圧倒的な存在感と天性の才能で世界を魅了した、パワフルウーマン「エルサ・ペレッティ」とは

【h2は手動で入力お願いします。】
ペレッティの代表的コレクション。イギリスの彫刻家、ヘンリ・ムーアのモニュメントから着想を得た。『オープン ハート ペンダント』左から/[イエローゴールド]¥620,000・[シルバー]¥95,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) [Precious3月号163ページ]

『オープンハート』や『ボーン カフ』、『ダイヤモンド バイ ザ ヤード』など、ひと目でティファニーとわかる独創的なデザインで、世界を代表するトップブランドの象徴ともいうべきジュエリーたち…。これらの作品が、ひとりの女性デザイナーによって生み出されたということをご存じですか?

長きにわたり、ティファニーでデザイナーとして数多くのコレクションを手がけるエルサ・ペレッティ。1940年、イタリアのフィレンツェの名家に誕生したペレッティは、幼いころから自然を愛し、貝殻や石を集めてはお守りにするような少女でした。ローマやスイスで教育を受け、ミラノの建築事務所に勤めた後、60年代には当時のヨーロッパ文化の中心であったバルセロナへと渡ります。画家サルバドール・ダリのモデルとなり、彼が所属するアートグループへ加入。そこで得た経験が、ペレッティの芸術や建築への造詣を深めたのです。

幼少のころ、ローマの教会を訪れたペレッティは、納骨堂に飾られた人骨に強く惹きつけられる。複雑な手首の曲線にもぴたりと沿うユニークなカフは、右手用と左手用がある。『ボーンカフ』上から/[コッパー、右手用、幅:ミディアム]¥71,000・[シルバー、右手用、幅:スモール]¥141,000・[ルテニウム、左手用、幅:スモール]¥60,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) [Precious3月号162ページ] 

1969年、N.Y.へ渡ったペレッティのデザイナー人生を運命づけたのは、当時のマンハッタン社交界の中心的人物であったファッションデザイナー、ホルストンとの出会い。圧倒的なオーラと研ぎ澄まされた感性を認められ、彼のミューズとなったペレッティは、ランウェイに登場するだけでなく、ジュエリーデザインを手がけるなど、彼のチーム活動を開始します。また伝説のクラブ「スタジオ54」の常連だった彼女は、トルーマン・カポーティやアンディ・ウォーホル、ヴォーグの名編集長だったダイアナ・ブリーラントなど名だたるセレブの寵愛を受け、スターとしての地位を不動のものに。

そして1974年…。時代の寵児と世界のトップジュエラーティファニーとの契約が発表されると、5番街のブティックに女性たちが押しかけました。「スタイルはシンプルであれ」という美学に裏打ちされた究極にミニマルなデザインは、70年代のジュエリー界にも革命をもたらしたのです。

自由で、強く、エレガント。女性の憧れが詰まったジュエリーを輝かすのは、彼女の生き様でした。


「エルサ・ペレッティ」のデザインしたティファニーのジュエリー6選

■1:「ダイヤモンド バイ ザ ヤード」デコルテを埋める輝きが、素肌に最上級の気品をもたらす

ヘビをモチーフとしたユニークなネックレスを中心に、繊細な3本のネックレスを、長さを変えて重ねづけしたレイヤードテクニック。

デコルテを埋める輝きが素肌に最上級の気品をもたらす
ピアス『ダイヤモンド バイ ザ ヤード』[ローズゴールド×ダイヤモンド]¥1,887,000・スネークネックレス[イエローゴールド]¥1,770,000・ネックレス『ダイヤモンド バイ ザ ヤード』[ローズゴールド ×ダイヤモンド ]上から/[3連にしたもの/約182㎝]¥1,290,000・[約82㎝]¥540,000・[約91㎝]¥1,080,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ブラウス¥44,000・パンツ¥39,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉) [Precious3月号156ページ] 

