロンディスモン/NEWoMan新宿)、ブローチ(yoshie inaba)、時計(パテック フィリップ)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル マイケル・コース〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious9月号』小学館、2017年 

カーキのワイドパンツに白ブラウスというきれいめなコーディネートの仕上げには、足元にヒール靴を合わせれば上品にまとまります。

■4:ハイカットスニーカー

コーディガン(ボウルズ〈ハイク〉)、トップス(マディソンブルーヘッドストア)、パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、サングラス(ミラリジャパン〈プラダ〉)、ネックレス[短]・[長](ダミアーニ 銀座タワー)、グローブ(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(デルヴォ―・ジャパン)、靴(YOKO CHAN) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY :『Precious2月号』小学館、2017年 

グレーのワイドパンツにグレーのロングカーディガンを合わせたグレートーンのコーデの足元は白のスニーカーがおすすめ。上品で清潔感のある着こなしに仕上がります。

40代からのワイドパンツコーデ

■1:チェック柄のワイドパンツ×ブラウス×白ジャケット

ジャケット・パ ンツ(レリアン)、ブラウス(エストネーション)、ネッ クレス・ブレスレット(バーニーズ ニューヨーク〈サス キア ディアス〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田学(NOSTY) BY :『Precious10月号』小学館、2016年

今季注目のトラッドなチェック柄をワイドパンツで取り入れたコーデ。ホワイトのショートジャケットを合わせれば、地味になりがちなトラッドなチェックも華やかに着こなせます。

■2:こっくりカラーのワイドパンツ×ボルドーのトップス

ブラウス・スカート(TOMORROWLAND〈BACCA〉)、パンツ(エストネーション〈マディソンブルー〉)、ネックレス・バングル[上][下](バイ マレーネ ビルガー青山店〈バイ マレーネ ビルガー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

注目のこっくりカラー、ボルドーを取り入れるなら、視線の集まりやすいトップスで今らしさを強調します。ワイドパンツもこっくりカラーで合わせて華やかに。こっくりカラーの配色なら、派手な装いになる心配がありません。

■3:グレーのワイドパンツ×イエローのブラウス

ブラウス(ebure)、パンツ(三崎商事〈エルミダ〉)、時計・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ADORE〈エレナ ギセリーニ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious10月号』小学館、2017年 

 イエローにはモノトーンを合わせてコントラストを意識。トーンが近いライトグレーのワイドパンツと合わせてやわらかい印象に。

■4:白のセンタープレスのワイドパンツ×白ブラウス

ブラウス・パンツ(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ピアス・ネックレス(TASAK〈I M/GTASAKI〉)、バッグ(モラビト 東京ミッドタウン店〈モラビト〉)、靴(ピエール アルディ 東京〈ピエールアルディ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

きれいめスタイルの定番、センタープレスも今年注目を集めているデザインの1つ。センタープレスのワイドパンツなら、横だけでなく、前後にも奥行きのあるスタイルに。トップスとカラーを合わせてより上質なスタイルに。

■5:ネイビーのセンタープレスのワイドパンツ×ネイビーのニット

パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(三崎商事〈エルミダ〉)、靴(JIMMYCHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

ワイドパンツ×ニットのネイビーのワントーンコーデ。首元のスカーフを着こなしのアクセントに。

■6:グリーンのワイドパンツ×黒のブラウス

ブラウス・パンツ(wb〈wb×T.O.N.O,S〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

ボトムスにカラーのワイドパンツを選んだら、トップスとカラーのコントラストをつけてボトムスが主役になるように調整を。

■7:ハイウエストワイドパンツ×ボウタイのブラウス

パンツ(アマン〈ベルウィッチ〉)、ブラウス(キートン)、ピアス(ケイテン)、ベルト(yoshie inaba)、バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious10月号』小学館、2017年 

女性らしいボウタイのブラウスには、辛口のハイウエストワイドパンツでコーデのバランスを取って。ちょっと勇気がいりそうなパープルのワントーンコーデはアクセサリーなどはつけずにシンプルなスタイルでまとめると品の良い上品さが漂います。

■8:茶色のワイドパンツ×ボウタイのブラウス

ブラウス(IZA〈ロッセーラ ヤルディーニ〉)、パンツ・ベルト(エンフォルド)、ネックレス・バッグ(ブルガリ ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious9月号』小学館、2017年 

色やデザインなどで目を引く印象派のシャツやブラウスを、個性派ワイドパンツと合わせるとモードな装いに仕上がります。大胆なタックが入ったパンツはシャツをインしてデザインを強調。

■9:カーキのワイドパンツ×白シャツ

シャツ(アオイ〈マントゥ〉)、パンツ(アマン〈ベルウィッチ〉)、バッグ・靴(JIM MY CHOO)、リング(TASAKI) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious9月号』小学館、2017年

バルーンスリーブが特徴的なシャツは、濃いめのカーキパンツでシャツが主役になるコーデを。

■10:カーキのワイドパンツ×グレージュのブラウス

ブラウス(VINCE 表参道店)、ストール(オルドス ファッションジャパン)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、ネックレス・ブレスレット[中央]・[ひじ側](ケイテン)、ブレスレット[手首側](アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious9月号』小学館、2017年 

グレージュのプルオーパーブラウスには、ベージュのニュアンスを含んだソフトカーキパンツを合わせるとクリーミーなグラデーションが実現し、センスのよさが際立ちます。女性らしいスタイルを崩さないよう、ワイドパンツの素材にはやわらかいものを選んで。

