ブラウンカラー(茶色)の靴を取り入れたコーディネートをまとめました。レザーシューズといえば茶色。ベーシックな茶色の靴の履きこなし方のテクニックをご紹介します。

レディース茶色靴コーデ


【1】茶色ヒールサンダル×白パンツ×ブラウス×ジャケット

ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ギャレッタのバングル・カングラのストール(チェルキ)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年
ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ギャレッタのバングル・カングラのストール(チェルキ)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ミモザイエローのレザーブルゾンに、白のワイドパンツというマニッシュなスタイルも、スエードのキャメル靴を合わせた「新・トリコロール配色」で女らしく進化。3色をつなぐバニラ色のストールは、コーディネートにこなれ感を与えるキーアイテムです。

【2】茶色ローファー×パンツ×カットソー×カーキジャケット

ジャケット・パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、カットソー(三喜商事〈バンフォード〉)、シルクスカーフ(TOMORROWLAND〈ジャン ジャッカスロジャース〉)、ベルト(エストネーション〈メゾン ボワネ〉)、サングラスフレーム・クリップオン(モスコット トウキョウ)、時計(IWC)、バングル(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ベン アムン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年
ジャケット・パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、カットソー(三喜商事〈バンフォード〉)、シルクスカーフ(TOMORROWLAND〈ジャン ジャッカスロジャース〉)、ベルト(エストネーション〈メゾン ボワネ〉)、サングラスフレーム・クリップオン(モスコット トウキョウ)、時計(IWC)、バングル(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ベン アムン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

トラッドなジャケットスタイルに、個性的なヴァンプで差をつけて! 洗練されたシックカラーのジャケットスタイルには、細めのヴァンプで足元はすっきり、軽やかに仕上げるのが正解です。

【3】茶色ローファー×オレンジワンピース×コート

コート(マッキントッシュ青山店)、ワンピース(コロネット〈エアロン〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート(マッキントッシュ青山店)、ワンピース(コロネット〈エアロン〉)、バングル(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

とろみのあるマキシ丈のワンピースとハリのあるAラインコートとの、ボリューム感をそろえたレイヤードに、短めストラップのクロスボディバッグとローファーが旬のバランス感を与えます。ブラウンみを帯びたオレンジ色は肌になじみ、コートのキャメルベージュともしっくりと溶け合って、大人のリッチカジュアルに。

【4】茶色ヒールサンダル×プリーツスカート×黒ブラウス

靴『SHAR』(JIMMY CHOO)、コートのブラウス・エストネーションのスカート(エストネーション)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(ジョージジェンセン ジャパン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年
靴『SHAR』(JIMMY CHOO)、コートのブラウス・エストネーションのスカート(エストネーション)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(ジョージジェンセン ジャパン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

メタリックな風合いのプリーツスカートは、ラップ仕立てに加え、裾のラインを段違いにした「ひとくせ」が光る一枚。Vネックの黒ブラウスと合わせて、あくまでかっこよく着こなすのが大人の流儀です。足元もVカットのヒール靴を合わせることで、都会の街に映えるモダンなコーディネートが完成します。

【5】茶色ローファー×ブルーパンツ×ニット

パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、ピアス・ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(カオス丸の内〈ザンチェッティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)93 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、ピアス・ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(カオス丸の内〈ザンチェッティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)93 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは、鮮やかなブルーでも子供っぽくなりすぎない上品な色合いが秀逸です。ストレッチ素材のさらっとしたはき心地も抜群で、端正なブラウンローファーとも好相性。ゴールドのジュエリーでよりリッチに仕上げましょう。

【6】茶色パンプス×フレアスカート×白ブラウス

スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、マレーラのブラウス・バンフォードのストール(三喜商事)、ピアス・ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、マレーラのブラウス・バンフォードのストール(三喜商事)、ピアス・ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ブラウスのベージュトリミングが、たっぷりとしたイレギュラーヘム(裾)のフレアスカートとの自然な統一感を演出。ドラマティックなフィット&フレアシルエットをすっきり着こなせます。スカートは左右が長いイレギュラーヘムが軽やかに躍動するシルククレープ素材。ブラウンのパンプスを合わせて、上品にまとめましょう。

【7】茶色ローファー×オレンジパンツ×ニット×コート

ザネラートのバッグ『ポスティーナ S オリジナルシルク』・アンスクリアのコート・ベルウィッチのパンツ・スペクトレのサングラス・アルテアのスカーフ(アマン)、ニット(スローン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ザネラートのバッグ『ポスティーナ S オリジナルシルク』・アンスクリアのコート・ベルウィッチのパンツ・スペクトレのサングラス・アルテアのスカーフ(アマン)、ニット(スローン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

