気温18度の日におすすめのコーディネートをまとめました。最高気温が18度か最低気温が18度かで大きく変わるコーディネートをそれぞれご紹介します。

【目次】

最高気温18度の日におすすめのレディースコーデ


ライトグレーのコート×ニット×ブルーのパンツ

バッグ(デルヴォー・ジャパン)、コート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレス・バングル()・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
バッグ(デルヴォー・ジャパン)、コート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

カラフルなストライプとビジューのような装飾が端正なバッグ『ブリヨン ミニ』を主役に。

チェックのベージュジャケット×トップス×ネイビーワイドパンツ

ジャケット(キートン銀座店)、トップス(DES PRES 丸の内店)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ジャケット(キートン銀座店)、トップス(DES PRES 丸の内店)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

きちんと見えつつ華のある淡いチェックのジャケットを選択。ネイビーのガウチョパンツで旬の気分を取り入れて。バッグはチェックのなかの一色を使った水色リンクさせましょう。

ベージュのトレンチコート×バッグ

コート・バッグ(トム フォード ジャパン)、サングラス(トム フォード アイウエア)、イヤリング(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・バッグ(トム フォード ジャパン)、サングラス(トム フォード アイウエア)、イヤリング(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

大きめの襟と肩を落とした太めのアームホールがメリハリを描き、最旬のシルエットが浮かび上がります。黒のアイレットメタルとホーンボタンがピンクに辛口なシャープ感をプラス。袖をたくし上げたときに布地が落ちてこないよう、袖裏にラバーバンドを付けるなど、着姿の美しさが追求された一着です。

エルメスのキャメルジャケット×イエローパンツ

ジャケット・バッグ『エルメス・ツインズ』・パンツ(エルメスジャポン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ジャケット・バッグ『エルメス・ツインズ』・パンツ(エルメスジャポン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

マリンディテールのさわやかなロープ使いが印象的なコットンキャンバスのショートアウターで颯爽としたイメージに。

ジョルジオ アルマーニのジャケット×トップス×グレーパンツ

ジャケット・インナー・パンツ・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ジャケット・インナー・パンツ・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

とろみのあるグレージュのパンツに同系色の小物を重ねて、流行のワントーンの着こなしが完成。白いコットンパンツやスニーカーを合わせれば休日にも活用でき、一枚でいくつもの顔が楽しめる万能さがウリです。

ネイビーのジャケット×ボーダーニット×ブルーのパンツ

スニーカー・パンツ・バッグ(バリー 銀座店)、ジャケット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ティファニー アイウェア事業部)、ネックレス・ネックレストップ(ローリー・ロドキン銀座店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スニーカー・パンツ・バッグ(バリー 銀座店)、ジャケット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ティファニー アイウェア事業部)、ネックレス・ネックレストップ(ローリー・ロドキン銀座店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ボーダーニットにブルーのパンツという爽やかなマリンスタイルが恋しくなる季節。白レザースニーカーの上質な軽やかさで今年らしいスタイルに仕上げましょう。ジャケット着用のこの清潔感なら、白スニーカーがオンタイムにも楽しめます。

オリーブブラウンのブルゾン×ブラウス×カーキスカート

ブルゾン・カーディガン・ブラウス・スカート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、イヤリング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、リング(エストネーション〈アリアナ ブザード ライフォル〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブルゾン・カーディガン・ブラウス・スカート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、イヤリング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、リング(エストネーション〈アリアナ ブザード ライフォル〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

オリーブブラウンのブルゾンに、オリーブカーキのスカート、多彩なグリーンが彩るトップス…。丁寧に色を重ねるだけで、おしゃれ鮮度が高まります。

ベージュのコート×白パンツ

コート・ニット・パンツ(ebure)、ピアス(チェリーブラウン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(ebure)、ピアス(チェリーブラウン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

