黒いパンプスを取り入れたコーディネートをまとめました。定番のパンプスをおしゃれに履きこなすテクニックを紹介します。

【目次】

春夏大人の黒パンプスコーデ


【1】黒パンプス×黒ジャケット×ブラウス×白パンツ

【1】黒パンプス×黒ジャケット×ブラウス×白パンツ
バッグ(JIMMY CHOO)、ジャケット・パンツ(ebure)、ブラウス(theory luxe)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ブレスレット・チャーム(シャンテクレール 東京店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

超軽量な生地のショッパー風トートは、たたんで持つこともできるフレキシブルさ。両サイドのフックをつなげて、上辺が短い台形にしても活躍します。黒パンプスのモノトーンスタイルに映え渡ります。

【2】黒パンプス×黒ブラウス×黒パンツ

【2】黒パンプス×黒ブラウス×黒パンツ
ブラウス・パンツ・イヤリング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

とろみのあるシルクトップスに、斜めに配したゴールドボタンがシルエットを引き締める足首見せワイドパンツ。一見するとシンプルだけれど、素材の表情とシルエットが今らしさを表現し、モード感のあるサマーブラックスタイルを後押ししてくれます。重く見えがちな黒一色の着こなしにこそ有効なのが、肌見せというテクニック。体のパーツのなかでも華奢な首筋や足首、潔く見せた腕が、着こなしに軽やかさと清涼感を授けます。

【3】黒パンプス×ライトグレーコート×白ブラウス

【3】黒パンプス×ライトグレーコート×白ブラウス
コート・ブラウス(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バングル・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ハリのある軽やかなコットン混素材と優雅なロングテールシルエットが舞うように美しいトレンチ。肩の落ちたオーバーフォルムと長めの着丈が最新の表情をつくり出します。足元は黒パンプスで全体を引き締めましょう。

【4】黒パンプス×白ブラウス×黒パンツ

【4】黒パンプス×白ブラウス×黒パンツ
ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ebure)、バングル※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

「黒×白」という研ぎ澄まされた配色だからこそ、微妙なシルエットがおしゃれの印象を左右。さらりと着心地のよいVネックの白ブラウスは、ふんわりとした袖やドロップショルダーに、旬のディテールが凝縮。一見スカートにも見える、ハイウエストパンツは黒を選び、さらに黒パンプスを合わせてメリハリをつけましょう。

【5】黒パンプス×ベージュコート×黒パンツ×スカーフ

【5】黒パンプス×ベージュコート×黒パンツ×スカーフ
コート・スカーフ・パンツ・バッグ・靴(バーバリー・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

オーバーサイズ&長め丈が今の気分と共鳴する『ウエストミンスター』を、気負いなく着こなして。ヴィンテージチェックなどが描かれたシルクスカーフを首元に巻けば、英国風のスタイルが完成します。クラシカルなヒールパンプスを合わせて、品格を高めましょう。

【6】黒パンプス×白シャツ×オレンジパンツ

【6】黒パンプス×白シャツ×オレンジパンツ
シャツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

鮮やかな配色もつかず離れずのシルエットでこなれた印象に。シャツの裾スリットからちらりと見えるオレンジが、自然に縦ラインを強調。黒パンプスで引き締めると品よくまとまります。

【7】黒パンプス×グリーンブラウス×黒スカート

【7】黒パンプス×グリーンブラウス×黒スカート
ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ウールのスカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ブラウス選びのポイントは一枚でも華やかであること。ただし、スカートや小物まで甘めにすると過剰で野暮ったくなるので、あくまでも辛口に徹するべし。きりっとしたスリット入りのタイトスカート、パンチの効いた小物やジュエリーが洗練されたスタイルに導きます。

【8】黒パンプス×ストライプブラウス×ミントブルーパンツ

【8】黒パンプス×ストライプブラウス×ミントブルーパンツ
ブラウス(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、バングル(チェルキ〈ヴェネツィア-ナ〉)、バングル(アマン〈アンボワーズ〉)、バッグ(セルジオ ロッシ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

正統派の気品が香るストライプ×旬の華やぎディテールが調和したブラウスとミントカラーの足首見せパンツを合わせて。黒パンプスを合わせれば、仕事シーンからエレガントな席にまで対応する「すっきり見せ」スタイルを完成させましょう。