シルキーな光沢仕上げを施したきれいめな印象のカーフレザーは、トラッドテイストの着こなしとも好相性。『キューバ』色と呼ばれるこっくりとしたナッツブラウンは、オンオフ問わず重宝する活躍色です。足元もブラウンレザーでつなげて、こなれ感を演出しましょう。

【8】茶色サンダル×コットンワンピース

ワンピース・ベルト・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス(DES PRES〈PONO〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ワンピース・ベルト・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス(DES PRES〈PONO〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

ひと目で上質とわかる軽やかで透け感のあるコットン素材から、襟や袖口に施された手縫いの刺しゅうまで、すべてが特別なワンピース。たっぷりとした分量感の一着には全体にギャザーが入っていて、歩くたびに揺れ、華やいだ雰囲気に。靴とバッグをブラウンでまとめて、上品にまとめましょう。

【9】茶色スリッポン×ネイビーパンツ×トップス

パンツ(オールウェイズ〈NUMBER M〉)、トップス(ebure〈ebure〉)、ペンダント・バングル(ブランイリスエストネーション六本木ヒルズ店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(チャーチ 表参道店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
パンツ(オールウェイズ〈NUMBER M〉)、トップス(ebure〈ebure〉)、ペンダント・バングル(ブランイリスエストネーション六本木ヒルズ店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(チャーチ 表参道店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

センタープレスの入ったネイビーの9分丈パンツは、ウールベースでストレッチ入り。スタイル美人を約束する万能のパンツを、ネイビートップスとワントーンコーディネート。旬のブラウン系小物を加えたら、シックながら今の気分が漂います。

【10】茶色ローファー×パンツ×ニット×カーキコート

【1】茶色ローファー×パンツ×ニット×カーキコート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(TASAKI)、バッグ(エストネーション〈スタウド〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは、ゴム引き素材ならではのマットな発色のオリーブグリーンが上品。袖を折り返すと、レザーテープのトリミングがのぞきます。今年らしいボリューム感をもつロングコートは、インナーとボトム、ローファーまでもを同系色にまとめ、端正に着こなしましょう。

【11】茶色パンプス×ガウチョパンツ×コート

【2】茶色パンプス×ガウチョパンツ×コート
コート(キートン)、トップス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ティビ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、ブレスレット・リング(ピアジェ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一枚仕立てで軽やかさを出した、スエード素材のラップコートはコクのあるキャメルカラーがトレンチ風のたたずまい。白のガウチョパンツで軽快に、足元はコートと同系色にしてメリハリのある着こなしを完成させましょう。

【12】茶色パンプス×赤トレンチコート

【3】茶色パンプス×赤トレンチコート
コート・ブラウス・バッグ・靴(ステラ マッカートニー ジャパン)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

レンガ色のブリックレッドは、人と重なりにくい、一歩先をゆくカラーチョイス。体になじみやすいコットン混素材で仕立てたロングトレンチは、前を開けても、ベルトを締めても、やわらかな風合いでしなやかなたたずまいに。コートが印象的な分、パンプスは肌馴染みのいいブラウンを選んで、抜け感を与えましょう。

【13】茶色パンプス×スカート×カットソー×ネイビーコート

【4】茶色パンプス×スカート×カットソー×ネイビーコート
コート(ナイツブリッジ・インターナショナル〈オールド イングランド〉)、トップス(レナウン プレスポート〈レステラ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ウノアエレのネックレス・ワンエーアールバイウノアエレのバングル(ウノアエレ ジャパン)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ハリのあるネイビーのコートは、だれからも愛される上品さが魅力です。学生風にならないように、艶や動きのある華アイテムを合わせて。裾フリンジのトップスと艶めくプリーツスカートで知的なネイビー×ベージュを優美に演出しましょう。

【14】茶パンプス×黒ワンピース

【5】茶パンプス×黒ワンピース
ワンピース(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ピアス・ブレスレット(エディション・デコ阪急百貨店 阪急うめだ本店〈ミリアム・ハスケル〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

シンプルに徹した王道の黒のタンクワンピースなのに、裾が揺れるベルフリルだと、こんなにもキュート! ボディーに美しく沿ったくびれたウエストには大人の色香がほのかに漂い、チェーンバッグやレーシーなヒールなどの成熟した小物使いで、大人にふさわしい着こなしが完成します。

【15】茶色ローファー×ピンクパンツ×ニット

【6】茶色ローファー×ピンクパンツ×ニット
ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、イヤリング・バングル・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