自然なシワ感が特徴的な、ライトベージュのコート。コットン混リネンで、普段使いしやすいナチュラルな素材感です。

シルクの白ブラウス×ロングプリーツスカート

ブラウス・スカ-ト・ボウスカ-フ・バッグ (クリスチャン・ディオール〈ディオール〉)、時計 (ジャガ-・ルクルト)、靴 (ジャンヴィト ロッシ) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブラウス・スカ-ト・ボウスカ-フ・バッグ (クリスチャン・ディオール〈ディオール〉)、時計 (ジャガ-・ルクルト)、靴 (ジャンヴィト ロッシ) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ピンストライプのシルクブラウスは、首元が詰まったデザインも清潔感を演出するうえで重要なポイント。タイを締める気分でスカーフを首元に添えて、キャリア女性にふさわしい、スマートな雰囲気を演出しましょう。バッグは、フォルムのしっかりした端正なタイプをセレクト。そうすることで、メリハリのきいた着こなしが完成します。

キャメルのトレンチコート×カットソー×白パンツ

コート・カットソー・パンツ・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
コート・カットソー・パンツ・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

トラッドが香るフレッシュな着こなしを楽しみたい日には、キャメル色のトレンチコートに、白のパンツを合わせて。カプチーノ配色とも呼べるような、シックカラーで全身をまとめることで、ミラノの街で見かけるような、こなれ感のある装いが完成します。

ブラミンクのベージュジャケット×白Tシャツ×グリーンスカート

ジャケット・スカート(ブラミンク)、Tシャツ(マッキントッシュ青山店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZASIX店〈イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート(ブラミンク)、Tシャツ(マッキントッシュ青山店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZASIX店〈イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

「目立つ色はボトムに!」は、色に苦手意識をもつ大人におすすめしたい攻略法のひとつ。インパクトのある光沢グリーンのスカートは、Tシャツやサファリ風ジャケットでさりげなく着くずすのがこなれて見せるコツです。

白のコート×ストライプブラウス×ハイウエストスカート

スカート(オールウェイズ〈Mikako Nakamura〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、コート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スカート(オールウェイズ〈Mikako Nakamura〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、コート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

フレアな袖口が今らしいストライプブラウスで、端正なスカートにモードな遊び心をプラス。白のコートをはおった進化系セットアップスタイルに、キレのいい華やかさを演出してくれます。スカートはコットンシルク仕立てのひざ下丈タイト。前はウエストにステッチを効かせてすっきり仕上げる一方、後ろは中央のボックスプリーツで足さばきのよさに配慮されています。

ライトグレーのトレンチコート×白ブラウス

コート・ブラウス(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バングル・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・ブラウス(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バングル・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ハリのある軽やかなコットン混素材と優雅なロングテールシルエットが舞うように美しいトレンチ。肩の落ちたオーバーフォルムと長めの着丈が最新の表情をつくり出します。

グッチのトレンチコート×シャツ×スカート

グッチのトレンチコート×シャツ×スカート
靴・トレンチコート・白シャツ・スカート・バッグ(グッチ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

アイコニックなバンブーをヒールにあしらったパンプスには、小さなスタッズやパールモチーフなど、グッチらしい遊び心がちりばめられています。ベーシックなトレンチから、大胆な花柄スカートと一緒にのぞかせれば、春らしく女性らしい洗練スタイルが完成します。

ベージュのコート×ニット×イエローのパンツ

ベージュのコート×ニット×イエローのパンツ
エストネーションのコート・ペリーコ の靴(エストネーション)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、カットソー(VINCE 表参道店)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベルテッドのパンツとスエードパンプスをイエローでまとめて、ベージュのスエードコートに鮮度をプラス。ニットの襟元や裾から白カットソーをちらりとのぞかせて抜け感を演出するテクニックは、手軽ながら着こなしをこなれて見せる効果が絶大です。

カシミヤシルクのVネックニット×ジャカード柄のパンツ

カシミアシルクのVネックニット×ジャカード柄のパンツ
ニット・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、イヤリング・時計・ブレスレット・リング(シャネル) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

