レッドカラーのアイテムを取り入れたコーディネートをまとめました。鮮やかで女性らしい赤色のアイテムを格好良く着こなすためのテクニックをご紹介します。

【目次】

赤トップスの春コーデ


【1】赤ポロ襟ニット×赤フレアスカート

【1】赤ポロ襟ニット×赤フレアスカート
トップス・レザースカート・ピアス・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

顔の表情をぱっと明るく見せる鮮やかな赤トップスは、素肌がほんのりのぞく、透け感のあるポロ襟ニット。カジュアルなアイテムながら、素材感や襟の開き具合でさりげなく女らしさを感じさせるところが、今の気持ちにぴったりです。ボトムまでワントーンでまとめて華やかに着こなしましょう。

【2】ルイ・ヴィトンのシルクブラウス×黒パンツ

【2】ルイ・ヴィトンのシルクブラウス×黒パンツ
シルクのブラウス・デニムパンツ・サングラス・ブレスレット・バッグ・靴(ルイ・ヴィトン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ルイ・ヴィトンの「モノグラム」を小さな幾何学柄にアレンジしたプリントブラウス。幾何学は知性とモダンさが表現できて、だれからも好かれる柄。凛としたシャツ襟で、ジャストウエストに絞りがあるので、デニムでカジュアルダウンしても、きちんとした印象になります。

【3】イヴ・サンローランのTシャツ×ジャケット×デニムパンツ

【3】イヴ・サンローランのTシャツ×ジャケット×デニムパンツ
ジャケット・Tシャツ・デニム・バッグ、靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

大人の春アウターにふさわしい上質なシルクのジャケット。コンパクトなライダース丈なら、スカートにもパンツにも似合い、体型を選びません。光沢のある明るめのサンドベージュなので、程よい色落ちのデニムと好相性。シルクの上質感に頼って、かわいいボーダーTシャツを合わせたフレンチシックに仕上げましょう。

赤スカートの春コーデ


【1】ミモレ丈赤スカート×黒ニット

【1】ミモレ丈赤スカート×黒ニット
ニット(ルシェルブルーカスタマーサービス〈アイレネ〉)、スカート(wb)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈タタボレロ〉)、バッグ(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈ペラン〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

きゅっと絞ったウエストからランダムに入れたタックでボリュームを加えたスカートは、ふくらはぎにかかるくらいのミモレ丈。情熱的な朱赤を落ち着いて見せるメリハリある配色も、黒の分量を控えめに、また全身にちりばめることで、優しく親しみやすい雰囲気になります。

【2】クリスチャン ディオールの赤スカート×コート

【2】クリスチャン ディオールの赤スカート×コート
コート・スカート・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

コートは、ディオールの名品「バー ジャケット」からインスパイアされたもの。そしてプリーツスカートは、メゾン創設時からコレクションに登場するアイコンです。コートの端正なシルエット、プリーツの流れるような動き…。エレガンスを紡ぐブランドゆえの、物語を感じる着こなしが完成します。

【3】グッチの花柄赤スカート×トレンチコート

【3】グッチの花柄赤スカート×トレンチコート
靴・トレンチコート・白シャツ・スカート・バッグ(グッチ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

アイコニックなバンブーをヒールにあしらった一足は、小さなスタッズやパールモチーフなど、グッチらしい遊び心がちりばめられています。トレンチコートに合わせてかっこよく仕上げつつ、裾からは華やかな花柄スカートをのぞかせて、女性らしさも忘れずに。

【4】赤青のボーダータイトスカート×ブルゾン×ニット

【4】赤青のボーダータイトスカート×ブルゾン×ニット
ブルゾン(ボウルズ〈ハイク〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈エンリスト〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、時計(IWC)、バッグ(CPR TOKYO〈フリン〉)、靴(ebure〈スペルガ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

'60年代に一世を風靡した「US ARMY M51フィールドジャケット」のディテールを踏襲したメンズライクなブルゾン。地厚なコットンを裏地なしで仕立てることで、軽やかさを追求しています。深いネイビーのブルゾンには、春色のボーダースカートが小粋に映えます。

赤パンツの春コーデ


【1】フェラガモの赤パンツ×シルクブラウス

【1】フェラガモの赤パンツ×シルクブラウス
シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス・バングル(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フェミニンな白ブラウスはたくさんもっているけれど、こんなに上品で心ときめく花柄プリントは、ありそうでなかった逸品。コンサバティブなのに、際立つ美しさを、艶やかな赤いボトムが強く後押ししてくれます。かわいいストロー素材のバッグや、ゴールドメッシュのサンダルを差して軽やかに仕上げましょう。

【2】赤パンツ×赤ニット×ジャケット

【2】赤パンツ×赤ニット×ジャケット
ジャケット(ビームス ハウス 丸の内〈ラルディーニ〉)、マディソンブルーのニット・バーニーズ・ニューヨークのパンツ・スカーフ(バーニーズ ニューヨーク)、メゾン ボワネのバングル・ヴィオラドーロのバッグ(ビームス ハウス丸の内)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

リラックス感があるのに、秀逸なパターンの効果で、立体的なスタイルが楽しめるジャケット。インには華やかな赤をまとって、春らしい着こなしを満喫しましょう。

赤ワンピースの春コーデ


【1】赤ワンピース×黒カーディガン

【1】赤ワンピース×黒カーディガン
ワンピース(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈アントン ヒューニス〉)、ブレスレット・リング(ボン マジック)、バッグ(ロンハーマン〈ラドロー〉)、靴(ベイジュ〈PIPPICHIC〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レディーライクなAラインのワンピース×肩かけニット。コンサバな組み合わせでも、鮮やかな色の要素が加わると、こんなにも新鮮な表情になります。ノースリーブとミニ丈からのぞく、肌の露出も計算のうち。

赤コートの春コーデ


【1】ステラ マッカートニーの赤コート×パンプス

【1】ステラ マッカートニーの赤コート×パンプス
コート・ブラウス・バッグ・靴(ステラ マッカートニー ジャパン)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

レンガ色のブリックレッドは、人と重なりにくい、一歩先をゆくカラーチョイス。体になじみやすいコットン混素材で仕立てたロングトレンチは、前を開けても、ベルトを締めても、やわらかな風合いでしなやかなたたずまいがかないます。ステッチやボタンで効かせた白がクリーンに映えるのもポイントです。

赤パンプスの春コーデ


【1】クリスチャン ディオールの赤ヒールパンプス×ワンピース

【1】クリスチャン ディオールの赤ヒールパンプス×ワンピース
ディオールのワンピース・バッグ・ストール・靴・ディオール タイムピーシズの時計・ディオールファイン ジュエリーのリング(クリスチャン ディオール) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ふだんは少し勇気がいる赤いヒールパンプス。でも短めのスカートに思いきって合わせてみると、ヒロインになった気分が味わえます。ネイビーのタンクドレスは、程よい艶とハリがあり、構築的なカッティングで女らしさが香り立つ一着。裾にフリルをあしらった、クチュールブランドならではのクラス感のある愛らしさに、大人は安心して身を委ねられます。