■2:「ファセットカフ」リッチな黒に負けない存在感が、まとう女性の個性を際立たせる

身近な自然から美の本質を捉え、フォルムを引き出すのがペレッティの特技。鋭利な毒針をもつサソリをモデルに、シンプル美を追求する彼女が導き出したのは、こんなにもモダンなデザイン。まろやかな光沢のウールブラウスにシルバーのシャープな輝きが、洗練をもたらす。

リッチな黒に負けない存在感がまとう女性の個性を際立たせる
スコルピオンネックレス[シルバー]¥390,000・『ファセットカフ』[シルバー]¥156,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ジャケット¥378,000・トップス¥150,000・パンツ¥250,000(Nobuko Nishida)
[Precious3月号157ページ] 撮影/浅井佳代子

■3:「セビアナ カフ」重ねるごとに増してゆくインパクトジュエリーの貫禄

日本の漆技術に魅了され考案したラッカー(右)をはじめ、シンプルでタイムレスなデザインは、気品を感じさせる知的な手元を演出。

重ねるごとに増してゆくインパクトジュエリーの貫禄
バングル手首側から/ラッカー バングル¥64,000・セビアナ カフ[シルバー×ブラックジェード]¥225,000・ラウンド ナロー バングル[シルバー]¥71,000・カボション リング[シルバー×ブラックジェード]¥127,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ブラウス¥80,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) チェア『La Chaise』\947,160(hhstyle 青山ショールーム) [Precious3月号158ページ] 

■4:「ボーン カフ」体と調和するフォルムがしなやかな女らしさを香らせる

ビーン(豆)やボーン(骨)など、生命力を感じさせるものが、彼女のデザインの起源。自然が生み出す豊かな曲線美を生かしながらも、ムダをそぎ落としたミニマルなフォルムに、妥協を許さないペレッティの美学が宿る。

体と調和するフォルムがしなやかな女らしさを香らせる
ビーン ペンダント[シルバー]¥85,000・バングル『ボーン カフ』[コッパー ブラックコーティング]右手/¥88,000・左手/¥71,000・カボション リング[シルバー×ブラックジェード]¥74,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ワンピース¥105,000(Nobuko Nishida) [Precious3月号159ページ] 

■5:「メッシュ」黒のタートルニットに映える繊細ジュエリーの華やぎ

まるでファブリックのようにしなやかに揺らめくのは、ゴールドをていねいに編み込み、メッシュ状にしたピアス。好奇心旺盛なペレッティの斬新なアイディアとティファニーが誇る高いクラフツマンシップは、ソリッドなジュエリーの概念をも覆す。指先には、波を模したリングが輝いて。

黒のタートルニットに映える繊細ジュエリーの華やぎ
メッシュ ピアス[ローズゴールド]¥285,000・ウェーブリング/中指[イエローゴールド×ダイヤモンド]¥285,000・薬指[ローズゴールド]各¥255,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ニット¥123,000(キートン)
[Precious3月号161ページ] 

■6:「ボトルペンダント」華奢なロングネックレスを、ブラウスのVラインに沿わせて

ペレッティが初めてデザインしたジュエリーは、「花を持ち歩き、生かしておけるように」と提案した、ボトル形のペンダント。

華奢なロングネックレスをブラウスのVラインに沿わせて
ウェーブピアス[シルバー]¥74,000・ペンダント上から/オープン ボトルペンダント[シルバー]¥64,000・ラウンド ボトルペンダント[シルバー×ターコイズ]¥106,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ブラウス¥163,000(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) チェア『La Chaise』\947,160(hhstyle 青山ショールーム) [Precious3月号160ページ]

以上、1970年代おファッションミューズとして注目を集めながら、ティファニーのジュエリーデザイナーとして活躍してきたエルサ・ペレッティがつくりだしたジュエリーたちをお見せしました。構成的でありながら、極めてシンプル。時代を超えて愛されるそのジュエリーたちは、あなたの着こなしをより洗練されたものに変えてくれることでしょう。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
小池紀行