きれい色とシックカラーのちょうど中間のような、絶妙なオリーブグリーンのバッグがあれば、センスよくベージュを着こなすことが可能に。ジャカード柄のパンツに着映え力があるぶん、カシミヤシルクのニットは、すっきり見えるVネックを選びましょう。手元にホワイトセラミックの時計で、ハンサムな味つけをすれば完成です。

ベージュのコート×ブルーのニット×ツイードスカート

ベージュのコート×ブルーのニット×ツイードスカート
コート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)スカート(エストネーション〈エストネーション〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ、アルマーニ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品なベージュのノーカラーコートに、ピュアなブルーのニットが映えて。ゴールドラメが光る白のツイードスカートで、快活な印象に仕上げましょう。

コート×ニット×パンツ×スカーフ

コート×ニット×パンツ×スカーフ
コート(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ニット・パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

大人が選ぶべきピンクは、ベージュに溶け込む淡いパウダートーン。ワントーンにも見える繊細な色使いが洗練された着こなしへと導いてくれます。グレージュのバッグや時計で品を備えながらも、スカーフや靴で白をちりばめることで、すっきりと春らしい着こなしが完成します。

イヴ・サンローランのジャケット×シャツ×パンツ

イヴ・サンローランのジャケット×シャツ×パンツ
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スタイリッシュなテーラードジャケットは、ブランドのアイコン的存在。今季は、コンパクトな美シルエットをゴールドレザーのトリミングでリッチに刷新。静謐になりすぎる黒一色の着こなしも、はっとするほどラグジュアリーです!

ネイビーのジャケット×ニット×ワイドパンツ

ネイビーのジャケット×ニット×ワイドパンツ
ストラネスのジャケット・バンフォードのニット(三喜商事)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらしてくれます。

ジャケット×ニット×スカート

ジャケット×ニット×スカート
靴『ジャンヴィト』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいスカートスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、着こなしをフレッシュに彩ります。

グッチのニット×「フローラ」スカート

グッチのニット×『フローラ』スカート
スカート・バッグ・バングル・リング・靴・ニット(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

花や昆虫が色鮮やかに描かれたオリジナルの図柄に、ピンクのスネークを絡ませて神話性を表現した新解釈の「フローラ スネーク」をプリントしたシルクのプリーツスカートは、シンプルな黒のニットに合わせて。コンテンポラリーなコンサバスタイルで着こなすのが大人流です。クリスタルストーンのハチ、タイガーヘッドのクロージャーをあしらったバッグ「ディオニュソス」とともに、グッチの最旬を堪能しましょう。

グリーンのタートルネックニット×白スカート

グリーンのタートルネックニット×白スカート
ニット・スカート・バッグ・イヤリング・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

往年のジャッキースタイルを彷彿させる、タートルネックニットとAラインスカートの着こなし。スカートにあしらわれたダブルGのバックルは、グッチの新時代のステートメントです。グリーン×白のビビッドな配色を品格漂うスタイルで楽しみましょう。

最低気温18度の日におすすめのレディースコーデ


黒のタートルニット×黒のロングプリーツスカート×スカーフ

ニット(トラデュイール)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(コミュニオン〈ラストフレーム〉)、バッグ(ウールン商会〈バランタイン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニット(トラデュイール)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(コミュニオン〈ラストフレーム〉)、バッグ(ウールン商会〈バランタイン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

やわらかなシフォン風のプリーツスカートというのが旬。トップスは、シンプルに徹して薄手のタートルニットを合わせて。首元にはジュエリーでなくスカーフをさりげなく巻き、バッグはエレガントなキャメルでメリハリをつけるのがポイントです。