細身ながら、ボディーラインを拾わない少し地厚のウールストレッチパンツ。着こなしは、パンツと同色のコーラルピンクを部分的に配したクリケット風ニットと、セットアップ感覚で組み合わせましょう。甘く優しい配色だからこそ、大ぶり時計とローファーでメンズライクに引き締めるとおしゃれにまとまります。

【16】茶色パンプス×カーキワンピース

【7】茶色パンプス×カーキワンピース
ワンピース(ステラ マッカートニー ジャパン)、バッグ・靴(ステラ マッカートニー ジャパン)、ピアス(TASAKI)、時計(IWC) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ふっくらとボリュームのある袖と、ボディーに心地よくフィットするシルエットの対比が、今年らしいモード感を演出。小さなボタンをずらりと並べた前立てのデザインがポイントとなり、個性的な表情が生まれます。ミリタリーテイストのカーキは、カジュアル感が高くなるので、チェーンバッグやピンヒールの靴を合わせて、エレガントに昇華させましょう。全身をニュアンスカラーでまとめれば、着こなしに奥行きが生まれ、クラス感のある美しさが漂います。

【17】茶色サンダル×パンツ×ノースリーブ×ジャケット

【8】茶色サンダル×パンツ×ノースリーブ×ジャケット
ジャケット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、背中がニット地になったサテンのノースリーブトップス(三喜商事〈アリュード〉)、ラメ加工したデニムのパンツ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ロレーナ アントニアッツィ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(バリー 銀座店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

グレイッシュな白を、ジャケットのネイビーで挟んだ洗練のⅠラインですっきり。光沢のある素材を選び、モード感のある靴&バッグで鮮度アップさせましょう。

【18】茶色ブーツ×赤ドレス

【9】茶色ブーツ×赤ドレス
ドレス・ブーツ・ネックレス・バングル(エトロ ジャパン) 撮影/Kei Ogata BY:『Precious5月号』小学館、2017年

やわらかなシルクシフォンに、流麗なペイズリーをあしらったロングドレス。エキゾチックなプリントが生み出す優雅なドレープと透け感で、涼しげに華やいで。あえて足元はロングブーツを合わせ、気負いのない上質カジュアルに仕上げましょう。

【19】茶色パンプス×スカート×ブラウス

【10】茶色パンプス×スカート×ブラウス
共布ベルト付きブラウス・共布ベルト付きスカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモンアルカンタラ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

肌になじむベージュとブラウンパンプスを合わせたワントーンの着こなしは、深みのある赤のバッグをアクセントにすればエレガントにまとまります。

【20】茶色サンダル×パンツ×ブラウス×ジャケット

【11】茶色サンダル×パンツ×ブラウス×ジャケット
ジャケット(ディースクエアード 東京〈ディースクエアード〉)、ブラウス(アパルトモン青山店〈ティビ〉)、パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ベルト・バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル各(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フォーマル感を重視するなら、モノトーンをベースにするのがおすすめ。キャメル色の靴&バッグが、辛口配色に女らしさと軽やかさを授けてくれます。

【21】茶色パンプス×スカート×ニット

【12】茶色パンプス×スカート×ニット
エストネーションのニット・ペランのバッグ(エストネーション)、スカート(ショールーム リンクス〈セドリック シャルリエ〉)、アルテミス・ジョイエリ、のペンダント・ネックレス・マッティオリのネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品な光沢のラメがぎっしりあしらわれた ミラノリブのニットを主役に。Tシャツ型でどこかカジュアルなところも、今の気分にぴったり。バッグと足元まで同系色で合わせれば、上品な装いが完成します。

【22】茶色パンプス×白パンツ×ブラウス

【13】茶色パンプス×白パンツ×ブラウス
パンツ(キートン)、ブラウス(デザインワークス、コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ピアス・ネックレス・5連バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはオフ白の優美さを引き立てるしっとりとしたウールクレープ素材。ヒップ位置から入ったセンターシームなど、細部にわたって仕立てのよさが際立つエレガントな一本です。大きなリボンでウエストをデフォルメしたブラウスは、一枚で主役になれる存在感。細身パンツとシンプルなパンプスでバランスよく仕上げましょう。

【23】茶色パンプス×パンツ×ニット×ジャケット

【14】茶色パンプス×パンツ×ニット×ジャケット
ジャケット・ニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはピークラペル、ダブルブレスト、サイドベンツ(後ろ身ごろの左右に入ったスリット)と、正統派メンズライクな仕立て。四角い貝ボタンが小粋なアクセントになっています。ジャケットのかっこよさが際立つビター配色を意識して、キャメルのパンツとパンプスを投入。袖をたくし上げたり、白を効かせたりとヘルシーな抜け感を添えましょう。

「茶色 靴 コーデ」の関連記事