■11:カーキのワイドパンツ×白ブラウス×ジャケット

ジャケット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ブラウス(Philo〈MOUJIC〉)、パンツ(ブラミンク)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious9月号』小学館、2017年 

ワイドパンツとジャケットで女性らしいスタイルをつくるなら、ジャケットの丈は短めを選んで。ビジネスシーンなら同系色でそろえて、スッキリとしたコーデに。

■12:カーキのワイドパンツ×デザインニット

パンツ・ニット(wb〈wb×T.O.N.O,S〉)、ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

薄手のシンプルなシルエットのニットには、ワイドパンツを合わせてコーデのボリュームを調整。ご近所さんとのティータイムのときは、パールやロングチェーンのネックレスなどのアクセントを意識すると、さらに優美なスタイルを実現できます。

ワイドパンツに合うアウター【冬】

■1:「部分ファー」のショート丈コート

ピアッツァ センピオーネのコート・パンツ・ストラネスのニット(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈ダブリュー ブリット〉)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

さまざまなブランドから今季販売されているファーアイテム。全体的にファーを取り入れるより、どこか一部にファーをオンするのが今の気分。裾にファーがあしらわれたシックなAラインのコートには、ネイビーのワイドパンツを。ボリュームのある組み合わせが、優美なスタイルを生みだします。

■2:ファーのベスト

パンツ(東レ・ディプロモード〈ニューヨークインダストリー〉)、ベスト・ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、靴(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious11月号』小学館、2016年 

生地にハリがあるセンタープレスのワイドパンツなら、トップスはファーのジレを合わせて。やわらかな素材でメリハリのあるスタイルにするのが着こなしのポイントです。

■3:アニマル柄のコート

コート・ジレ(MOGA)、ブラウス・パンツ(wb)、バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、靴(ガリャルダガランテ 表参道店)、ピアス/私物 撮影/川田有二 BY :『Precious1月号』小学館、2017年

白のワイドパンツにアニマル柄のコートを羽織り、ジレをレイヤードしたコーディネート。コートが主役の着こなしです。

■4:ラップコート

コート(フリッカインターナショナル〈フリッカ〉)、ファージレ(キートン)、ブラウス(和光)、パンツ(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、ベルト(MOGA)、靴(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈デイミレ〉)、 ピアス/私物 撮影/川田有二 BY :『Precious1月号』小学館、2017年

大人の優雅なスタイルをつくるラップコートはボタンなどの装飾がなく、シルエットが命。ワイドパンツを使ったワントーンコーデでインナーをまとめ、縦長シルエットを実現。インナーにジレを入れてレイヤードをつくることも忘れずに。

■5:チェスターコート

コート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ニット・パンツ(Theory)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious12月号』小学館、2016年 

クールなチェスターコートには、ピンクベージュのアイテムを合わせて品のある女性のスタイルに。ベージュ系の配色でまとめると、やわらかい印象に。ヒールを覆うほど長いワイドパンツを合わせると、縦長ラインを強調する、優雅で風格漂うスタイルに仕上がります。

■6:ノーカラーコート

バッグ[縦26×横33×マチ12㎝/ストラップ付き]・別売りストラップ(フェンディ ジャパン)、その他のアイテム/すべて私物 撮影/戸田嘉昭・小池紀行(パイルドライバー) BY :『Precious12月号』小学館、2016年 

モダンな印象が強いノーカラーコートにはコートと色のコントラストが強いワイドパンツを合わせて、よりモダンなスタイルになるようにエッジを立たせて。バッグはファーやストラップが印象的なものを合わせ、今っぽさをプラスします。

■7:ポンチョ

ポンチョ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、トップス(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、パンツ(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉)、ベルト(yoshie inaba)、ペンダント(ピアジェ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY :『Precious2月号』小学館、2017年

カーキのワイドパンツにネイビーのポンチョを合わせたコーディネート。足元の赤いパンプスが着こなしのアクセントに。

■8:ロングカーディガン

靴[ヒール1㎝](アマン〈ペリーコ〉)、カーディガン・ニット(wb)、パンツ(ADORE)、バッグ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈フルラ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious10月号』小学館、2017年 

優雅なスタイルをつくるロングカーディガン。ワイドパンツを合わせることで、カーデの裾がキレイに広がりをみせます。配色は同系色でまとめて、Iラインを崩さないようにすると綺麗なスタイルが実現。ネックレスは長く縦長のシルエットを意識。バッグは小さく、脇役になるように工夫するといっそう効果的です。

■9:ジャケット

ジャケット(Theory luxe)、トップス(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ファーストール(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈マウロ・オリエッティ・カレラ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY :『Precious2月号』小学館、2017年

黒のワイドパンツに白のジャケットを合わせたモノトーンスタイル。首元にファーストールを合わせれば、いつもの定番コーデも今年っぽい雰囲気にアップデート。

「大人のコーディネートには、欠かせない存在。でも全体のシルエットにボリュームが出てバランスがとりづらい。ちょっと手を抜くとワンパターンコーデになってしまう」。そんなワイドパンツを使ったコーデを、今っぽい冬スタイルにアップデートするべく、最旬のアイテムや定番アイテムとの上手な組み合わせを意識して上級コーデを楽しみましょう。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
雑誌『Precious』小学館
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。