白シャツ×ピンクのクロップドパンツ

パンツ(プラチナ JAPAN〈プラチナ01〉)、シャツ(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド〈フレッド〉)、バッグ・ストラップ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
パンツ(PT JAPAN〈PT01〉)、シャツ(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド〈フレッド〉)、バッグ・ストラップ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは腰周りのゆとりと、裾に向かって細くなるテーパードラインが、メンズから派生したパンツ専門ブランドらしい1本。マットな質感のコットンで、ピンクのパンツをドライに仕上げてくれます。ボリュームのあるシャツとクロップドパンツの組み合わせが旬のバランスへと更新。

グレーのニット×白ワイドパンツ×スカーフ

スニーカー『チーム』・ピアス・ブレスレット・バッグ・スカーフ(エルメスジャポン)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャン ロス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スニーカー『チーム』・ピアス・ブレスレット・バッグ・スカーフ(エルメスジャポン)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャン ロス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

白スニーカーを履きたい日は、清潔感あふれるベーシックカラー方向に仕上げると、コーディネートしやすくなります。選んだのは、心地よく足を包むメッシュ&レザーの白スニーカー。ソールのかかとに適度な厚みがあり、ワイドパンツとのバランスも取りやすい。明るいネイビーを差し色にした、好感度の高い着こなしは、休日だけでなく、職種によってはオンタイムにも通用する知性ときちんと感を備えています。

マックスマーラのニット×ブラウンタイトスカート

マックスマーラのニット・スカート・バッグ・スポーツマックスの靴(マックスマーラ ジャパン)、ペンダント・バングル/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
マックスマーラのニット・スカート・バッグ・スポーツマックスの靴(マックスマーラ ジャパン)、ペンダント・バングル/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ベーシックな色を掛け合わせて、洗練されたコーディネートに。しっとりと肌になじむシルク混のニットとコットンのスカートで、どんなシーンでも映える好感度の高い着こなしを。ミモレ丈のスカートは、ラップ風のデザインや、巧みにあしらわれたギャザー&タックが、旬のエッセンスをもたらします。仕上げにクリーンな白のバッグを合わせることでアースカラーの着こなしにメリハリが生まれます。

ベージュのロングジレ×白ブラウス×グレーパンツ

ロングジレ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ブラウス(三喜商事〈イブルース〉)パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ストラスブルゴ〈ビアンキエナルディ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ロングジレ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ブラウス(三喜商事〈イブルース〉)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ストラスブルゴ〈ビアンキエナルディ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

大人の女性らしい気負わないきちんと感を添えてくれるジレの演出力に注目。ブラウス+タックパンツの軽やかさが、シンプルな着こなしをグレードアップしてくれます! ベージュ×グレーを基調にしたやわらかなシックトーンでまとめて、春らしさと親しみやすさを意識しましょう。

ブルネロ クチネリの白シャツ×ストライプロングスカート

シャツ・ロングスカート・ネックレス・バングル・ブレスレット・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
シャツ・ロングスカート・ネックレス・バングル・ブレスレット・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

シャツの袖をまくり、お気に入りのネックレスを身につけ、インパクトのあるロングスカートをさりげなくデイリーに着こなしましょう。

白ブラウス×黒のプリーツスカート

スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ブラウス※3月発売予定(レキップ)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ボン マジック)、時計(IWC)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ブラウス(レキップ)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ボン マジック)、時計(IWC)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ハリのあるチノ素材のプリーツスカートはモノトーンで辛口に装い、小物で色を差すのが洗練の決め手です。

サルヴァトーレ フェラガモのネイビーニット×デニムパンツ

ニット・デニム・バッグ・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ニット・デニム・バッグ・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

編み地に表情のあるニットは、ブランドの今季のキーカラー・ブルーに、メタルボタン付きレザーパイピングをのせた大人好みの一枚。「ジャスミン」の色名にエレガンス香るオフホワイトのバッグが、デニムコーディネートの清新な引き締め役になってくれます。