【9】黒パンプス×黒ニット×黒カーディガン×カラーパンツ

【9】黒パンプス×黒ニット×黒カーディガン×カラーパンツ
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉、カーディガン・ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、時計・白のレザーストラップ(ヴァシュロン・コンスタンタン〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉)、バッグ(マルティニーク丸ノ内〈カパフ〉)、 靴(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは裾に向かって細めに絞ったラインが美脚と評判のモデル。ハリのあるコットンストレッチ素材です。着こなしはジャッキーをイメージしたパンツスタイル。遠目からでも印象的な色だからこそ、シックな黒と合わせてクラシカルにまとめましょう。

【10】黒パンプス×ネイビージャケット×ブラウス×スカート

【10】黒パンプス×ネイビージャケット×ブラウス×スカート
スカート・ブラウス・ジャケット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・リング(モーブッサン ジャパン)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

襟元のギャザーが優美なニュアンスを醸す白のシルクブラウスとインディゴカラーのスカートで、気負いないフェミニンスタイルが完成。セットアップになるジャケットをさらりとはおり、黒パンプスを合わせて颯爽と。スーツを着なれた大人の貫録を表現しましょう。

【11】黒パンプス×ネイビートレンチ×ニット×白パンツ

【1】黒パンプス×ネイビートレンチ×ニット×白パンツ
コート・ニット・パンツ・バッグ・ネックレス・ブレスレット・靴(ランバン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ネイビー×白の清潔感あふれるカラーリングをベースに、ペールピンクのハイゲージニットで春らしいムードを感じさせて。足元には黒パンプスを合わせて、全体を引き締めましょう。胸元のVゾーンに添えたコスチュームパールのネックレスが、着こなしの盛り上げ役になってくれます。

【12】黒パンプス×ロングトレンチコート

【2】黒パンプス×ロングトレンチコート
『ケンジントン』・バッグ・靴(バーバリー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

さらりとはおったトレンチコートから鎖骨や手首をのぞかせ、ベルトでウエストをマーク。足元は黒のハイヒールで繊細に仕上げましょう。本来は凛々しいトレンチコートが、女性の華奢な美しさを際立たせる効果に感動します!

【13】黒パンプス×黒トレンチ×ニット×パンツ

【3】黒パンプス×黒トレンチ×ニット×パンツ
ムーレーのコート・イレブンティのパンツ(三崎商事)、ニット(FUN inc.〈VONDEL〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス(ボン マジック)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

主役のパンツはセンタープレスを施したウールストレッチ素材。落ち着いた印象のモカブラウンならトップスを選ばず活躍してくれます。強い女のイメージに陥りがちな黒のトレンチコートは、黒パンプスとクロップドパンツの足首見せ効果で、足元から華奢な女らしさを演出しましょう。

【14】黒パンプス×黒半袖ブラウス×白パンツ

【5】黒パンプス×黒半袖ブラウス×白パンツ
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ブラウス(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア)、ネックレス(アングローバルショップ 表参道〈フィリップ オーディベール〉)、バングル(ビームス ハウス 丸の内〈フィリップ オーディベール〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 大阪店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フロントは短く、後ろ姿はたっぷり、この裾の前後差が今年らしいゆとりを表現。黒パンプスを合わせれば上品にまとまります。

【15】黒パンプス×ジャケット×ニット×白スカート

【6】黒パンプス×ジャケット×ニット×白スカート
ジャケット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネイビーのVニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ネックレス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ジャケット×タイトスカートでシャープな女らしさを。ネイビー×ブルーはこの春、知的なキャリアにおすすめの配色です。ボトムはスカート×黒パンプスでまとめて、女性らしさは忘れずに。

【16】黒パンプス×ブルゾン×ニット×黒パンツ

【7】黒パンプス×ブルゾン×ニット×黒パンツ
ブルゾン(ウールリッチ 表参道店)白のカシミアニット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミオノ〉)、ストール(アマン〈アルテア〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

光沢ベージュに、黒のとろみパンツで艶やかな女らしさを引き出しながら、スポーティシックなコーディネートに。顔周りは白で明るく照らし、足元は黒で引き締めるのが、こなれて見えるポイントです。

【17】黒パンプス×黒ノースリーブブラウス×ロングスカート

【8】黒パンプス×黒ノースリーブブラウス×ロングスカート
靴(シジェーム ギンザ〈ニナ リッチ〉)、ノースリーブブラウス(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈トマジーニ〉)、リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

