世は空前の猫ブームですが、あえて、猫より手間のかかる犬を飼う大人の女性たち。人のパートナーとして、長く愛されてきた犬だけに、その暮らしには、犬ならではの大きな喜びがあるのかもしれません。そんな大人の女性たちは、どのようにして愛犬たちと向き合い、豊かなプライベートライフを送っているのでしょうか。

ご紹介するのは、ヘアメイクアップ・アーティストの藤原美智子さんと、愛犬たちの物語です。

ひとりからふたりへ。犬に導かれる幸せのかたち

藤原さんとポーリッシュ・ローランド・シープドッグの「アルフ」

「偶然、前の犬を飼うことになったとき、みんなが犬はかわいい、かわいいと言っていたけれど、こんなに大変だって、だれも言わなかったじゃない(笑)!」

藤原さんが初めて犬を飼ったのは、独立して自身の事務所を構え、キャリアも十分に重ねて、40代を迎えたころ。「アデラ」という名の、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの女の子でした。

「働く女性がひとりで犬を飼うことは、やはり大変でした。でも計画して考えすぎたら飼えなかったでしょうね。朝早い撮影や泊まりのロケ、長い海外ロケがあると、預けているところに送り迎えに行く。犬はひとりでは何もできないわけだから、ずっと小さい子供の世話と一緒。でも、アデラとの暮らしによって、風来坊のように自由だったひとり身が、風船を杭につないでもらったように、現実にしっかりと足をつけさせてくれた気がします」と藤原さん。

とてもいい子に育った一人娘との楽しい暮らしでしたが、アデラの心臓疾患によって、8年で幕を閉じてしまうこととなります。ご主人に出会ったのは、亡くなる少し前のこと。

「夜中に発作を起こしたとき、ちょうどつきあい始めた彼に電話をして、深夜に開いている病院を紹介してもらいました。主人は、“アデラが亡くなるとき、じっと僕のことを見て、君のことを『よろしくね』って言われちゃった”って言うんです。そうだったっけ?(笑)」

ひとりでは心細かったけれど、一緒に看取ってくれて、こういうとき、男性がいると頼りになると実感したのだといいます。

いたずら大好きなの「アルフ」(♂10歳)。ふわふわのシャギーコートはもつれやすいけれど、藤原さん自身の手によるブラッシングは至福! 「先日、硬いおやつを焦って食べたら、舌の裏が裂けて出血。どうなるのかとハラハラしました。ドジだから心配が絶えません」

1割の「かわいい」があれば、9割の「やんちゃ」には目を閉じられる

公園を駆ける藤原さんと、まんまるのお尻がかわいいアルフは、まるで絵本の世界から抜け出したよう。ニットにローゲージのロングカーディガンを重ねて、乗馬ブーツを合わせた散歩スタイルも、 大人女性の上質カジュアルそのもの。

その後、50歳で結婚。ふたりで飼うことになったのが、今の愛犬、ポーリッシュ・ローランド・シープドッグの男の子、「アルフ」。犬好きのご主人が以前飼っていた犬種で、長くやわらかいむく毛が印象的な牧羊犬。温厚で、活発で明るい性格です。

「とにかく性格がおもしろいの。ドジだし、やることがひとつひとつおかしくて、想像したとおりのことをするんです」

小さいころに訓練に出したが、怖がりの性格は直らず、内弁慶で、東京では車が怖くて普通には歩けない。だから、別荘のある伊豆ではとてものびのびしているといいいます。東京に戻ると、目が悪くなった高齢の義母に会いに行く。この日もその帰りでした。

「ふんわりとした毛と温もりは、撫でているだけで癒やされるようで、アルフは義母にとっても、かけがえのない存在」

生まれて3か月で出会い、今は10歳になります。すっかりセラピードッグの役割を担うようになったアルフも、子犬のころは、想像を超えるいたずらぶりでした。

「犬って、どうしてこんなにかわいいのかな。きっとやんちゃすぎるから、神様が見た目も、性格もかわいくしたのかしら。1割のかわいさがあれば、9割は大変でもいい。1割のかわいさがあるからこそ、犬が飼えるのかも。世話をしなければならない相手、生き物がいることは、与えられる喜びのほうが大きいから」

藤原美智子さん
ヘアメイクアップ・アーティスト
(ふじわら みちこ)1958年生まれ。LA DONNA主宰。雑誌、広告のヘアメイク、執筆、化粧品のアドバイザーなど幅広く活躍。昨年5月からライフスタイル全般を扱うブランド、MICHIKO.LIFEを展開。『美の宿るところ』(幻冬舎)ほか著書多数。
LA DONNA
PHOTO :
浅井佳代子
EDIT&WRITING :
藤田由美、海渡理恵(HATSU)、喜多容子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