鮮やかな黄色や深みのある黄色、さまざまな黄色を使ったコーデをピックアップしました。夏らしく元気に黄色を着こなしましょう!

【目次】

黄色トップスのコーデ


【1】エストネーションの黄色ノースリーブニット×白パンツ

【1】黄色ノースリーブニット×白パンツ
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ビームスウィメン 渋谷〈カルト ガイア〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

独特な節のある素材がさりげなく存在感を演出する白のスティックパンツに、ゴールドイエローのニットを合わせて。リッチ感漂う黄色と白の配色が、ごくシンプルな着こなしを際立たせます。

【2】シクラスの黄色ブラウス×白ワイドパンツ

【2】黄色ブラウス×白ワイドパンツ
ブラウス・パンツ(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ネックレス(TASAKI)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

旬のシルエットを約束するハリのある白いワイドパンツをベースに。黄色のトップスに合わせたのは、クラシカルなボウタイブラウスです。周囲をはっとさせるほど美しいカナリアイエローなら、白のパンツと調和して、理想的な都会派エレガンスに。キャメルのスエードバッグで、シックな大人色を加えれば、メリハリが生まれ洗練された雰囲気に仕上がります。

【3】バレナの黄色ノースリーブニット×白スカート

【3】黄色ノースリーブニット×白スカート
パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、トップス(エリオポール銀座〈バレナ〉)、ペンダント・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、帽子・バッグ(スコッチ アンド ソーダ 原宿店〈メゾン スコッチ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

着るだけで元気になれるビタミンカラーの黄色トップスに白ボトムを合わせて、鮮やかなコントラストを楽しみましょう。

【4】バレナの黄色シャツ×黄色パンツ

【4】黄色シャツ×黄色パンツ
ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、トップス(エリオポール銀座〈バレナ〉)、パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ビビットな黄色のトップスに薄めの黄色のパンツを合わせた黄色コーデ。単調になりがちなバイカラーの組み合わせには、シルバーの光沢感を投入して、なじみのあるカジュアルスタイルを一新しましょう。

黄色パンツ・スカートのコーデ


【1】ファビアナ フィリッピの黄色パンツ×白トップス×ネイビーバッグ

【1】黄色パンツ×白トップス×ネイビーバッグ
ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈マイケル・コース〉)、ネックレスチェーン・チャーム(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオアルマーニ〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

黄色パンツと白ブラウスの小粋配色は、ネイビーバッグで落ち着いた雰囲気に。

【2】レ・コパンの黄色ラップスカート×ベージュシャツ

【2】黄色ラップスカート×ベージュシャツ
スカート・シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ネックレス・リング(フレッド)、時計(オメガ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

明るい印象へと導く、黄色のスカートを主役に、夏のワードローブを一新させましょう。端正なベージュシャツも、変形ラップスカートを合わせることで、ぐっとこなれた雰囲気に。淡色カラーの着こなしで膨張しないよう、シャツのVゾーンから肌をのぞかせて、キレ味をプラス。さらりと心地よいリネンコットンのスカートは、これからのシーズンに活躍します。すっきり見えるタイトなシルエットながら、ラップ仕立てのデザインや、斜めにあしらった大きなポケットがアクセントに。

黄色に合う色とのコーデ


【1】ドゥロワーの黄色ワンピース×白カーディガン

【1】黄色ワンピース×白カーディガン
コットンベースのカーディガン(三崎商事〈エルミダ〉)、ノースリーブワンピース(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(リエート〈バートン ペレイラ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

透け感のある白のロングカーディガンが、大人かわいいコットンレースの黄色ワンピースに優雅さを添えて。小物までワントーンでまとめるのが洗練の秘訣です。

【2】ロエベ の黄色ショール×白ニットドレス

【2】黄色ショール×白ニットドレス
ニットドレス・デニムパンツ・かごバッグ・ウールシルクのショール(ロエベ ジャパン)、ブルーのレザーブレスレット・シルバーのビーズブレスレット・シルバーのペンダント・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、デジタルカメラ『ライカTL2』・レンズ・プロテクター・ストラップ・ストラップラグ(ライカ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

品のある黄色のショール&ゆったりとした白のニットドレスは、昼はデニムに合わせて、夜はドレスとして着回せるから、旅に必携のアイテムです。機内でも活躍する大きめのかごバッグと巻き物も、旅慣れた印象に。

黄色バッグを使ったコーデ


【1】ヴァレクストラの黄色バッグ×白ワンピース×ネイビージャケット

【1】黄色バッグ×白ワンピース×ネイビージャケット
バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、靴(セルジオロッシ)、ジャケット(三崎商事〈エルミダ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

好感度の高いネイビー×白の着こなしに、黄色のバッグを効かせると、一気に華やぎが増して、センスのよさも際立ちます。襟元には、明るいネイビーの花柄を添えて盛り上げましょう。

【2】ジュゼッペザノッティの黄色バッグ×ネイビーワンピース

【2】黄色バッグ×ネイビーワンピース
オールインワン(J&M デヴィッドソン青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、カーディガン(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(フレッド)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペザノッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ニットの白トリミング、そしてやや太めの白ベルトの存在が、ネイビーのオールインワンを軽やかに見せて。さらに、黄色のバッグをオン。鮮やかな色はほんの少しだけ、が効果的です。

山吹色のコーデ


【1】ニナ リッチの山吹色スカート×ケープ風ブラウス

【1】山吹色スカート×ケープ風ブラウス
スカート・ケープ風ブラウス・ベルト(コロネット〈ニナ リッチ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/淺井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

しっとりとした京都の街並みやお寺に映える山吹色のスカートは、ワッシャー加工が施された軽やかな素材感も魅力。大きなポケットがスポーティー感を添え、女らしさのなかに今っぽさが漂います。

からし色トップスコーデ


【1】ソニア リキエルのからし色ブラウス×ベージュパンツ

【1】からし色ブラウス×ベージュパンツ
ブラウス・パンツ(ソニア リキエル 青山店)、ペンダント・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈マクリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アングローバルショップ 表参道〈ペリーコ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よいハリとしなやかさを備えたコットンストレッチに、ギャザーでボリュームを出しながら、ウエストも袖口もキュッと絞ったバルーンスリーブのからし色のブラウス。全体にボリューム感がある場合、絞りをきかせたシルエットを選び、首、手首、足首を見せる抜け感でバランスよくまとめましょう。リラックス感のあるサフランイエローで、大人かわいいカジュアルに。

【2】ELINのからし色ラップスカート×黒ニット

【2】からし色ラップスカート×黒ニット
スカート(クルーズ〈ELIN〉)、ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ブレスレット・時計・リング(シャネル)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

程よくトレンドを楽しむなら、ラッフルのように生地を重ねた、華やぎのあるからし色のラップスカートにおまかせ。アシンメトリーなデザインで、角度によって表情を変える一枚は、シンプルなVネックニットを合わせるだけで、おしゃれ上級者の風格が漂います。スカートはボリューム感を生み出す、ハリのある素材を採用。

【3】シクラスのからし色ワンピース×ナチュラルストローハット

【3】からし色ワンピース×ナチュラルストローハット
オールインワン(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

太陽やレモンの樹など、地中海のイエローを連想させるからし色の一枚に身を包めば、美しい自然に共鳴するようです。光沢のある素材で繊細なギャザーを美しくあしらったオールインワンは、佇いまでエレガントに見せるオーラでいっぱいです。ナチュラルなストローハットを洗練の仕上げに添えて。