【目次】

レディース冬のスモーキングジャケットコーデ


【1】スモーキングジャケット×ボウブラウス×ワイドパンツ

【1】テーラードジャケット×ボウブラウス×ワイドパンツ
ジャケット¥155,000(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉) ブラウス¥79,000・パンツ¥67,000・バッグ¥130,000(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉) 眼鏡¥37,000(リエート〈バートン ペレイラ〉) 靴¥100,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) [Precious11月号93ページ] 撮影/小池紀行(パイルドライバー)

ジャケットはネイビーの総レースがフォーマルになりすぎず、スタイリッシュな印象。光沢のある襟と、そで口のボタンがさりげないインパクトを感じさせます。レディライクなボウブラウスにクロップドパンツというお仕事スタイルにも、スモーキングジャケット(タキシードの原型になったジャケット。襟はショールカラーで、女性向けはシルクやベロア素材が使われる事が多い)は相性抜群。きちんと感と艶やかさの絶妙バランスで、印象的なコーデができあがります。

【2】スモーキングジャケット×ワンピース

【2】テーラードジャケット×ワンピース
ジャケット¥123,000(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉) ワンピース¥92,000(サン・フレール〈レ・コパン〉) ピアス¥355,000・ネックレス¥1,340,000・ブレスレット[チェーン]¥390,000・バングル[シルバー]¥56,000・[イエローゴールド]¥184,000・リング¥163,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) バッグ¥249,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) [Precious11月号92ページ] 撮影/熊澤 透

しっとりとした上品な光沢感が素敵なエンポリオ アルマーニのジャケットは、ふんわりはおるだけでただならぬオーラを放ちます。シンプルなカーキ色のワンピースの肩にはおるだけで、この迫力、この存在感! 前ボタンを留めずに、そで口を折り返すなど、ラフに着こなすのが正解。

【3】スモーキングジャケット×ニット×デニム

【3】テーラードジャケット×ニット×デニム
ジャケット¥205,000(アオイ〈マントゥ〉)ニット¥38,000(ストラスブルゴ〈アリクアム〉) パンツ¥27,000(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉) チョーカー¥278,000(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉) バッグ¥241,000(JIMMY CHOO) 靴¥90,000(ブラミンク〈J.M WESTON〉) [Precious11月号93ページ] 撮影/小池紀行(パイルドライバー) 

大人のデニムスタイルに格をもたらす、「スモーキングジャケット」の迫力を取り入れたコーディネート。ウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた、王道デザインが魅力。シルバーなどのクールな輝きを添えれば、華やいだ場にふさわしいスタイルが完成します。

グレーのテーラードジャケットでつくるコーデ


【1】グレーテーラードジャケット×シルクブラウス×グレーパンツ

【1】グレーテーラードジャケット×シルクブラウス×グレーパンツ
ジャケット¥123,000・パンツ¥58,000・ブラウス¥52,000・バッグ¥111,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) [Precious11月号296ページ] 撮影/熊澤 透

「ザ・ウールマーク・カンパニー」とコラボレートした、ジャケットとパンツのスーチングスタイル。ソフトでしなやかな肌触りのバージンウールに、程よくストレッチをきかせた生地は、動きやすくのびやかな着心地。シワになりにくいのもうれしい特徴です。シルククレープのグリーンのボウブラウスで、女性らしい華やかさをプラスして。

【2】グレーテーラードジャケット×デニムスカート×ストール

【2】グレーテーラードジャケット×デニムスカート×ストール
ジャケット¥89,000(三喜商事〈アルト〉) カットソー¥21,000(VINCE 表参道店〈VINCE.〉)スカート¥17,000(GALERIE VIE丸の内店〈GALERIE VIE〉) ストール¥89,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈バフジェイズ〉) バッグ¥138,000(ストラスブルゴ〈ニナ リッチ〉) 靴¥25,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) ピアス¥90,000・リングエン420,000(ボンマジック サロン<ボン マジック>) [Precious1月号155ページ] 撮影/唐澤光也・宗高聡子(パイルドライバー)

かっちりめのブリティッシュ系トラッドに仕上げた、ジャケットとスカートのコーディネート。スリット入りのデニムスカートでフェミニンさを表現しつつ、大き目のホワイトパールで艶を加えています。

黒のテーラードジャケットでつくるコーデ


【1】黒テーラードジャケット×ブラウス

【1】黒テーラードジャケット×ブラウス
ジャケット¥384,000・シャツ¥106,000・デニム¥77,000・ベルト¥35,000(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) ピアス¥92,000・リング¥67,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) [Precious11月号82ページ] 撮影/浅井佳代子

大人のカジュアル新定番"かっこいい女〟は、ツヤのあるスモーキングジャケットとデニムで完成! プライベートにも襟を正して向き合うという意味でも、一流メゾンのスモーキングジャケットは、大人のワードローブに欠かせない一枚です。

【2】黒テーラードジャケット×ブラウス×フレアスカート

【2】黒テーラードジャケット×ブラウス×フレアスカート
ジャケット¥298,000・ブラウス¥133,000・スカート¥168,000・バッグ¥154,000・靴¥119,000(フェンディ ジャパン) [Precious12月号156ページ] 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗高聡子(パイルドライバー)

トップスにはシャープなテーラードジャケット、ボトムにはボリュームのあるフレアスカート。黒と白を交互に配し、メリハリのリズムを強調しつつ、足首をきゅっと引き締めます。フェンディのソックスブーツは、ストレッチ素材によって脚の曲線が繊細に際立ち、女性らしい装いが可能になる優れものです。