キュッとくびれたヒールと浅めのノーズなど、官能的に見えることに重きをおいてつくられたパンプス。黒のスエード靴はフォレストグリーンのプリーツスカートのような、きれい色を楽しむ日の締め色としても最適です。

【18】黒パンプス×ツイード柄ジャケット×ブラウス×パンツ

【9】黒パンプス×ツイード柄ジャケット×ブラウス×パンツ
ジャケット(ルック〈フィラージュ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(ファビオ、ルスコーニ 六本木店) 撮影/唐澤光也・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはしなやかなウールベース素材。センターベント仕様で、歩くたびにいきいきと表情が変化する。上半身を小さく見せるインナーと黒のヒールパンプスで、脚長効果を意識しましょう。

【19】黒パンプス×ベージュトレンチ×ブラウス×黒パンツ

【10】黒パンプス×ベージュトレンチ×ブラウス×黒パンツ
コート・シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベーシックなひざ丈のトレンチは、だれもが着るアイテムだけに、モードブランドのもつ洗練オーラで、圧倒的な違いを印象づけましょう。またスニーカーなどでカジュアルに、ラフに着くずすのは、今や平凡なパターンに陥りがちなので、黒のスティックパンツや細めのデニムにヒールパンプスで、シルエットを引き締めつつ、エレガンスを極める方向を目指すべき。袖口からしなやかなブラウスの白をのぞかせるだけでも華やぎます。

黒パンプスに合わせたい服装


【1】黒パンプス×黒スキニーパンツ

【1】黒パンプス×黒スキニーパンツ
撮影/Splash・アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年

スタイルのよさを生かした、潔くシンプルな「全身黒」。まとめ髪や肩がけしたカーディガンでカジュアルに仕上げるのが好感度の決め手です。

【2】黒パンプス×デニムパンツ

【2】黒パンプス×デニムパンツ
コート・Tシャツ・デニム・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ヴィンテージブルーデニムがトレンチのクラシカルなムードにマッチ。スパンコールのボーダー模様Tシャツや真紅のパテントバッグ、黒パンプスで光沢をちりばめて、モダンに仕上げましょう。

【3】黒パンプス×白スカート

【3】黒パンプス×白スカート
トップス(wb)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バングル(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ジャケットと共布のトップスとそろえで着ることで、きちんと感をアップ。白のミモレ丈スカートに黒パンプスで品よくまとめましょう。

【4】黒パンプス×黒レザーブルゾン

【4】黒パンプス×黒レザーブルゾン
レザーブルゾン(ムーレー銀座店)、ニット・スカート(ブラミンク)、ペンダント・時計・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

透け感のあるリブニット、ハリのあるコットン素材のスカート、女性らしい黒パンプス…と定番のモノトーンも素材にこだわることで春の気分に。鮮やか色のバッグを投入したら、断然、新鮮に映ります。

【5】黒パンプス×ベージュロングスカート

【5】黒パンプス×ベージュロングスカート
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、カーディガン(スローン)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・腕時計(カルティエ)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

大人の女性の気品や知性を際立たせる、黒ニットとベージュのフレアスカートの組み合わせ。フェミニン度の高い着こなしには、ワンハンドルバッグ黒パンプスなど辛口小物を添えると、引き締まってぐっと洗練されます。

【6】黒パンプス×カラーコート

【1】黒パンプス×カラーコート
コート・トップス・スカート(アクネストゥディオズ アオヤマ)、サングラス(サラディストリビュージョン東京〈エナロイド〉)、バングル(ジョージ ジェンセン ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

生地の心地よい重みと、とろみのある素材感で、流れるようなドレープが堪能できるトレンチコート。オールブラックの装いにフォレストグリーンの発色のよさが際立ちます。

【7】黒パンプス×トレンチコート

【2】黒パンプス×トレンチコート
コート・ブラウス・パンツ・スカーフ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

計算し尽くされた細身シルエットがボディーラインを華奢に見せ、品格とモード感が両立した立ち姿をかなえるトレンチ。前を開けても広がりすぎず、さりげない着こなしをスタイリッシュに演出してくれます。端正さのなかに大人の余裕を感じさせるのが「昼トレンチ」スタイルの最新流儀。足元には端正な黒パンプスを合わせて、辛口シンプルな着こなしに女性らしさが加味されます。