ビターブラウンのニット×イエローパンツ

パンツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、ネックレス・ブレスレット・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(トリー バーチ ジャパン〈トリー バーチ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
パンツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、ネックレス・ブレスレット・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(トリー バーチ ジャパン〈トリー バーチ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは2010年の登場以来、ウエストゴムを採用した仕様で人気の高いイージートラウザー。彩度の高い軽やかなイエローと織地の質感が上品なきれいめパンツを印象づけます。着こなしはミラネーゼをイメージしたビターブラウン×イエローの配色。シルク素材ならではの艶があるニットが大人っぽさを醸し出します。

マレーラの白ブラウス×ベージュのフレアスカート

スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、マレーラのブラウス・バンフォードのストール(三喜商事)、ピアス・ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、マレーラのブラウス・バンフォードのストール(三喜商事)、ピアス・ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ブラウスのベージュトリミングが、たっぷりとしたイレギュラーヘム(裾)のフレアスカートとの自然な統一感を演出。ドラマティックなフィット&フレアシルエットをすっきり着こなせます。スカートは左右が長いイレギュラーヘムが軽やかに躍動するシルククレープ素材。心地よくフィットする幅広のウエストゴムは、タックインしたトップスの着くずれを防ぐ効果もあります。

白のリネンブラウス×ロングプリーツスカート

スカート・ブラウス・ベルト・バッグ・サングラス・靴(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
スカート・ブラウス・ベルト・バッグ・サングラス・靴(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

例えば、海沿いの街を訪れる春の日には、白のリネンブラウスを合わせて、さわやかなスタイルに。長め丈のプリーツスカートは、リゾート地にも似合い、これから夏にかけて、旅先のワードローブとしても優秀です。アースカラーのバッグと靴を合わせて、リラックスしたイメージに。

グレーニット×シルバーのモダンスカート

スカート・ニット(ブラミンク)、ピアス(DES PRES〈エレナ ローナー〉)、ネックレス(RHC ロンハーマン〈ハルポー〉)、ぺランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
スカート・ニット(ブラミンク)、ピアス(DES PRES〈エレナ ローナー〉)、ネックレス(RHC ロンハーマン〈ハルポー〉)、ぺランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

モダンなスカートに、靴でさらなる輝きをトッピング。こうして光沢感をちりばめることで着こなしにリズムが生まれます。ワントーンのコーディネートは、素材や色でメリハリを効かせましょう。

ヴァレンティノの白ブラウス×黒のプリーツスカート

スカート・ブラウス・ベルト・靴(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ〉)、ピアス・バングル/(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、男性の眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈モンブラン〉)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
スカート・ブラウス・ベルト・靴(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ〉)、ピアス・バングル/(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、男性の眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈モンブラン〉)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

高度なクチュール技術を駆使して、シルクに精緻なプリーツを実現したスカート。流麗に波打つシルエットに感嘆します。ボリューム袖のブラウスを合わせて、スーツスタイルの男性と調和しつつたおやかさが際立つモノトーン・スタイルを完成させましょう。

ロロ・ピアーナのネイビーニット×ネイビースカート

ニット・スカート・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニット・スカート・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

コンパクトなリブの半袖ニットとボックスプリーツのスカートで、上品なフェミニンを目指して。マロンカラーの小物を合わせることで、ネイビーの着こなしに奥行きが生まれます。シルバーの『ボーン カフ』バングルで、辛口なアクセントを。主役のネイビーは清楚な雰囲気も魅力のニット&スカート。極細の糸を使用したカシミヤニットは、幅広のリブ編みをベースに、袖口には白を、サイドには赤のラインを効かせてメリハリをつけましょう。

シルクのカーキワンピース×スカーフ

ワンピース(Vince 表参道店) サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)バッグ (コロネット〈エアロン〉)、スカーフ (三喜商事〈イレブンティ〉)、ベルト(ブルーベル・ジャパン〈ホープ〉)、靴 (ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ワンピース(Vince 表参道店)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バングル(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ (コロネット〈エアロン〉)、スカーフ (三喜商事〈イレブンティ〉)、ベルト(ブルーベル・ジャパン〈ホープ〉)、靴 (ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

