ネイビーカラーのジャケットを取り入れたコーディネートをまとめました。まだまだアウターが活躍するこの時期にチャレンジしたいジャケットの着こなし術をご紹介します。

【目次】

ネイビージャケットのオフィス春コーデ


【1】ネイビージャケット×白パンツ

【1】ネイビージャケット×白パンツ
パンツ(PT JAPAN〈PT01〉)、ジャケット(Theory luxe)、ブラウス(三喜商事〈イレブンティ〉)、ペンダント・ブレスレット・リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、バッグ(バリー 銀座店)靴(セルジオ ロッシ) 熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ハイウエストの白パンツは、爽やかな気品とリッチな抜け感が魅力。ネイビーのボウタイブラウスをボトムインして視線を上に集めつつ、今シーズン注目のロングジャケットで腰周りをさりげなくカバーしましょう。そうすれば、無敵の好感度を誇るネイビー×白配色を、最新バランスで楽しめます。

【2】ネイビージャケット×ネイビーワンピース

【2】ネイビージャケット×ネイビーワンピース
ジャケット(三喜商事〈ストラネス〉)、ノースリーブのワンピース(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(マルベリージャパン〈マルベリー〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

プレゼンのときは、洋服の印象よりも内容で印象を残したいから、地味色を選ぶのがエグゼクティブの流儀。清潔感のあるネイビーのジャケットは、黒いブレードのトリミングをあしらった控えめな装飾も好感度大です。足元のみ艷あるパンプスを投入して、品のよい華やかさを表現しましょう。

【3】ネイビージャケット×ニット×白パンツ

【3】ネイビージャケット×ニット×白パンツ
ストラネスのジャケット・バンフォードのニット(三喜商事)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらしてくれます。

【4】ネイビージャケット×ストライプシャツ×スカート

【4】ネイビージャケット×ストライプシャツ×スカート
ラルフ ローレン コレクションのジャケット・シャツ・スカート・ラルフ ローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

トラディショナルな紺ブレ風のテーラードジャケット。すっきりした細身ながら、ストレッチが程よくきいたウール素材で着心地がよく、フィット感が抜群。袖まくりをして、軽やかに着こなしましょう。キャメルのスエードスカートで、王道配色の上品なインパクトを加味して。

【5】ネイビージャケット×Vニット×タイトスカート

【5】ネイビージャケット×Vニット×タイトスカート
ジャケット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネイビーのVニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ネックレス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

タイトスカートでシャープな女らしさを。ネイビー×ブルーはこの春、知的なキャリアにおすすめの配色。ウォーミーなスエード素材なら、着こなしが一気にこなれて見えます。

ネイビージャケットのパンツ春コーデ


【1】ネイビージャケット×Tシャツ×ストライプワイドパンツ

【1】ネイビージャケット×Tシャツ×ストライプワイドパンツ
パンツ・ジャケット(アマン〈アンスクリア〉)、Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)、ネックレス(TASAKI)、眼鏡/私物 浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

シックなマルチストライプ柄のパンツを、金ボタンが今また新鮮に映る、ブーム再燃の紺ブレを合わせてきれいめに着こなしましょう。旬のロング丈で仕立てたカジュアルなキャンバス素材だから、鮮度抜群の佇いに。パンツはリネンレーヨン素材がしなやかさを生むフルレングスのワイドシルエットがたおやかな雰囲気です。マチュアな余裕を感じさせて。

【2】ネイビージャケット×ニット×ワイドパンツ

【2】ネイビージャケット×ニット×ワイドパンツ
ジャケット・ニット・パンツ・ベルト(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

プレップスクールのユニフォームにインスパイアされ誕生したというネイビージャケット。ウエストに絞りのないストレートなシルエットと肩パッドや芯地を省いた、ソフトな仕立てが特徴です。クラス感を感じさせるカジュアルスタイル、極上のリラックス感という意味で、まさにラルフ ローレン コレクションというブランドの世界観を映したようなアイテムといえます。インナーにはオフタートルのニットを合わせて。「端正」と「リラックス」が見事に共存した大人のネイビースタイルです。

【3】ネイビージャケット×カットソー×黒パンツ

【3】ネイビージャケット×カットソー×黒パンツ
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(アニヤ・ハインドマーチ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

主役のパンツは、レーヨン×コットン混の緻密に織られたストレッチ素材。程よいテーパードラインに、発色のいい黒が上品。黒で統一したトップス&パンツに、深いネイビーのタキシード風ジャケットを肩がけ! 男前なジャケットスタイルに、ロングパールとパテントローファーでパリジェンヌのような小粋さを演出しましょう。

【4】ネイビージャケット×ノースリーブトップス×白パンツ

【4】ネイビージャケット×ノースリーブトップス×白パンツ
ジャケット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ノースリーブトップス(三喜商事〈アリュード〉)、デニムパンツ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ロレーナ アントニアッツィ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(バリー 銀座店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

グレイッシュな白を、ジャケットのネイビーで挟んだ洗練のⅠラインですっきり。光沢のある素材を選び、モードな小物で鮮度アップさせましょう。

【5】ネイビージャケット×カットソー×ネイビーパンツ

【5】ネイビージャケット×カットソー×ネイビーパンツ
パンツ(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、トップス(アストラット 青山店〈アストラット〉)、バッグ・ショルダーストラップ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ペンダント・リング・時計・ストラップ(ピアジェ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

バッグのストラップの鮮やかなイエローを差し色に効かせた、きれいめのジャケパンスタイルです。