【8】黒パンプス×黒スカート

【3】黒パンプス×黒スカート
ディオールのジャケット・カットソー・スカート・靴・ディオール ファインジュエリーのブレスレット・リング・バングル(クリスチャンディオール) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

モノトーンのジャケットスタイルに、女性らしさあふれるチュールスカートと端正なハイヒールで味つけ。フェミニン&モードな端正な着こなしがかないます。

【9】黒パンプス×カラーパンツ

【4】黒パンプス×カラーパンツ
ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、手に持ったカーディガン(スローン)、ネックレス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

目が覚めるようなロイヤルブルーの8分丈パンツは、レーヨン×麻混のさらっとした素材感と、ストレート気味の細身ラインが絶妙。黒パンプスに合わせると上品にまとまります。ゆったりとしたプルオーバータイプのブラウスは、サッシュベルトがキュートなアクセントに。フロントで結べば、ウエストがきゅっと絞られスタイルアップ効果も期待できます。

【10】黒パンプス×カラースカート

【5】黒パンプス×カラースカート
ニット(ルシェルブルーカスタマーサービス〈アイレネ〉)、スカート(wb)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈タタボレロ〉)、バッグ(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈ペラン〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

きゅっと絞ったウエストからランダムに入れたタックでボリュームを加えたスカートは、ふくらはぎにかかるくらいのミモレ丈。情熱的な朱赤を落ち着いて見せるメリハリある配色も、黒の分量を控えめに、また全身にちりばめることで、優しく親しみやすい雰囲気に仕上がります。

【11】黒パンプス×オフ白マント

【6】黒パンプス×オフ白マント
マント(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ニット(ブラミンク)、パンツ(サン・フレール〈エドワード アシュール〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

大判マントのオフ白をベースに、トーンの異なるキャメルを重ねたら、大人好みのグラデーション配色が完成! ぼやっとした印象を引き締めてくれる黒の靴&バッグがキーアイテムです。

【12】黒パンプス×黒パンツ

【7】黒パンプス×黒パンツ
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スタイリッシュなテーラードジャケットは、ブランドのアイコン的存在。今季は、コンパクトな美シルエットをゴールドレザーのトリミングでリッチに刷新しましょう。静謐になりすぎる黒一色の着こなしも、はっとするほどラグジュアリー!

【13】黒パンプス×ガウチョパンツ

【8】黒パンプス×ガウチョパンツ
ジャケット(キートン)、ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、ガウチョパンツ(REYC)、ピアス・ネックレス(ヴァンドーム、ヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ1915〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはダブルクレープ一枚仕立てで、高い位置のポケットと後ろベルトで、全方位的にスタイルアップが狙えます。インナーをジャケットの裾からのぞかせるレイヤードと黒で引き締めたボトム演出で、いきいきとしたエレガンスを表現。

【14】黒パンプス×デニムパンツ

【9】黒パンプス×デニムパンツ
ジャケット・Tシャツ・デニム・バッグ、靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

大人の春アウターにふさわしい上質なシルクのジャケット。コンパクトなライダース丈は、スカートにもパンツにも似合い、体型を選ばない。光沢のある明るめのサンドベージュなので、程よい色落ちのデニムと好相性です。シルクの上質感に頼って、かわいいボーダーTシャツを合わせたフレンチシックな着こなしに、足元はブラックパンプスで上品にまとめて。

黒パンプス×タイツコーデ


【1】黒パンプス×タイツ×タイトスカート×ジャケット

【1】黒パンプス×タイツ×タイトスカート×ジャケット
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス( フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

着丈はヒップラインを覆う72㎝のジャケット。ダブルブレストの本格サルトリアルジャケットながら、スパンコールで描かれたウィンドーペンやコットンリネンのさらっとした着心地がジャケット特有の堅さを払拭。メンズライクなロングジャケット×とろみスカートの新鮮なコンビネーションの足元は、ヒールで女らしくまとめるのが正解です。

【2】黒パンプス×タイツ×黒タイトスカート×ニット

【2】黒パンプス×タイツ×黒タイトスカート×ニット
ケイトのニット・リカのスカート(ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店)、サングラス(オリバーピープルズ・東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル/(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

プレーンな黒を組み合わせる着こなしは、異なる素材をミックスし、アクセントを効かせて。スカートのゴールドボタンやサングラス、ジュエリーでリッチ感もアップさせましょう。オールブラックの迫力が強すぎるから、パンプスはローヒールを選んでこなれ感を演出。