【3】黒テーラードジャケット×ブラウス×タイトスカート

【3】黒テーラードジャケット×ブラウス×タイトスカート
ジャケット/参考商品(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) ブラウス¥27,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉) スカート¥180,000(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉) ピアス¥58,000・リング¥29,000(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイ ロドリゴ オタズ〉) バッグ¥163,000(JIMMY CHOO) [Precious1月号113_01ページ] 撮影/熊澤 透

サテン使いのジャケットは、ヘアカーフのスカートでモード&フェミニンな印象に。上衿やポケットに配したサテンが、格調高さを表現します。

ネイビーのテーラードジャケットでつくるコーデ


【1】ネイビーテーラードジャケット×パンツ×シルクスカーフ

【1】ネイビーテーラードジャケット×パンツ×シルクスカーフ
ジャケット¥77,000(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) パンツ¥42,000(チェルキ〈トモウミ オノ〉) ニット¥21,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉) スカーフ¥58,000・バッグ¥231,000(グッチ ジャパン) ピアス¥15,000(チェルキ〈ギャレッタ〉) 時計¥5,450,000(パテック フィリップ ジャパン) [Precious2月号91ページ] 撮影/水田 学(NOSTY)

ネイビーのジャケットでキリリとさせつつ、オレンジ色のパンツで華やかに。トラッド調の着こなしと色味をリンクさせるように、襟元にはクラシカルなプリントスカーフを選んで。あえてアシメトリーに巻くことで、ジャケットの堅さを払拭し、こなれ感が生まれます。

【2】ネイビーテーラードジャケット×白パンツ×ニットストール

【2】ネイビーテーラードジャケット×白パンツ×ニットストール
ジャケット¥77,000(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) ニット¥21,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉) パンツ¥75,000(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉) ストール¥38,000(チェルキ〈アンドレ マウリーチェ〉) 時計¥1,330,000(パテック フィリップ ジャパン) バッグ¥135,000(J&M デヴィッドソン青山店) 靴¥141,000※オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) [Precious2月号98ページ] 撮影/水田 学(NOSTY)

濃淡ブルーのニットストールをイタリア紳士が愛する「ミラノ巻き」で、知的に魅せたパンツスタイル。表と裏で濃淡がついたブルーのストールを合わせれば、顔周りの表情が豊かに見えます。

【3】ネイビーテーラードジャケット×黒パンツ×ファースヌード

【3】ネイビーテーラードジャケット×黒パンツ×ファースヌード
ジャケット¥77,000(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) ニット¥21,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉) パンツ¥190,000(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉) スヌード¥79,000(コロネット〈アバティ〉) グローブ¥27,000(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉) 靴¥165,000(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) バッグ¥275,000(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) [Precious2月号104ページ] 宗髙聡子(パイルドライバー)

ラビットファーのネイビーのスヌードを取り入れるだけで、ネイビージャケット&黒パンツの定番スタイルが、小粋に魅せられる不思議。ハリウッド女優をお手本にしたジャケットスタイルです。

テーラードジャケットに合わせたいインナー


【1】テーラードジャケット×ボウブラウス

【1】テーラードジャケット×ボウブラウス
ジャケット¥533,000/参考価格・パンツ¥153,000(トム ブラウン 青山) ブラウス¥65,000(ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店) バッグ¥173,000・靴¥73,000(ピエール アルディ 東京) パールのピアス¥115,000・パールのリング¥225,000(TASAKI) [Precious1月号82ページ] 撮影/下村一喜(UM)

仕事からパーティまで対応できる光沢のあるリボンツイードのエレガントなテーラードジャケットは、心ときめく羨望の主役アイテム。細い足首を強調するスティックパンツやボウブラウスなど、流行を超えた美しいアイテムをていねいに重ねながら、存在感のある小物使いで、最旬かつ圧倒的な黒の魅力を楽しみます。

【2】テーラードジャケット×タートルニット

【2】テーラードジャケット×タートルニット
ジャケット/参考商品(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) ニット¥23,000(ebure) パンツ¥69,000(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉) ピアス¥410,000・リング¥640,000(マルコ・ビチェゴ ジャパン) バッグ¥500,000(デルヴォー・ジャパン)[Precious1月号112ページ] 撮影/熊澤 透

軽やかな着丈のテーラードジャケット、そのメリハリあるシルエットはワイドパンツとも好相性。深い襟開きときゅっと絞ったウエストが、上半身をコンパクトに見せる効果を発揮します。これなら、流行のボリュームボトムを軽やかに着こなせます。

【3】テーラードジャケット×白シャツ

【3】テーラードジャケット×白シャツ
ジャケット¥115,000(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)  シャツ¥34,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉 ペンダント『ティファニー T スマイル』[YG×DIA]¥465,000・ネックレス[RG]/上から『リターン トゥ ティファニー ラブロック』¥990,000・『ティファニー T ナロー チェーン』¥805,000・リング/指先から『ティファニー セッティング バンドリング』[RG ×DI A ]¥1,590,000・『ティファニー ハードウェアボールダングル』[YG]¥250,000・『ティファニー エンブレイス バンドリング』[RG×DIA]¥805,000・バングル『ティファニー メトロ』[YG×DIA]¥875,000・ブレスレット『ティファニーT ナロー チェーン』[RG ]¥310,000・時計『ティファニーメトロ』[RG×DIA]¥2,000,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) [Precious11月号173ページ] 撮影/熊澤 透

イタリアのブランド、ラルディーニの男前なジャケットと白シャツに、ティファニーのゴールドチェーンを重ねたコーディネート。辛口のチェーンと甘いハートを、ボリューム感をそろえて重ねづけしています。大人の余裕を感じさせる、ハンサムなコーディネートのできあがり。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious11月号』2017年・『Precious12月号』2017年・『Precious1月号』2018年・『Precious2月号』2018年、小学館
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。