シルクのカーキのワンピースに、セージカラーのバッグやスカーフ、深いグリーンのバングルとサングラスをトッピング。

ebureのグレーニット×グレーレーススカート

スカート・ニット(ebure)、ピアス・バングル(チェリーブラウン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スカート・ニット(ebure)、ピアス・バングル(チェリーブラウン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

生地本来の美しさを生かした洗練デザインのスカート。優美なドレープに、レースのスカラップが引き立ちます。

ネイビーブラウス×ネイビー柄のハイウエストスカート

スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブラウス(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、ピアス・ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴※2月上旬発売予定(カオス丸の内〈カオス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブラウス(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、ピアス・ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(カオス丸の内〈カオス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

スカートと色トーン調を合わせた小物をちりばめ、統一感を出しつつ表情豊かに仕上げましょう。

カーフレザーのカーキワンピース×サンダル

ワンピース・靴『タニア』・ボールペン『ノーチラス』(エルメスジャポン)、眼鏡(金子眼鏡店 青山店)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ワンピース・靴『タニア』・ボールペン『ノーチラス』(エルメスジャポン)、眼鏡(金子眼鏡店 青山店)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ワークウエアのようなラフなシルエットのワンピースは、上質なカーフレザーのやわらかな肌触りも心地よく、仕事に集中できる逸品。目に穏やかなグリーンクレイの色調も魅力です。

グレージュのニット×マリンブルーパンツ

パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、ピアス・ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(カオス丸の内〈ザンチェッティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)93 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、ピアス・ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(カオス丸の内〈ザンチェッティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)93 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは、鮮やかなブルーでも子供っぽくなりすぎない上品な色合いが秀逸。ストレッチ素材のさらっとしたはき心地も抜群です。ゴールドのジュエリーでよりリッチに盛り上げましょう。

トリー バーチの白ブラウス×白スカート

靴『CAROYNE』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ブラウス・スカート(トリー バーチ ジャパン)、ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
靴『CAROYNE』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ブラウス・スカート(トリー バーチ ジャパン)、ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

光に呼応して、艶めくポルカドットが白の装いをドラマティックに彩ります。エレガントなバックストラップ靴なら、スカートスタイルの足元がこんなにも軽やかに!

シルクのネイビーブラウス×白スカート

ブラウス(Vince 表参道店)、スカート (ロンハーマン)、ピアス・リング (TASAKI )バッグ(ストラスブルゴ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ブラウス(Vince 表参道店)、スカート (ロンハーマン)、ピアス・リング (TASAKI )バッグ(ストラスブルゴ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

上質なシルク素材でありながら、ビッグフォルムのTシャツのようなリラックス感のあるトップスを主役に。白のエコレザーのスカートを合わせ、リュクスかつ軽やかに仕上げましょう。クラスアップには、クロコダイルのバッグが効果的です。

エルメスのコットンシャツ

エルメスのコットンシャツ
ビーチシャツ(エルメスジャポン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

鮮やかな色をまとう楽しさを満喫したい季節。美しいプリントが施されたシャツに身を包むだけで、思わず笑みがこぼれます。ピンク、イエロー、グリーンなど彩り豊かなコットンシャツは、1992年に登場したエルメスのシルクスカーフ『アマゾンの祭典』の絵柄を引用したもの。

マックスマーラのコート×ワンピース

マックスマーラのコート×ワンピース
コート・ワンピース(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ペンダント・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

正統派のトレンチコートが、ハリのあるシルクオーガンジーの上質な透け感で、まったく新しい表情に! ベーシックな品のよさと旬の華やかさを併せもつ、最新のベージュを象徴する一枚です。

シルクジョーゼットのブラウス×デニムパンツ

シルクジョーゼットのブラウス×デニムパンツ
ブラウス・デニム・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