【3】黒パンプス×タイツ×白スカート×コート×ブルゾン

【3】黒パンプス×タイツ×白スカート×コート×ブルゾン
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ブルゾン(エリオポール銀座〈チンクワンタ〉)、トップス(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、スカート(コロネット〈J.W.ブライン〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト〈ロベルタ ディ カメリーノ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ゴム引き素材で仕立てたゆったりシルエットのトレンチ。小粋なカーキ色も今年らしさの決め手になります。インナーとスカートで白を配してすっきりと、足元は黒で引き締めて。

【4】黒パンプス×タイツ×カーキワンピース×コート

【4】黒パンプス×タイツ×カーキワンピース×コート
スカーフ『ステップのアパルーサ』(エルメスジャポン)、コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ワンピース(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・バングル・リング(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボンディング加工を施したリネン仕立ての黒トレンチ+カーキのスエードワンピースに、上品な躍動感を授けているのが、90㎝角のアラベスク調のプリントスカーフ。対角線で細長く折ることで柄も長さも効果的に生かされ、表情豊かに縦ラインを強調。艶のある黒パンプスで仕上げれば、シックカラー配色の着こなしがフレッシュに印象になります!

【5】黒パンプス×タイツ×黒タイトスカート×グレージャケット

【5】黒パンプス×タイツ×黒タイトスカート×グレージャケット
ジャケット(ebure)、ブラウス(ルック〈スキャパ〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ピアス(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ・靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはネイビー×白のバーズアイ(ごく小さなドット)を黒のレザートリミングが引き締めて。ゆったりとした身ごろと袖でノーカラージャケットをモードに更新。端正なブラウス+タイトスカートにはおって、こなれたきちんと感を演出しましょう。華奢なブラック小物を合わせれば、仕事の後にエレガントな予定がある日にも向く装いに。

黒パンプス×ワンピースコーデ


【1】黒パンプス×白柄ワンピース×ジャケット

【1】黒パンプス×白柄ワンピース×ジャケット
ジャケット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ブラウス・スカート(コロネット〈エアロン〉)、ベルト(wb)、ピアス・リング・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ジャケットは本格派のメンズテーラーファクトリーに、ストラスブルゴがオーダーしたオリジナル。緩やかなカーブを描くラペルが女性らしい表情を演出します。パンプスと黒でリンクさせて、上品にまとめましょう。

【2】黒パンプス×白ワンピース×黒ジャケット

【2】黒パンプス×白ワンピース×黒ジャケット
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)ワンピース(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)ネックレス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

シンプルなデザインながら、特別感のある白が印象的なワンピース。通常だとテーラードのジャケットを合わせがちですが、カットワークが軽快なレザーブルゾンで今どき感を出すのが正解です。しかも袖は通さず肩がけがポイント。足元は黒パンプスで全体を引き締めましょう。

【3】黒パンプス×黒ワンピース×カーキコート

【1】黒パンプス×黒ワンピース×カーキコート
コート(アマン〈パルト〉)、ワンピース(VINCE 表参道店)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、ピアス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ヴィンテージ風のこなれ感を印象づけるカーキトレンチ。胸元スリットとブラウジングデザインがフェミニンな黒ワンピースで今どきのリラックス感を表現。足元はブラックパンプスで上品にまとめて。

【4】黒パンプス×黒ジャージーワンピース

【2】黒パンプス×黒ジャージーワンピース
ワンピース・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオアルマーニ〉)、リング・時計( ピアジェ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一日中着ていても美しく快適にいられるジャージーワンピース。華やぎたいときは、ダイヤモンド時計やクラッチバッグ、ポインテッドトウパンプスなど、エレガントな小物を合わせると気品あふれる装いに仕上がります。

【5】黒パンプス×黒ワンピース×赤バッグ

【3】黒パンプス×黒ワンピース×赤バッグ
ワンピース・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

今回のコレクションのテーマのひとつは、過去のデザイナーに捧げるオマージュ。ラフ・シモンズ時代を彷彿とさせる研ぎ澄まされた美シルエットワンピースも、その一例です。ゴールドのスタッズや幅広のロングストラップでアップデートした『レディディオール』のミニと端正パンプスでモードな迫力と媚のない色香を添えましょう。