髪が細くなるとうねりが出やすくなると、同時に地肌が透けやすくなるもの。うねりを真っ直ぐに伸ばすと、いっそう地肌が透けて薄毛感も際だってしまう、まさに負のスパイラルを実感している人も多いのでは。そんな多重苦の髪悩みに応えてくれるのが、六本木美容室 白金店の副店長、田島沙智子さん。

「頭頂部と顔周りにふんわりボリュームを出して、毛先を引き締めてメリハリ感を出すと、それだけで薄毛感はなくなります」

自分でも簡単にできる、メリハリスタイルのつくり方を教わります。

【お悩み】すぐにペタッとなるうねり髪にボリュームが欲しい!

ミディアム代表:五十嵐麗さん(39歳/会社員)のお悩みを解決するには…

■髪型:顔周りにレイヤー、後頭部のグラデーションで360度立体的なシルエットに

完成
サイド
バック

 

五十嵐さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ(細→太) ★
  4. うるおい(乾→潤) ★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★★

うねりやすく、トップのハチのあたりにボリュームがほしいという五十嵐さん。

「顔周りにレイヤーを入れて膨らませて、全体のシルエットが菱形になるようにカットしてあります。菱形ラインの効果で顔の輪郭がシャープに見えるので、たるみが気になる方にもオススメです」(六本木美容室 白金店 副店長・田島沙智子さん)

■スタイリング:トップはカーラーで、顔まわりの毛先はカールアイロンで内巻きに

「分け目をまたぐように、頭頂部の髪をカーラーで巻いて根元の立ち上がりをつくります。顔にかかる髪はカールアイロンで毛先を内巻きにして菱形のシルエットをつくれば、ボリューム不足が気にならないスタイルになれます」(田島さん)

スタイリング前

■1:頭頂部の中央の髪を直径4~5㎝のカーラーで内巻きに。そのすぐ後ろの髪も同様に巻く

分け目をまたぐように毛束をとるのがポイント。

■2:顔にかかる髪は、カールアイロンで中間あたりから毛先が内側に向くように形を整える

カールアイロンに巻き付けるのではなく、内向きにサッと通すイメージ。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■地肌が見えないように分け目をクッキリ付けない
  2. ■頭頂部の根元を立たせてボリューム感を出す
  3. ■毛先を内向きに引き締めてメリハリを作る

「髪がやわらかく、スタイリングをしてもすぐにペタッとなる人は、シャンプー後のブローを見直すといいでしょう。毛根から前向き生えている人は手ぐしで後ろにとかしながら、後ろ向きなら前にとかしながらドライヤーをあてると、自然と根元が立ちあがるため、スタイルが長持ちします。髪の生え方はご自身では判断しにくいので、担当のスタイリストに相談してみてください」(田島さん)

六本木美容室 白金店・副店長 田島沙智子さん。ワインと旅行が大好き。「海外へ旅行すると、その土地の美味しいワインを探すのも楽しみのひとつです」

問い合わせ先

セレブや芸能人もお忍びで通う、落ち着いた雰囲気のサロン
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