春の陽差しを感じたら、軽やかな透け感ブラウスを主役にして装いをアップデート。ふんわりとしたシルクジョーゼットのブラウスは、ゴールド&シルバーの水玉や大胆なフリル使いまで、女心をくすぐるデザインです。日常に着るなら、デニムなどブラウスの甘さを抑えるアイテムを合わせ、カジュアルに着るのが鉄則。

ベージュの主役ブラウス×スティックパンツ

ベージュの主役ブラウス×スティックパンツ
パンツ(キートン)、ブラウス(デザインワークス、コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ピアス・ネックレス・5連バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはオフ白の優美さを引き立てるしっとりとしたウールクレープ素材。ヒップ位置から入ったセンターシームなど、細部にわたって仕立てのよさが際立つエレガントな一本です。大きなリボンでウエストをデフォルメしたブラウスは、一枚で主役になれる存在感。細身パンツでバランスよく仕上げましょう。

カーディガン×ツイード&ニットのワンピース

カーディガン×ツイード&ニットのワンピース
ワンピース(アオイ〈ポール カ〉)、カーディガン(アオイ〈ポール カ〉)、サングラス(オリバーピープルズ東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉) 撮影/YUJI TAKEUHI(BALLPARK) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ワンピースはツイードのトップ部分×ニット地のフレアスカート。上下で表情の異なる組み合わせは、セットアップのような楽しさときちんと感が同時に味わえます。温度調節にも最適なコンパクトなカーディガンを加えてエレガントに。

コート×ニット×コットンリネンのデニムパンツ

コート×ニット×コットンリネンのデニムパンツ
パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、コート(ヘルノ プレスルーム)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ストール(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

スパンコール付きニットやシルバーバッグで、コットンリネンのデニムに華やかさをプラスしましょう。

イヴ・サンローランのブラウス×黒パンツ

イヴ・サンローランのブラウス×黒パンツ
ブラウス・パンツ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(TASAKI) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

リズミカルなドット模様が華やかなムードを生み出すブラウスは、つかず離れずのしなやかなシルエットが軽やかさを漂わせます。この春私たちが手に入れたいのは、タイムレスな美しさのなかにも今の気分を感じさせるこんな一枚。黒のパンツを合わせ、スマートに着こなしましょう。

ポロ襟ニット×赤のロングスカート

ポロ襟ニット×赤のロングスカート
トップス・レザースカート・ピアス・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

顔の表情をぱっと明るく見せる鮮やか色のトップスは、素肌がほんのりのぞく、透け感のあるポロ襟ニット。カジュアルなアイテムながら、素材感や襟の開き具合でさりげなく女らしさを感じさせるところが、今の気持ちにぴったり。ボトムまでワントーンでまとめて華やかに仕上げましょう。

イエローのバルーンスリーブブラウス×ワイドパンツ

イエローのバルーンスリーブブラウス×ワイドパンツ
ブラウス・パンツ(ソニア リキエル 青山店)、ペンダント・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈マクリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アングローバルショップ 表参道〈ペリーコ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よいハリとしなやかさを備えたコットンストレッチに、ギャザーでボリュームを出しながら、ウエストも袖口もキュッと絞ったバルーンスリーブのブラウス。全体にボリューム感がある場合、絞りをきかせたシルエットを選び、首、手首、足首を見せる抜け感でバランスよくまとめましょう。リラックス感のあるサフランイエローで、大人かわいいカジュアルに。

ストライプのシャツ×白のロングスカート

ストライプのシャツ×白のロングスカート
コットンリネンのロングシャツ・リネンベースのサーキュラースカート・バッグ(ロエベジャパン)、ピアス(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ピッチが異なるストライプを縦に、斜めに、リズミカルに配したシャツは、これまでのどこか生真面目なストライプとはまったく違う表情が新鮮です。女らしくウエストを絞りながら、トップもボトムも、ボリューム感たっぷりに。リネン混の季節素材で、ナチュラルな大人の美しさに出合えそう。